自然治癒力で体質改善したい・・・。

パニック障害・うつ・不眠症・アル症・糖尿病・脂質異常を抱えています。
日々の出来事など書きたいと思います。

運動と病気リスク・死亡リスクに関する統計。

2017-05-11 02:09:45 | 日記
以前、肥満の病気リスクと体重別の死亡リスクを書きました。
今回は、結構有名な運動の統計を2例を引用します。
統計なのであくまでも傾向です。

運動も、低・中・高強度とあります。
WHOは、低強度運動は、継続しても健康効果はあまりないと言います。個人的にやらないより全然良いと思うけど。
高強度運動は、健康保障は出来ないと言います。
確かに運動も間違えれば危険リスクは増えます。


中之条町の65歳以上5000人以上10年以上の追跡調査です。
1日平均8000歩、中強度運動20分目安。
我が国の医療費の3分の2の病気・病態の予防基準を表現した統計。

・2000歩…寝たきり予防
・4000歩…うつの改善
・5000歩…認知症・心疾患・脳疾患の予防
・7000歩…がん・骨粗しょう症・骨折・動脈硬化の予防
・8000歩…糖尿・高血圧・脂質異常の予防
・10000歩…メタボリックシンドロームの予防
・12000歩…肥満の予防
予防なので、改善となると少し違うかな?


次に運動時間と死亡リスクの統計です。
これも結構有名な統計です。
ハーバード大学と米国国立がん研究所、661000人14年の追跡調査です。

全く運動しない人から、推奨(週に中強度運動150分)されている10倍以上(週に25時間以上)の人に分けての統計。

・早世が多かったのは、全く運動をしないグループ。
・推奨以下のグループは運動をしないグループより20%死亡リスクが少ない。
・150分(推奨量)は31%死亡リスクが少ない。
・450分は39%死亡リスクが少ない。

ある程度の量になると、運動と病気・死亡リスクは、そこまでは比例関係にならないです。
推奨程度出来ればマズマズなのかも知れません。

世界の全死因の原因の4位は、運動不足からだそうです。
なのでWHOも、週150分の中強度運動を推奨しているのかも。

1日にすると20分チョイ。
出来れば健康的に過ごしたいところです。
病人の自分が健康にって言うのも何ですが、、、。


ブログランキング・にほんブログ村へ応援お願い致します。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「市に虎あり」ではなく自分... | トップ | 日本の糖尿患者の寿命は延び... »

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (naosu)
2017-05-11 09:00:48
ろんり~うるふさん、こんにちは。

運動するのと、しないのとでは大きな違いが出ますよね。 でも私は健常者の頃より痩せて筋肉がつき持久力も上がりましたが、凄い疲れやすいです。 こればかりはどうにもならないと思っていても、イライラします。 

おはようございます (ぴぃ)
2017-05-11 09:15:35
うるふさん、おはようございます(*´∀`)

記事を拝見しましたが、
運動時間が私は足りていません(汗)

病気を少しでも良くするために
やはり運動って大切ですね。。
普段から早めに歩くようにしたり
ウォーキングしたりストレッチしたり、
出来る範囲ではやっていますが、
やはり時間が足りていないです。

もう少し頑張らないと行けませんね
パニック以外の病気にも
もちろん気を付けなければいけませんね

毎回勉強になります(*´∀`)
Unknown (ろんり~うるふ)
2017-05-11 09:20:25
naosuさんこんにちは。
既に暑いです、、、。
何だかんだで、運動も薬のひとつになるのかなと思います。ただ、程度がありますが。
自分は、、、、、、。

自分もパニック障害になって疲れやすくなりました。
体質が変わってしまいました。
今は、もう若い頃には戻れないけど、少しでも体力の減少を抑えたいです。
Unknown (ろんり~うるふ)
2017-05-11 09:24:05
ぴぃさんこんにちは。
運動は精神面にも良い影響があるようですね。
リズム運動はセロトニンを分泌させたり。
あと、サッパリ感とか精神面にはいいのかなと思います。

軽い運動で充分だと思いますよ。
無理すると嫌な記憶が残り継続できなくなるので、やるならばハードルは低くからが理想です。

心身相関なので、肉体が良くなれば、精神面も良くなるのでは?と思います。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。