自然治癒力で体質改善したい・・・。

パニック障害・うつ・不眠症・アル症・糖尿病・脂質異常を抱えています。
日々の出来事など書きたいと思います。

2型糖尿で運動療法が効果ない人も。金沢大学より。

2017-04-19 04:46:41 | 日記
2型糖尿治療のひとつに運動療法がありますね。

糖尿の方は、ご存じの方もいると思いますが「運動抵抗性」と言う病態を起こす人も稀にいるみたいです。

自分は最近知りました。

肝臓ホルモンの「ヘパトカイン」って言うのが、運動の効果を無効にするみたいです。

記事より引用します。
全文は長くなるのでポイントだけを。


「運動効果が得にくい原因のひとつに、ヘパトカインが骨格筋に作用し、運動効果を無効にする「運動抵抗性」が起きると金沢大学の研究チームがは、2017年2月27日にネイチャー・メディスンオンライン版に掲載。

2型糖尿病患者の血液中にヘパトカインのひとつである「セレノプロテインP」が増えている。「セレノプロテインP」が血糖値を上昇させる事を明らかにした。最近では、脂肪肝や高齢者も「セレノプロテインP」の血中濃度が高いと報告。

今回の研究はインスリン抵抗性および高血糖を誘導する肝臓由来の分泌タンパク質として「セレノプロテインP」を同定し、この結果はヘパトカインである「セレノプロテインP」が2型糖尿病を含むインスリン抵抗性関連疾患の治療標的となりうることを示唆した。

現在、新しい「運動効果増強薬」の開発中。
セレノプロテインPとその受容体を標的にした薬」

だそうです。



う~ん、難しい話で訳の分からない単語も。
人の体は本当に複雑で、個人差も大きいと思いました。

せっかく運動して糖尿に効果ないと残念にも程がありますね。
でも、冒頭に書いたように稀だと思います。
でないと「食事・運動」の両輪も根底から変わりますから。
でも体全体としては、運動はプラスになってるのかも?

自分は、幸いにも2型糖尿の運動効果はある感じです。
年に1度、胆石でのエコー検査でも脂肪肝の指摘も無いです。

他の持病もあるので運動は続けていきたいです。


ブログランキング・にほんブログ村へ応援お願い致します。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 精神科の診察。メタ認知と減薬。 | トップ | 3時間睡眠、最近更に少なく... »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (naosu)
2017-04-19 09:28:55
ろんり~うるふさん、こんにちは。

運動の効果が出ない病気って、あるんですね。

筋肉がつきにくい体質があるそうですし、運動をしていないのに、足が結構速かったり体が大きくて力のある人もいますから、良い遺伝子を持った人たちは良いですよね。 

私は肉体労働を続けてきて、若いころは、プロテインを飲んで激しい筋トレをしていたころがありますが全然筋肉が大きくなりませんでした。 力はつきましたが。 頑張っても報われないのは辛いですよね。
Unknown (ろんり~うるふ)
2017-04-19 11:21:05
naosuさんこんにちは。
今日も気分が良く外出もマズマズでした。

何かせっかく運動しても、効果が無効になる方も稀にいるみたです。残念ですが体質とか個人差とかあるのかも知れないです。

生まれつきに、運動系・頭脳系とかありますね。
後は、その後の環境とかでかなり変わる方もいますしね。

個人的に、努力はせめて半分は報われたいなと思います。
で、ないと何か無駄な時間だったのかなぁって思ってしまいますよね。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。