喫茶去

徒然に、日々の生活を書き留めたいと思います。喫茶去、まあ、お茶でも飲んで、のんびりしていって。

大門坂の熊野古道

2016-09-18 | 寺・仏像



で囲ってある那智ねぼけ堂で、



胡麻豆腐の右横のお菓子の下に当たりくじがあって、
写真の「那智の鈴」のカステラをいただいた。



まぐろ釜飯のお昼を食べて。
那智勝浦港は延縄漁の生まぐろの水揚げ量が日本一なのだそう。
まぐろ釜飯、美味しかった。

食べ終わったら、歩いて、











俗界と霊界の境目の橋、振ヶ瀬橋。



夫婦杉。



樹齢800年の痛々しい楠木。
木に扉 どんな治療が施されているんだろう。



石畳、苔むし、濡れてて、滑る、滑る。
貸し杖があったので借りればよかったと。

結構、高齢者が多かったけど、
私より歩くの早い

息を切らして、大汗拭いながら、



途中、那智の滝が見えたけど、まだ半分

やっと、45分くらいかかって熊野古道を抜けて、



表参道の入り口へ。



写真は二つ目の熊野那智大社の鳥居。





熊野那智大社の右手に、第一番 那智山 青岸渡寺



神武天皇が熊野で道に迷ったときに
大和へ道案内をしたとされる
三本足の八咫烏の印が。

熊野三山ではカラスは神の使いとされ、
八咫烏は熊野大神に仕える存在として信仰され、
熊野のシンボルともされているのだそう。
日本サッカー協会のシンボルマークにもなってるよね。
http://www.hongutaisha.jp/%E5%85%AB%E5%92%AB%E7%83%8F/

ジャンル:
きいて!きいて!
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 第一番 那智山 青岸渡寺 | トップ | 飛瀧神社 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿