フィクション『同族会社を辞め、一から出直しオババが生き延びる方法』

同族会社の情けから脱出し、我が信ずる道を歩む決心をしたオババ。情報の洪水をうまく泳ぎ抜く方法を雑多な人々から教えを乞う。

くりぼっち

2016-12-24 22:44:47 | 美しく生きるという事

そもそも人間は、

一人で生まれてきたのだから、

一人で生きても大丈夫なはずなのに、

一人では淋しくて、

誰かと居たがります。

でもだからと言って、

カップルでなければならない、

という法律はありません。

本来のクリスマスなら、

行くべき所へ行けば、一人ではありません。

巷の大騒ぎをよそに、

一人でクリスマスの意味を考えてみても

いいのではないでしょうか?

 

好きな人なら、

特にクリスマスに限らずに会いたいときに

会えばよいのですから。

恋人たちにとってはいつだって真剣なのだから。

 

……って、しまった!

カップルの話になってしまった。

……では、愛し合っている恋人どうしが、

敢えてクリスマスに会わないで、

他の日に会うってのはどうでしょう?

『くりぼっち、どうだった?』

『案外神聖で良かったわ』

『君のことばかり考えていた』

『私もよ』

てな感じで、却って燃えるんじゃないかな~(笑)

分かんないけど。

実は別の異性と過ごしていたりしてね‼

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 浅草へ | トップ | 戦い済んで日が暮れて »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
くりカップル (黒にし)
2016-12-25 21:01:21
旦那さんと過ごせて、よござんした(^^)

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。