喫茶去

徒然に、日々の生活を書き留めたいと思います。喫茶去、まあ、お茶でも飲んで、のんびりしていって。

郵便局のシンボルツリー

2017-06-30 | 植物

先日行った法起院西国三十三所巡礼の開基者が眠るの境内で、





この多羅葉、葉の裏に先の尖ったもので字を書くと


「季節の花」より借用

ペンを使わなくても、字が書ける。

「葉書」の語源は「葉に書く」ことに由来するのだとか。
多羅葉の葉に文字を書いて手紙を送る習慣は
戦国時代にはすでに行われていたという記録が残っているらしい。

多羅葉のこと調べていて意外だったのは、
中国では「苦丁」と呼ばれていて、
葉を煎じて飲用にしたのが苦丁茶



だそうで、字のごとく、とても苦いお茶なんです。

中国茶やってた私ですが・・・・・・・知らなかった
後日、もう一つ紹介。乞うご期待を。











ジャンル:
きいて!きいて!
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 西国三十三所巡礼の開基者が眠る | トップ | ミニタペストリー »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿