自然治癒力で体質改善したい・・・。

パニック障害・うつ・不眠症・アル症・糖尿病・高脂血症を抱えています。
日々の出来事を書きたいと思います。

○○は万病の元。

2016-10-17 04:04:05 | 日記
よく「風邪は万病の元」・「体の歪みは万病の元」・「冷えは万病の元」・「腸の汚れは万病の元」・「悪い噛み合わせは万病の元」・「血管の老化は万病の元」・「ストレスは万病の元」などなど各分野の専門家は「○○は万病の元」と言います。

確かにみな正論ですね。だけどコレが西洋医学の悪いところ。

部位毎にその部位の専門家は論じます。木を見て森を見ずって感じですかね。

当然医者も解っているパズだけど病気は複合的です。

例えば、うつ状態でも根本は内臓が悪く、憂うつになっているかも知れません。根本治療せず、抗うつ剤を処方しても治りません。

総合的に診れる医者に当たればいいけど、そういかずドクターショッピングになるのがオチです。

個人的には、古代ギリシャの医聖ヒポクラテスの自然治癒力を指示してます。

ヒポクラテスの言う「人間は生まれながらにして体に百人の名医を持つ」と。

出来るだけ自然治癒力を上げ健康を取り戻したいですね。

自律神経のバランス・免疫力UPが今の自分の治療には必要なのかな。病気により改善したい内容は違いますから。

しかし、日本の医学界は自然治癒力を推奨してません。勝手に治ると医学界・製薬界が困るからです。

国によっては自然治癒を第1医学にしていたり、米国でさえ国家予算を注ぎ込んでいるのだけれど。

先人の言葉は、利に叶い結構信頼出来るのですが。

ヒポクラテスは、病気治療には主に食事(質と少食)と運動を主張してました。

今で言う医食同源ですかね。

ブログランキング・にほんブログ村へ応援お願い致します
ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 何事も継続は力なり。 | トップ | パニック障害に併発しやすい... »

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
薬漬けですからね。 (めたぼ侍)
2016-10-17 10:17:36
病院行くと本当薬で再発を抑えるだけですからね。
私も精神疾患のほうは、断薬する勇気ありません。生活、行動を変化させてそれでよくなれば、叶ったりですけどね。
応援していきますね。
Unknown (naosu)
2016-10-17 15:11:50
ろんり~うるふさん、こんにちは。

パニック障害の人は、自律神経が狂っている人が多い感じですよね。 私は朝は眠いけど夜は深夜でも全然眠くならないどころか、凄い元気になってました。 ある程度改善するのに、ずいぶん時間がかかりました。

わが国は、やることが世界より遅れているというか、慎重というか動きがいつも遅いですが、漢方の治療に保険を使うのを認めているのは良かったと思ってます。 医者は漢方薬を認めてませんが、製薬会社が真面目に作っているものですから、効果があると思ってます。 パニックが完全に治まるまでは漢方薬に、お世話になると思います。
Unknown (ろんり~うるふ)
2016-10-17 17:05:07
めたぼ侍さんこんにちは。

自分は最高1日12種類(27錠)飲んでました。
その頃は鬱が酷かったです。抗うつ剤3種類あったのですが。

いまは3種類になりました。鬱もすっかり無くなりました。
抗うつ剤の副作用で頑固な便秘になり腸の不調から鬱がひどくなったのでは?と思っています。

応援ありがとうございます。
Unknown (ろんり~うるふ)
2016-10-17 17:10:20
naosuさんこんにちは。

パニック障害の人はどうしても交感神経が優位になってしまいますね。

自分の不眠症も多分自律神経のバランスの悪さかなと思います。

>医者は漢方薬を認めてませんが
そうですね。自分もパニック障害・うつ・不眠症で何種類も薬を処方されましたが、一度も漢方薬はなかったです。

漢方薬の方が歴史も古く効果もあるのかなと思います。
それに副作用も少ない感じもしますし。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。