50代、自然治癒力・肉体改造で体質改善したい。

主にパニック障害・2型糖尿病の闘病記です。
暴露療法・運動療法を中心にリハビリ中です。
いつかは「平凡な人生」を。

日本の糖尿患者の寿命は延びている。

2017-05-12 00:53:55 | 日記
全文だと長くなるのでポイントだけを引用します。


「愛知医科大学糖尿病内科の中村次郎教授らが、医学誌「Joumal of Diabetes Investigation」に発表。

1971年から10年毎に実施。

2001~2010年の日本の糖尿患者の平均年齢は、男性が71.4歳、女性が75.1歳。10年前に比べ男性が3.4歳、女性が3.5歳延びている。
全国の241施設の4万5708例(男性2万9801例、女性1万5907例)を解析。

30年前に比べると、男性が8.3歳、女性が10.2歳延びている。

糖尿患者の死因第1位はがんの38.3%、2位は感染症の17.0%、3位は血管障害(慢性腎不全・虚血性心疾患・脳血管障害)の14.9%。

血糖コントロール不良群では良好群に比べ1.6歳短命。

適切な治療・食事・運動療法を続けて症状の改善を行えば「死に至る病」から避けられる。」

だそうです。


要は生活習慣病は、生活習慣を改善しましょう。
と言うセオリー通りの事になるのでしょう。

確かに、2型糖尿病は「病気のデパート」と言われる様にさまざまな合併症を起こします。

但し、自己管理ほど難しいのも事実です。

自分は精神疾患はあるものの、一時体重が10kg以上増えたし。
自己管理出来てれば、2型糖尿にはなってなかったのか??

もう今更ですが。


ブログランキング・にほんブログ村へ応援お願い致します。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 運動と病気リスク・死亡リス... | トップ | 2型糖尿病。糖尿専門医が運... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (naosu)
2017-05-12 11:45:47
ろんり~うるふさん、こんにちは。

精神疾患になると行動する気力が落ちるせいか?、楽しみがなくて食に走るせいか?薬の副作用で食欲が増えるせいか?ストレスのせいで食が増えるせいか?、体重が増えて生活習慣病になる人は多いですね。 

健常者でも中年以降は太りやすいですから病気でストレスを抱えていたら食のコントロールが効かなくなるのはしょうがないのかもしれません。 今でも体重のコントロールは難しいです。
Unknown (ろんり~うるふ)
2017-05-12 16:17:36
naosuさんこんにちは。
確かに精神疾患は、行動範囲も狭く運動量も少なく、また薬の副作用で太る方は多いですね。
通院している精神科の患者さんも結構、ぽっちゃり系は多いです。

40代以降(30代からも)、代謝も悪くなり、食生活も乱れ太りやすくなりますね。

自分も体重管理は、大きなテーマになってます。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。