喫茶去

徒然に、日々の生活を書き留めたいと思います。喫茶去、まあ、お茶でも飲んで、のんびりしていって。

続・21世紀美術

2017-05-01 | 美術館・博物館



「変わった美術館だなぁ」・・・・と言うのが印象。

建築の考え方が、
誰もがいつでも立ち寄ることができ、
様々な出会いや体験の「場」となるような、
『まちに開かれた公園のような美術館』で、
「気軽さ」「楽しさ」「使いやすさ」がキーワードだそう。

そして美術館の目指すものは、
世界の同時代の美術表現に
市民とともに立ち会う場の役割を果たす。
市民や産業界など様々な組織と連携を図り、
新しい美術館活動を展開する。
未来の文化を創り出す子どもたちに、
芸術・文化・の開かれた教室として、
「見て」「触れて」「体験できる」最適の環境を提供する。
以上、美術館にあったパンフレットより。

私のような年齢、私だけかもしれないけれど、
美術館とはこういうものと言う固定概念があって、
また、外から来たものには、ちょっと、観づらかったけれど、
コンセプトを知ると、「なるほどな」と納得。





加賀友禅の手法や図案を調査し、構想されたマイケル・リンという人の作品だそう。
https://www.kanazawa21.jp/data_list.php?g=30&d=8



あの有名な昆虫学者ファーブルの曾孫の
ヤン・ファーブルという人の『雲を測る男』。
この作品、「終身犯」と言うアメリカの映画から着想を得て製作されたのだそう。
詳しくはhttps://www.kanazawa21.jp/data_list.php?g=30&d=3

帰える時間も遅くなりそうだったので、
展示は見ずに、建物の構造だけを
超スピードで見て回った。

ジャンル:
きいて!きいて!
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 那谷寺 | トップ | 北円堂 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿