海の物語・・ホームマリンアクアリュウム

海水魚飼育を中心に飼育方法や意見交換の場。小型水槽嗜好。ECOSYSTEM ECOMINIで挑戦中 

水槽で起きていること12月末日 2016年の統括

2016-12-31 20:29:58 | サンゴ水槽

 

本年はバイクで走り回ったので水槽は本当にほったらかしでしたが、検疫を甘く見たためにたった1匹のナンヨウハギのために魚は白点病で全滅しかけるところでした。

白点病は当初パラサイトリムバーで改善しかけましたが、白点菌の力の方がまさり結局はその力に負けてほとんどの魚が重度感染し個別銅イオン治療をせざるをえないことになりました。

しかし敵もさるもの一時期はよくなったと安心したのもつかの間、また白点がぶりかえし、悪くなる傾向に。

そこでオキシドールを12時間ごとに約60リッターの水量で7cc入れ、それを約10日立て続けに実施。

やっと白点菌が撤退し平和が。オキシードル―治療は根気よくやると効きます。

 

しかし水槽は見えないところでダメージをうけていたんです。サンゴ類はハードコーラルがやや弱る傾向に。また特にシャコガイが褐虫藻が漂白されて栄養を自力で採れない状態になり仮死状態になってしまいました。

 

現在はややもちなおしていますが以前ほど元気ありません。そのためサンゴの栄養リキッドのリーフエナジーAとBを与えて栄養の足しになるかと思い先日から入れています。 

 

魚達は結局 ニシキヤッコ、ソメワケヤッコ、ハナゴンベ、アサヒハナダイの4匹は元気に泳いでいます。

魚についていえばニシキヤッコ、ハナゴンベが飼育開始から5年以上元気で暮らしており、ソメワケヤッコは来年で飼育開始から9年目を迎えるので、なにもなければ10年選手になるとも思えます。ソメワケヤッコは白点病に強かったのもこの目でみました。ニシキヤッコは白点菌にはなはだ弱いことも知りました。

 

魚はOKですがハードコーラルはもうほとんどなくなりましたので、来年は丈夫なソフトコーラルを少し追加し景観を整えようかと思っています。

 

 

 

 本年も沢山の皆様にご覧いただきありがとうございました。来年もよろしくお願いします。

『魚』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« バイク日記その160 カワサキ... | トップ | 謹賀新年2017年 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL