独り居の充実ライフを求めて!

ご訪問を頂きまして有り難うございます

日本遺族通信 平成29年6月15日号 戦没者墓苑拝礼式及び遺書のご紹介

2017年06月16日 19時15分23秒 | 日本遺族通信

                       戦没者墓苑拝礼式

              新たに2453柱を納骨 常陸宮同妃両殿下がご臨席

厚生労働省主催の千鳥ヶ淵戦没者墓苑拝礼式が5月29日、常陸宮同妃両殿下のご臨席のもと挙行されました。
式典では政府派遣の戦没者遺骨収集帰還団が旧戦域で収容した戦没者の遺骨のうち、遺族に引き渡すことができない2453柱が同墓苑に納骨されました。
約600人の参列者が戦没者に対し哀悼の誠を捧げました。(以下写真と共に遺族通信より転載させて頂きました。)


             平成29年6月 靖国神社社頭に掲示されました遺書 合掌

散華されますことに「親孝行はこれからです。」とはあまりにも悲しく残念なことです。
心からご冥福をお祈り申し上げます。

九段短歌休載は9か月めを迎えますことにとても淋しく残念に存じます。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 千葉県の偉人 大田中将を偲ぶ | トップ | 奈良だよりのご紹介 ー30ー »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ご冥福を祈ります (matsubara)
2017-06-17 08:12:11
紹介頂きました戦没者は岐阜県北方町の
出身で驚きました。

ここは、義兄を亡くしました義姉が
一人で住んでいるところです。
matsubaraさま (oko)
2017-06-17 23:00:47
お訪ね頂きましてありがとうございます。
そうでございますか。
義姉様がお住いの地と。
今回もお若くまだ独身と拝見いたしました。
本当に毎回毎回残念に存じます。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL