自然治癒力で体質改善したい・・・。

糖尿病・パニック障害・うつ・不眠症・アル症・高脂血症・総胆管結石を抱えています。
日々の出来事を書きたいと思います。

今日は誕生日。

2016-09-26 02:48:08 | 日記
今日で53才になりました。

この歳になると誕生日も全く嬉しくないですね。

またひとつ歳をとっただけで、今日は只の月曜日と言った感じです。日々の日課の運動と行動治療をやるだけです。

50代と言ったら本来なら働き盛りで、社会にもある程度は貢献する立場なのに、自分は何をしているのだろう?

歯がゆい気持ちはあります。

人生もそろそろ後半。半生を振り返れば闘病の日々です。

だけど学生の頃は、友もいて、片手で数えられるくらいだったけど恋もして、スポーツマンもして、青春してました。本当に楽しい日々でした。

結果的に、プラスマイナスゼロなのかな?

う~ん、マイナスの方が多い気がするけど…。

人生を総括するのはマダマダ先です。

出来る事なら充実した将来を望みます。

マズは、今現在、生かされている事に感謝をし、今現在、出来る事を精一杯やるだけです。

53歳もガンバリたいですね。

少しでも進歩しますよ~に。

ブログランキング・にほんブログ村へ応援お願い致します
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

最近、自律神経が乱れてるのかな?

2016-09-25 05:03:38 | 日記
ここ5日程便秘です。

3~4ヶ月くらい、ホボ毎日下剤無しで快便だったのに。多い時は1日3回お通じがありました。何で便が出なくなったのだろう?

それなりに、毎日運動して、水分も多めに取って、食物繊維も取って、腸モミや8の字エクササイズやお腹ひねりもやっているけど。

お通じが無いとお腹も張るしなんか気分も良くないです。

何より、免疫力・セロトニン分泌・デトックスに悪影響です。自然治癒力も下がります。自分なりに腸には気を使ってました。

しかたなく昨日は久々に下剤を飲みました。

以前、3種類の抗うつ剤を服薬していた時は、抗うつ剤の副作用で、毎日下剤飲んでもお通じは週に1度くらいでした。

自律神経が乱れると下痢や便秘になりがちです。腸のぜん動運動は自律神経がやってます。

季節の変わり目で自律神経が乱れるのかな?
それとも腸内細菌の、善玉・悪玉菌のバランスが崩れたのかな?

また、快便になる様にしたいですね。

そ~言えば、酒に溺れていた時はホボ毎日下痢でした。下痢は下痢で面倒でしたね。

お腹はスッキリが一番です。


ブログランキング・にほんブログ村へ応援お願い致します
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

日本人の思考の特徴とは。

2016-09-24 05:05:53 | 日記
脳科学者、中野信子さん(東大卒、IQ 148、41歳)曰く、日本人の脳は世界でも稀な性質みたいです。

際立っているのが「心配症・正確面・几帳面」。

自分も以前「日本人は心配症が多いのかも?」で似たような記事を書いたけど、農耕民族と狩猟民族の違いを観点で書きました。

中野信子さんによると日本人は遺伝的に、脳内のセロトニントランスポーター(再吸収)が少なく、心配症がより多い民族だそうです。

主な国の心配症の割合は、欧米が4割、南アフリカが3割以下、日本人は8割だと。

心配症故に日本人は、準備・練習・努力に余念がないそうです。

また、成功する事ではなく失敗しない事を重視する様です。なのでリスク・チャレンジを嫌います。特に「自己管理」と言う言葉がより消極的にさせているのかも知れませんね。

リスク・チャレンジ旺盛なのは南米で4割り。少ないのが、中国・韓国が1割弱で、日本人は1%もいない様です。

指導・教育面では、アメとムチで何が良いかと言うと、日本人にはアメだけ与える方が良いみたいです。

アメとムチ両方だとどっちが正しいのか脳が迷うそうです。上手くいったら誉め、上手くいかなければそっとしておくのが良い様です。確かに誉めて伸びるケースは多いです。

自分が学生の時、ラグビーしてたけどムチが殆どでした。だから伸びなかったのかな?

あと日本人は、どの国より几帳面で正確だそうです。

電車の正確さは群を抜いてます。山手線で1週間のトータルの時間誤差は僅か15秒だそうです。

それに意思決定をする際、選択肢を多く求める様です。

会議等で結論が出なかったり、スポーツ等での決定力不足は、選択肢が多いので瞬間的に脳が迷うみたいです。

確かに、南米やヨーロッパのサッカー選手はゴール前は迷わずシュートしてますね。日本の選手は何故ここでパスするの?と思う事があります。

脳科学的には、脳の状態で人の行動や心理はある程度解明出来る様です。でも未知数な面もマダマダあるみたいですね。

脳の解明が更に進めば、精神疾患等の治療もより進歩するのかなと思います。


ブログランキング・にほんブログ村へ応援お願い致します
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

1年前の血糖値は高く安定してなかった。

2016-09-23 05:01:50 | 日記
《1年前の血糖値》
9/20 朝136 夕192
9/21 朝143 夕139
9/22 朝116 夕137
9/23 朝121 夕182
9/24 朝141 夕172
9/25 朝152 夕206

当時は、血糖値二桁なんて考えられませんでした。

(当時の生活習慣)
・スタンダード糖質制限。2000kcal?以上。
・有酸素運動15~30分。
・インスリン、朝10単位・夕12単位。飲み薬、朝1錠。
・BMI 25~26くらい。
・HbA1c 8.1%(去年の9月)。

現在は、血糖測定のセンサーと針の都合で週に2回(朝のみ)の測定です。血糖値は90前後です。

(今の生活週間)
・プチかスタンダード糖質制限。1200~1400kcalくらい。
・1日の運動量。有酸素運動2時間。スクワット150回。ストレッチ・体幹運動約50分。
・BMI 18.9
・HbA1c 先月5.9%
・飲み薬(グリメピリド1mg)朝1錠。

1年前に比べ薬も減り、医療費も結構減りました。

個人的に思うのは、2型糖尿病で、BMIが25以上の人は適正体重に戻す事も、有効な改善方法かなと思います。

適正体重・痩せ型でも2型糖尿病の人はいるので、あくまでもBMI25以上の人の場合ですが。

自分はカロリー制限と運動で、半年くらいかけて16kg落としました。糖質制限は去年より緩くしてます。適量の炭水化物は必要だと実感してます。

減量する場合、筋肉までも落とすと、総合的に体にはマイナスなので運動は必須です。筋肉不足は様々な健康障害が出ます。筋肉は「第二の肝臓」と呼ばれていますからね。

運動は正しいフォームが肝心です。YouTubeなど参考になりますね。

自分はストレッチは特に肩甲骨を意識してます。肩甲骨・首・脇には、褐色脂肪細胞が多いので脂肪燃焼に効果があります。

減量するには何しろ継続する事です。ダイエットに成功した人の共通点は継続のみです(手法は様々ですが)。

本気でやれば、人間大差はないです。

ただ既に他に病気がある方は、減量も主治医との相談が必要です。

目指せ細マッチョ!ですかね?


ブログランキング・にほんブログ村へ応援お願い致します
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

彼岸の親戚廻り。

2016-09-22 05:01:32 | 日記
今日は彼岸の中日。とりあえず親戚廻りをしてきます。

1ヶ月前にお盆で廻ってきたばかりだけど…。7軒あるので面倒です。

伯父・伯母、皆さん80代半ば~90代で、従兄弟も60代後半。

お盆の親戚廻りの時も書いたけど、共通の話題は全く無いです。
天気の話しとかあとは何を話そうか?

どうも最近(以前からかな?)コミュニケーションとるのが苦手になりました。

お線香を上げて香典置いてとっとと帰りたいけど、昔ながらの習慣でお茶が出ます。最低、20分は居る感じです。

なかには伯母の連れ合いで、一度も会った事もない仏様もいます。
廻った親戚も家に来るのでお互い様にして欲しいです。

こんな自分でも一応は家長なので、親戚付き合いも最低限はしないとと言う感じです

自分的には、両親の供養が出来れば十分なんだけど。

まぁ、仏様を粗末に出来ないので、しきたり通りやって来ます。

長い1日になりそうです。結構、神経を使います。



ブログランキング・にほんブログ村へ応援お願い致します
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

精神科の通院。主治医が変わりました。

2016-09-21 04:51:35 | 日記
昨日は精神科の通院。

病院に行ったら今回も代診。前回(2週間前)、前々回(4週間前)も代診でした。

診察時、先生に主治医の事を尋ねたら体調不良で長期入院との事。「エッ!まさか」と言う感じでした。無事に回復してくれればいいのですが。

思えば5年前今の病院にきました。

それまでは日赤の精神科に15年くらい通い、パニック障害とうつがかなり酷くなり、日赤では手におえないとみたのか、紹介状で今の精神科にきました。

日赤の医者は、紹介する先生は名医だからと言ってました。確かにアルコール・うつに於いては名医だと噂も待合室でよく聞きました。

でも治すのは本人次第です。

主治医とは5年の付き合い。大抵は3分診療だったけど、具合が悪い時は30分以上親身になって話を聞いてくれました。大変お世話になったなと思います。

今度の主治医は物静かな感じです。出来れば精神療法等の指導を望みます。昨日は挨拶程度で終わりました。

昨日、処方された薬は、今までとおなじ。

《抗不安剤》
・ソラナックス0.4mg 朝・昼・夕各1錠。

《抗うつ剤(SSRI)》
・レクサプロ10mg 夕1錠。

《睡眠薬》
・ルネスタ3mg 寝る前1錠。



ブログランキング・にほんブログ村へ応援お願い致します
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

何事も姿勢が大事ですね。

2016-09-20 04:32:05 | 日記
気を抜くとすぐ猫背になりがちです。

顔は非対象と言われてるけど、体も歪んで非対象になるのかな。

猫背だと見た目も元気なさそうだし、内臓の位置もズレるし、巻き肩になると呼吸も浅くなります。何より自律神経のバランスが崩れます。

出来るだけ背筋を伸ばす癖はつけてますが…。

特に運動をしている時は姿勢を意識してます。
姿勢が悪いと運動効果も半減します。

スクワットや体幹運動はYouTubeを参考にしてます。
スクワット等は正しいフォームでやらないと負荷が全く違います。

とは言え「う~ん?」と思う事もあります。

30代の頃ゴルフが好きで、よくレッスン書や雑誌を見ました。共通して言えるのは、どれを見ても同じフォームでした。

だけど「世界のアオキ」と言われたゴルファーの青木功プロは独特なフォームをしてました。野球でも昔、巨人軍にいたクロマティ選手も独特なフォームだったと思います。

まぁ、一般の人は教科書通りのフォームの方がそれなりに良いのかも知れません。

プロはインパクトの瞬間とかを意識して、それが個々のフォームになっているのかも知れません。人により柔軟性や体形は様々ですから。

整形外科の先生に言わせると「体の歪みは万病の元」だと。

体の歪みは、二足歩行の人間には避けられないのかも知れません。

なるべく姿勢は意識したいですね。



ブログランキング・にほんブログ村へ応援お願い致します
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

現在の生活リズム。良いのやら悪いのやら。

2016-09-19 03:53:53 | 日記
・朝、2時頃起床。
・2時半頃、朝食。
・3時半頃、運動約25分(ストレッチ・体幹運動・スクワット15回・有酸素運動15分)。
・4時半頃、運動約25分。
・5時~6時、音楽鑑賞。主に昭和の歌。
・7時頃、運動約25分。
・9~10時、パニック障害の行動治療。建物内と車の運転。
・10時頃、昼食。
・11時頃、運動約25分。
・12時頃、運動約25分。
・1時頃、運動約25分。
・2時頃、運動約25分。
・3時頃、運動約25分。
・4時頃、夕食。
・5~6時、BGM鑑賞(オルゴール)。
・7時頃、ストレッチ・体幹運動・スクワット15回。
・8時頃、ストレッチ・体幹運動・スクワット15回。
・10時、就寝。

生活リズム、規則正しいと言うか、体内時計が狂っていると言うか。

通院日以外、毎日こんなスケジュールで過ごしてます。

不眠症で早起きで運動でもしてないと間が持たないですね。
まぁ、パニック障害・糖尿のリハビリにはなっていると思うけど。

睡眠薬も色々試して、今のがとりあえず合っているのかな?

今はルネスタ3mg1錠。以前は1日3種類4錠の睡眠薬服薬しても4時間足らずの睡眠でした。

だけど音楽鑑賞以外、もうひとつくらい趣味と言うか楽しめる事を取り入れたいですね。

しかし、闘病中なんでそんな悠長な事も言ってられないか。


ブログランキング・にほんブログ村へ応援お願い致します
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

性格は変えられるか?

2016-09-18 04:52:16 | 日記
誰もが一度は性格を変えたいと思った事はあるハズ。

内気・社交的・明るい・暗い・せっかち・神経質・おおらか等々人により様々です。

性格は変えられるか?

個人的に変えられると思います。環境等によって変わるのでは?と思います。

自分は以前は、どちらかと言えば明るく行動的な性格でした。今は、神経質になりネガティブ傾向です。

何がそう変えたのかと言うと「病気」です。

特にパニック障害とうつが。精神面がかなり弱くなりました。

病気は個人的に大きな環境変化でした。

また、環境とまでいかなくても、体形や髪型等(外見)でも気持ちの持ちようは変わると思います。

お洒落な髪型や服装をにすると明るくなるなんて例もあります。

米国で制服・立場での実験がありました。被験者に制服を着た監守役と囚人役に分け生活さたところ、1週間もしないうち監守役は本気で囚人役に体罰を与えた様です。

外見や立場の変化で性格への影響は大きいです。

現在、現れている性格は、氷山の一角で無意識に出ているのかも知れません。

病気や体質が改善してくれば、性格もまた以前の様に明るく行動的になれるかなと思います。

気の持ちよう的な事が結構関係しているのではと思います。


ブログランキング・にほんブログ村へ応援お願い致します
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

まだ自分には炭水化物過多は無理なのかな。

2016-09-17 03:34:58 | 日記
1週間くらい前から痩せすぎ防止(現在BMI18.9)・栄養補給の為1日3食→5食に増やしました。

2食は玄米+αのシリアルです。シリアルはカロリーもそうだけど意外に糖質も多いです。

血糖値測定はセンサーと針の都合で、週に2回くらいしか測ってないけど最近高くなったかな。

シリアルをとる前は、朝食前の血糖値は80台だったのが、4日前は98、昨日は109でした。まだ糖質に対して血糖値は敏感です。

炭水化物については、賛否あるけど個人的には、適量は必要な栄養素だと体感してます。

朝は必ず白米を食べます。そうしないと脳も体も調子悪いです。

厚労省は、1日に必要な炭水化物は50~60%とるように推奨してます。厚労省も日本人の食事を何十年も統計をとった上での適性な栄養バランスを提示していると思います。

大規模統計は医学論文同様、エビデンスレベルの最も信頼性のある位置にあります。専門家・医者等の意見や一般論文や動物実験等はエビデンスレベルは意外と低いです。

ただ厚労省推奨の1日50~60%はとりすぎかなと思うけど。

炭水化物はご存じの様に、脳の栄養補給や、筋肉の分解を防いだり、肝臓の負担を減らします。それにセロトニンの材料で精神面に良いです。

炭水化物を気にせず食事をして、血糖がコントロール出来て、糖尿も改善と言えるのかなと思います。

自分はマダマダ先の様ですが。


ブログランキング・にほんブログ村へ応援お願い致します
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

努力は見返り・報酬を求めるもの。

2016-09-16 04:38:50 | 日記
人間の本質として、努力に対して見返り・報酬を求めます。

努力して何も得られなければやる必要もないです。
「努力は報われる」は半分は本当かなと思います。

「無駄な努力」って事もあるので、報われる努力をしたいですね。

例えば、野球でイチロー選手に勝つ為に努力をしてもそれは無駄な努力です。

何がしたいのかが大事です。

マズは自分が頑張れば手が届きそうなレベルを目標にして、達成したならば更に上を目指すと。方向性は間違えたくないです。

自分の努力に対する見返りは「健康体」です。

現在、自分なりに努力してるかなと思うのは「運動療法・食事療法・行動治療・その他」。

現状、パニック障害・糖尿に対し、糖尿は少しは報われてきたのかなと感じます。HbA1cは9ヶ月で9.1%→5.9%に改善しました。

パニック障害については、マダマダ努力が足りないのか、求める目標が高いのか、感覚的に5割くらいの改善です。

努力は決して楽ではないですが、努力次第で取り戻せる健康なら、それなりの努力は必要かなと思います。


ブログランキング・にほんブログ村へ応援お願い致します
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

依存症になりやすい人とは。ドーパミンとの関係は。

2016-09-15 04:08:12 | 日記
「覚醒剤・危険ドラッグ・アルコール・ギャンブル・ニコチン・セックス・恋愛」等々、世の中様々な依存症があります。

物質依存にせよ精神依存にせよ、依存症の人は、一般の人に比べ脳内物質のドーパミンを求め過ぎているのかなと思います。

ドーパミンはランナーズハイ等気持ちが良く感じる脳内ホルモン。

後ろめたい事、世間的に良くないとされている事に快感を強く感じやすいです。

健全な快楽なら良いけど、体に悪い・犯罪性・依存性のある快楽はやらない方がいいですね。

何故、快楽や刺激を求め過ぎるのか?

脳は誰もが本能的に快楽・喜びを求めます(報酬を求めます)。また、遺伝性・幼少期の環境も大きいのではと思います。

アル症で入院していた時、主治医がアル症の子供の半分はアル症になると言ってました。幼少期のトラウマでも依存症になる場合もあります。

依存症は何でやめられないのか?

多分、脳的に理性が麻痺状態なのかなと。一度は止めても何度も手をつけるケースは多いです。依存症を克服するのは難しい事です。

ドーパミンを増やすには、好奇心を持つ事や新しい事をすると良いと言うけど、保守的な人や新しい事に興味を持てない人は難しいのかなと。

依存症で怖いのは、脳の破損もあるけど、進行すると失うものが多くなる事です。

仕事・財産・家族・健康・そして命。

脳は一番複雑な臓器で、体の殆どを支配してる司令塔です。
狂った司令塔では、理性も知性も無いです。

脳を修正するのはなかなか難しい事です。


ブログランキング・にほんブログ村へ応援お願い致します
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

ガン検診の結果がきました。

2016-09-14 04:56:10 | 日記
先日(8/27)の健康診断で行ったガン検診の結果が昨日きました。

胃ガン(胃カメラ)・肺ガン(胸部エックス線・たん検査)・大腸ガン(検便)・前立腺ガン(血液検査)。

4項目共に異常無しでした。

胃ガンの検査については、今年は胃カメラを選択しました。

5~6前に初めて胃カメラをした時、メチャクチャ痛くて、何度も検査中に「オェ~、オェ~」となって.もう二度と胃カメラなんかしないと思いましたね。

それ以降は胃ガンの検査はバリウムでやってました。

ただ、いい年齢になったので、今回は胃カメラにするかなと。

今回も何度か「オェ~」となったけど、何とか我慢出来るレベルでした。

一応、喉に痲酔をして点滴しながらの胃カメラ検査だったけど、自分は反射が強いのかも知れません。

とりあえずは1年間は検査無しで済みます。

健康診断は無料なので、とりあえずやっておこうと言うレベルです。

有料だったら検診はやらないでしょう。


ブログランキング・にほんブログ村へ応援お願い致します
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

日本人は不安症が多いのかも。

2016-09-13 02:42:38 | 日記
族性なのかも知れないけど、日本人はどちらかと言うと不安症が多いのかなと思います。

ある金融機関の調査で、日本人で貯金している8割りは、特に目的もなく何となく貯金している様です。

何となくと言うのは、老後への不安や、何かあった時の為とかみたいです。

それに対して米国人で貯金している人の7割りは、レジャーや旅行など目的を持ち趣味の為に貯金している様です。

よく聞くペットボトルの話で、ペットボトルに水が半分あったとして、日本人はもう半分しかない、米国人はまだ半分あると考える傾向です。

歴史をひもとけば、農耕民族は作物を溜め込む習慣で、狩猟民族は獲物を皆に分け与える習慣です。

農作物と獲物では保存が効く効かないの違いが、習慣も変えたのかも知れません。

太古の昔より農耕民族は、在庫が無いと不安だったのかも知れません。

ただ不安は悪い事だけでは無いと思います。

不安は将来に対する自己防衛に繋がります。例えば、不安があれば、一か八かのギャンブル性が高い事は避けます。

先人も「石橋を叩いて渡る」と言ってます。

東アジア系、特に日本人はセロトニンが少ない民族だと言われています。南ヨーロッパ等ラテン系はセロトニンが多い民族みたいです。

そんな面からも日本人は不安症が多いのかと思います。

まぁ、不安もホドホドが良いのかも知れません。

ブログランキング・にほんブログ村へ応援お願い致します
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

幸せな生活って何だろう?

2016-09-12 04:59:31 | 日記
古来から生活するには「立って半畳、寝て一畳」と言います。
確かに先人の仰る通りです。

ただ、正直お金は欲しいです。

勿論、大金ではなく、ほんの少しでも今の生活を楽にしたいと。

上を見ても下を見ても切りはないけど、我が家は経済的には、限りなく底辺に近いです。

社会人の時は、いわゆる中流階級かなと思ってたけど、病気になっての転落人生、止まる事を知りません。

人生、何が幸せなのか?

やはり生きる目的・希望・楽しみ等、やりがいもあり、精神的に豊になる事かなと思います。あと家族や社会の役に立つ事も幸せな事だと思います。

行動範囲が広くなればボランティアとか社会に参加し、何かしら役に立つ事が出来たらと思います。

お金は多少はゆとりを持ちたいです。生活出来るレベル+αで十分です。月に一度くらい外食などして好きな物も食べたいですね。

現在の幸福度は決して高くはないです。

童話で「アリとキリギリス」とあったけど、堅実な生き方、気楽な生き方、どっちが幸せなのか?

日本人は勤勉だからアリタイプが多いのかな。

現在、闘病中だけど生きています。

まずは、生かされている事に幸せと感謝を感じたいですね。


ブログランキング・にほんブログ村へ応援お願い致します
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加