自然治癒力で体質改善したい。

パニック障害・2型糖尿病・鬱・不眠症・脂質異常を抱えています。
日々の出来事など書きたいと思います。

次男(18歳)のお手柄に自分も感心しました。

2017-07-12 01:52:40 | 日記
自分は知らなかったけど、次男は週に一度ほど、片道4kmほどのお義母さんのところに行っているようです。

子供たちからすれば、たった一人の祖母になってしまいました。

3月にお義父さんが他界し、お義母さん一人なので話し相手になってたようです。

自分も珍しく次男に感心しました。

昨日もお義母さんのところに行っていたようです。

後に知ったのは、お義母さんが急に体調が悪くなり、意識もうろうになってしまったみたいです。

次男は直ぐに救急車を呼んだらしいです。

次男の適切な判断と行動に妻も自分も感謝しました。

お義母さんも今年84歳。
下手したら、そのまま亡くなってしまったかも知れません。

病院で診てもらい「脱水状態」もあったらしいけど、心臓も雑音があり心臓エコーをしたところ「心臓弁膜症」だったようです。

しばらく入院して経過観察した後、大学病院でカテーテル手術をするようです。

次男も心優しい気持ちは、小さい時からありました。
その辺は、親としても誇らしいところです。

ただ高校に対する取り込み姿勢が、、、、、。

まぁ、自分も学生時代は、部活(ラグビー)以外次男以上に、やりたい放題で問題行動が多かったです。
他校生とのもめ事や、夜中、無免で単車での違反運転やキリがないです。よく卒業にたどり着けました。

次男は他人には迷惑をかけない分、自分より遥かにマシです。


来週は次男の事で、高校で三者面談があります。
悪い話は分かっているけど、これまた次男の進む道。
とやかく言うつもりはありません。

高校は卒業はして欲しいけど、それが全てではないし。
色々な事が人生の経験値なのかな。


でも、今回の次男のお手柄は本当に感心しました。
自分も珍しく褒めました。


ブログランキング・にほんブログ村へ応援お願い致します。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 糖尿病と筋肉の関係。 | トップ | 血圧測定、たまには両腕を量... »

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (naosu)
2017-07-12 08:52:04
ろんり~うるふさん、こんにちは。

何事もなくすんで良かったですね。 お義母さんの人柄の良さがあったから、息子さんも会いに行っていたんだと思います。 私は親せきが多いですが病気になったといわれても気にもしない人間ばかりです。 酷い仕打ちを受けましたからね。 今年も、お盆時になると会わないといけないので憂鬱です。
Unknown (ろんり~うるふ)
2017-07-12 09:05:53
naosuさんこんにちは。
本当にお義母さんも大事にならなく済みそうです。
ただカテーテルはやるそうです。

うちの子供たちも、もうおじいさん・おばあさんと言えるのは、お義母さんしかいないので、大切にして親としても嬉しい限りです・・・・親ばかなところもあります、、。

そう言えば、もう1ヶ月もすればお盆ですね。
親戚廻りは、自分も本当に面倒で、もうお互い様にして欲しいです。
Unknown (もも)
2017-07-12 20:02:14
私は両親にほめられたことがないので祖母がすこしほめてくれます。今は世話してるのでありがとうと言ってくれます。次男さん優しいんですね。義理のお母さんのところへ行って話しをされたりするなんてね。
将来は介護の仕事が向いているのかもしれませんね。
うるふさんは高校時代悪かったようですね。
男性だったらよくあることかもしれませんね。
次男さんは次男さんで自分で将来のことを考えて歩いていくと思いますよ。義理のお母さんの病気が心配ですね。
Unknown (ろんり~うるふ)
2017-07-12 23:52:52
ももさんこんばんは。
次男は、表には出さないけど優しい一面はあります。
その辺は、長男も同じような感じです。
2人とも妻に似たのかも??
自分等ラガーマンは、熱い顧問に育てられ「喧嘩は負けるな」でした。学生の時は電車通学だったので、よく他校の生徒とやりあいました。
子供たちも、自ら人生の扉を開いてくれれば良いですよね。
アドバイスはしたいと思いますが。アドバイスになるか何とも分からないです。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。