自然治癒力で体質改善したい・・・。

パニック障害・うつ・不眠症・アル症・糖尿病・脂質異常を抱えています。
日々の出来事など書きたいと思います。

HbA1c値の意図するところは。

2017-07-31 03:28:26 | 日記
糖尿の方はご存じのHbA1c。
過去1~2ヶ月の血糖値の平均値で糖尿病コントロール指標。

糖尿で一番怖いのは様々な合併症。
細小血管合併症や動脈硬化性疾患などなど。

以前、書いた「熊本宣言2013」
病状でHbA1c6%・7%・8%未満を目標としてます。

合併症を防ぐにはHbA1c7%未満を保つ事です。
HbA1cが7%未満だと細小血管合併症が少ないと言われます。
ついでに空腹時血糖130以下、食後2時間後血糖180以下に。

2型糖尿患者の平均HbA1cは、2001年は7.46%から2013年が7.00%に低下傾向です。

ヒストグラムだと(小数点は四捨五入しました)、
HbA1c、6.5~7.0%が約27%。
HbA1c、7.0~7.5%が約20%。
HbA1c、7.5~8.0%が約11%。
HbA1c、8.0~8.5%が約6%。
HbA1c、8.5%以上が約8%。
他は6.5%以下。(ホボ正常値だけど薬使っての数値かも?)


実際、薬だけではHbA1c7%未満を長期的維持は厳しいです。

薬の限界と言うか、生活習慣の大切さと言うか。
個人的に後者だと思います。
服薬しても、食べ過ぎて運動不足だと悪化するだけです。

糖尿患者が目指すのは、完治なら越したことないけど、健常者と変わらない生活の質の維持かと思います。
ただ何でも維持って凄く難しい事です。

それが出来れば、生活習慣病や様々な病気は激減してます。

国家予算の医療費も、40兆円突破はしてないです。
場合によっては10分の1以下になるのでは?
架空の話ですが。でも、30年前は今の約半分です。

余談だけど、夕張市が財政破綻して病院(病床)が激減して、病人・死亡率が減ったのも有名な話です。
市民の病気に対する危機意識が働いたと思います。

生活習慣は、本当に大事な事だと思います。


ブログランキング・にほんブログ村へ応援お願い致します。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« うっ!久々の筋肉痛。侮る事... | トップ | パニック障害あるある。 »

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (naosu)
2017-07-31 08:42:31
ろんり~うるふさん、おはようございます。

生活習慣を変えたり維持するのは難しいですよね。 病気になっていなかったら今の自分はないと思います。 健康ではないけれど、だいぶましになりました。 維持するのは大変ですが。 楽にもっと良くなれればいいんですけどね。
Unknown (ろんり~うるふ)
2017-07-31 08:49:17
naosuさんおはようございます。
一番難しくて大事なのは「維持」なのかなと感じます。なかなか出来るものではないですからね。

本当に魔法の薬と言うか万能薬があればいいですね。
万能に近いのは、やり過ぎずやらな過ぎずなのかも知れません。
おはようございます (ぴぃ)
2017-07-31 10:11:57
うるふさん、おはようございます(*^-^*)

糖尿に関してはド素人でして、
難しい数値が沢山あるなぁと
読ませて頂いております。

素人な質問ですが
パニック障害は完治は難しいのかなと
私は考えていますが、
糖尿は完治することは可能
なのでしょうか?
これまた素人な考えですが
糖尿のお薬とかって昔よりも
進歩しているような気がしたので
気になってしまいました。

完治は難しいけど
パニック同様、日常生活に支障が
ないところまでは回復?
という感じでしょうか……?
すみません素人質問で(T_T)
Unknown (ろんり~うるふ)
2017-07-31 17:10:36
ぴぃさんこんにちは。
まだ少し筋肉痛が、、、、。

糖尿も、完治は難しいみたいです。
完治は無理って言う医者は沢山います。
なので血糖コントロールを如何にしてやるかが課題になります。
薬は、結構進歩したようですよ。
でも、生活習慣が悪いと薬も効果はないのが現状です。

自分も、糖尿になる前は全く知らない事が多かったです。
最近になり、筋肉が糖尿には深い関係があると分かりました。
なので、筋トレもしてる感じです。
筋トレ・有酸素運動どっちかにしたいところです。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。