good! カエルのぶろぐ

gooの中で カエルのblogが開花する
ご遠慮なくコメントをお寄せください

せせらぎの音と洪水

2017年06月18日 10時38分04秒 | Weblog
今年も梅雨に入ったが
まだ空梅雨の様相で
晴れ間が続き
大きな川も
肋骨のような底が見え出した

だけど 予報では
そろそろ雨が降りそうだ

梅雨本番前の今朝
散歩で立ち寄った
大井出川沿いのベンチでは
下流の田畑を潤すための水が
カラコロ ポチャポチャと
初夏のせせらぎの音

南国肥後の地では
雨降りも様々な顔を見せる
可愛い雨
穏やかな雨
強めの雨
そして 滝のような雨

その時期 その時によって
いろんな降りかたがある

天の恵みの雨
慈雨の雨も
時には 豹変し
人に牙を剥く

私らが 阿蘇に住んでた
四十年程前は
2度も水害に見舞われ
激甚災害指定の時は
夜間に胸までの水を
掻き分けながら高台に避難した

その後 熊本市に戻り
二、三度 ひどい大雨があり
近くの川が増水し
洪水の恐れがあり
避難指示もあったりした

少し下流では
あの6.26 熊本大水害の跡地があり
水害の怖さを 刻み込んでいる

現在は
川のあちこちで
治水工事がおこなわれ
もう少しで 一応の目処が立つ

飲み水
野山や田畑の水
川や公園の水
流れ集まる海の水
工場や都会の水
遠く離れた宇宙での水

貴重な水は
この地球のあらゆるところで
動植物や人の役に立っている

PS 2017.6.18 日曜
ある時は 恵みの水
またある時は 非情の水
人にとっては 二つの顔を持つ水と 折り合いつけて 上手く付き合っていかなければならないのだ
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 女子もどき〜オンナはたいへ... | トップ | 父の日に »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。