海の物語・・ホームマリンアクアリュウム

海水魚飼育を中心に飼育方法や意見交換の場。小型水槽嗜好。ECOSYSTEM ECOMINIで挑戦中 

バイク日記その171 買いかえるか二台にするか   

2017-05-17 20:46:32 | バイク日記

3年前に購入したDトラッカーXは約26000km以上の積算距離になりました。3年で26000kmは良く走った方ですねと褒められもします。

一説によるとバイクの下取りの良い値段はせいぜい30000kmぐらいまでで、それ以上は二束三文の価値しかないともいいます。

その割には中古バイク屋はたとえば私の車を15万ぐらいで買取り、中古販売するときには40万ぐらいで販売するのです。

バイク仲間でホンダのクラブマン250を7万キロ乗り、かなりボロボロだったのをレッド〇ロンが数万円で買い取り、磨き上げてなんと25万以上で販売していたのにはあきれたといっていました。

そこのバイク屋さんは私もお世話になっているのですが、やけに中古車としては値段が高く、その高い言い訳をオイルリザーブがどうの、整備が違うからどうのというのです。ある日エストレヤRS中古が積算40000km以上の距離を持っているのを見て「これどうなんですかね?」と聞くと「これは4万キロだから、まぁ、だましだまし走っているようなものです・」と言われて驚愕した経験があります。

そこまでして売るか~と思いました。

そこでです。

私のDトラXも売るならそろそろという段階になって 売って他のにするか、そのまま置いて安い2台目を買うかの選択になります。

次期候補は正直何を乗るかというのは選択が難しいのです。

 

(格好が良く人気のあるNINJA250しかしカウル損傷は痛いし、プラグ交換も相当大変)

たとえばDトラXを売って一般に人気のあるNINJA250新車を買ったとしてもあと40万ぐらいは支払わなければならないでしょう。中古でも30万ぐらいは払わなければなりません。NINJAは高速性能はありますが荒れ地をDトラのように走行できる車でありませんし急激な坂を安定して駆けのぼるには不安が付きまといます。またカウルを損傷するとそれだけで数万円の出費になります。整備はカウルがついているだけ大変でプラグの交換もカウルをはずしてタンクをはずしてと言う風に結構苦労と出費がつきまとうのです。

ニンジャの他にもいろいろありますが、総じて言えることは高性能な奴ほど整備がかかり手におえない。(バリオスとかホーネットとか)その点単気筒とバカにされがちですがDトラッカーXは総合性能と整備性は良いです。

つぎに2台目を買う選択ですが、正直お金がありませんので中古車乗り出しで20-25万円ぐらいのをと思います。

 

(乗り出しで20万ぐらいである高性能なZZR250。しかし20年以上経過しているものもあり老朽化が激しい)

          (単気筒ながら整備性も楽でおしゃれに乗れるエストレヤRS)

ZZR250、エリミメーター250、エストレヤRSあたりでしょうが前の二つは最終型でも10年以上経過し、たいていは20年以上経過しているものも多いのでさらに整備が大変というコメントも。エストレヤRSあたりが整備も楽で、DトラッカーXよりは性能は劣りますが、レトロな雰囲気と独特の振動と乗り味が楽しめる良いバイクという評価も高いのでこれにしようかと思っています。

 おそらくレッド〇ロンでは購入しないと思います。

ジャンル:
ドライブ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« バイク日記その170 カワサキ... | トップ | バイク日記その172 カワサキ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL