自然治癒力で体質改善したい・・・。

パニック障害・うつ・不眠症・アル症・糖尿病・脂質異常を抱えています。
日々の出来事など書きたいと思います。

ヨーヨーダイエットは非常に危険です。

2017-05-19 00:36:51 | 日記
短期間で体重が大きく変わるダイエットは、予想以上に危険であると、さまざまな研究所が明らかにしています。

肥満の人が適正体重にすると、メタボリックシンドロームが改善し寿命が延びる事は医学的に分かってます。

ただ短期間で減量に成功しても、かなりの割合でリバウンドをしているのも事実です。

リバウンドの繰り返しの「ヨーヨーダイエット」


《ヨーヨーダイエットの死亡リスクは3.5倍》
体重5kg以上減らして元に戻った女性は、体重が安定している女性に比べ、心臓突然死リスクが3.5倍に高まる事が、米国のブラウン大学付属病院の、研究チームにより明らかに。

同チームは、閉経後の女性15万8063人を対象に平均11.4年追跡。体重データを「安定」「増加」「減少」「増減を繰り返す」の4群に分類。その結果、ヨーヨーダイエットをしている女性は、冠状動脈性心疾患の死亡リスクが66%増加。一方で、体重増加、又は減少後に体重キープした女性は、死亡リスクは増加しなかった事が判明。


他の研究チームも同じ様な研究をしてました。
詳細は長くなるので、発症が多い疾患を。
「心筋梗塞・脳卒中・動脈硬化・狭心症・心不全・骨量減少・筋肉の減少」等多数が報告されています。


人は誰もが恒常性(ホメオスタシス)があります。
正常に戻すと言う意味では、自然治癒と同じ原理です。
ダイエットには、ある時期になると必ず恒常性が働きます。
「停滞期」と言うやつです。

特に食事のみのダイエット、
食事量減少により消費カロリーも減ります。
で、バランスが取れそれ以上体重も減らなくなります。
それで食事量を戻すと、消費カロリーは減少したままなので、脂肪がついてしまいます。

適度の脂肪は、善玉アディポカインが優位になるけど、増えすぎると悪玉アディポカインが優位になり、体にマイナス面が多く様々な支障をきたします。
2型糖尿病に限って言えば、インスリン抵抗性状態になります。

ダイエットは、運動と食事を併用し、半年~1年ぐらいかけて5~10kg減量するのが、体に無理がないと思います。

ヨーヨーダイエットは、最終的に太るだけです。
自分はリバウンド繰り返しの方で、最終的に健康体でキレイに引き締まった方を見た事はありません。


かなり前に書いたけど「ライ○ップ」は、2~3ヶ月で10kg~のダイエット。かなりの確率で、リバウンドしているのでは?
追跡データがみたいところです。

そう言えば、芸能人でダイエット企画に参加してる人達は、よく見るメンバーが多い気がします。
リバウンドの繰り返しなのかも。


個人的に5週間で2kg絞りたいです。


ブログランキング・にほんブログ村へ応援お願い致します。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 今月のHbA1c。う~ん、想定... | トップ | パニック障害、海馬と扁桃体。 »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (naosu)
2017-05-19 09:29:50
ろんり~うるふさん、こんにちは。

リバウンドではないけれど、2キロぐらい太るのは良くありますね。 1キロ減らすのに1っか月くらいかかりますが、1キロ増えるのは2週間かからないと思います。 

筋肉は鍛えると強くなるけれど、量が増えてこないのが悩みです。 筋トレはもともと好きではないので、必要最低限しかやらなくなりました。 
Unknown (ろんり~うるふ)
2017-05-19 10:39:21
naosuさんこんにちは。
今日は暑いくらいです。

テレビでたまにダイエット企画見ますが、急激な減量は危険みたいですね。
少しづつ下げるのが、体の負担は少ないと思います。

確かに標準体重だと1kg~2kg下げるのって本当にきついです。
筋肉は落としたくないので、出来るだけ脂肪が落ちれば良いのですが。
なかなか難しいところですね。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。