自然治癒力で体質改善したい・・・。

パニック障害・うつ・不眠症・アル症・糖尿病・脂質異常を抱えています。
日々の出来事など書きたいと思います。

2型糖尿病を根本的に改善したいもんです。

2017-06-02 00:27:37 | 日記
精神疾患もある自分。
せめて2型糖尿病、上手につき合いたいです。
完治となるとどうなのか??

色々な研究チームや各糖尿専門医は、2型糖尿病改善には「適正体重・内臓脂肪を減らす・筋肉をつける」と言います。
その為に食事療法・運動療法があるのですが。

筋肉自体も、GLUT4を促進させインスリン抵抗性を改善してくれますが、筋肉から約50種類のホルモン(総称マイオカイン)が分泌されます。

マイオカインのひとつの、AMPキナーゼは第2のインスリンと呼ばれ血糖値を下げてくれます。

糖の約8割が筋肉で蓄えられ、筋肉が減少すると糖は肝臓や血液に行き、脂肪肝や高血糖状態等になります。

マイオカインを活性させるには、下半身の筋トレが一番です。
手軽なのは、やはりスクワットですかね。

自分は、後ろに倒れるぐらいに、かかとに重心を置いてます。
その方が、複合筋の大腿四頭筋・ハムストリングスに負荷がよりかかります。

AMPキナーゼは、GLUT4と違い長くもたないので、毎日やるのが理想なのかと思います。

自重トレレベルでは、毎日やっても筋肉のカタボリックはマズ起きないでしょう。

それに有酸素運動もしてます。
精神疾患改善でセロトニンを分泌させるのが目的です。

有酸素運動も2型糖尿病に効果はあると思っています。
ただ有酸素運動は、遅筋を鍛えるので小さい筋肉になります。筋トレで速筋を収縮させた方が、個人的には根本的な改善が出来る気もします。


筋トレ効果は、HbA1cが8週間で平均2%程下がり、DPP4阻害薬以上の効果を発揮しました。DPP4阻害薬は3ヶ月で平均0.8%の改善。

2型糖尿病は、運動療法の効果を最も生かす事が出来る疾患かも知れません。勿論、食事療法は非常に大事です。


マイオカインは、がんを始め様々な病気の予防・改善効果や、寿命にも影響有りと言います。

今は研究も盛んになっているみたいです。

ブログランキング・にほんブログ村へ応援お願い致します。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ここ3~4ヶ月程が自分なりの... | トップ | 我が県の子供達も生活習慣病... »

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (naosu)
2017-06-02 09:45:15
ろんり~うるふさん、こんにちは。

運動は続けるのも大変ですよね。 運動を始めて2年ぐらいですが、だいぶ休む日を入れるようになりました。 具合の悪い日は休みようになったし、休み休みでも続けるのが大切かと思っています。 
Unknown (ろんり~うるふ)
2017-06-02 09:48:38
naosuさんこんにちは。
今日は何となくカラッとしている感じです。

運動も、始める頃は面倒な時はありますね。
でも、やっているうちに気分も良くなることも。

少しでも良いので継続するのが良いのかなとおもいます。無理しても続かないですからね。
発作がです。 (もも)
2017-06-02 19:39:06
パニック発作がおきてしまい、心療内科のクリニック変わったけど、DR同じだけど、障害年金2級書いてくれるか不安になって、それに一人で電車に乗ると不安になってしまって、母についていってもらいます。
ダメですね。なかなか治らないので、すぐ効く発作の薬を飲みました。社労士さんに頼んだ方がいいのかなと無料相談電話したりしてね。調子わるいときってあるみたいですね。ばばにも死んだらひつぎ大きくするから私入れてって困らせてますね。
Unknown (ろんり~うるふ)
2017-06-03 00:49:46
ももさんこんばんは。
障害年金の事が心配なら社労士に相談するのが良いと思います。
パニック発作に薬が効けば薬を飲んで発作を抑えるのが良いです。
自分は薬が効かないので、パニック発作や予期不安があっても、もう我慢するだけです。
色々な事が重なるとストレスも強くなり自律神経も乱れるので、問題はひとつひとつ解決するのが得策かなと思います。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。