WARUGULO

今日の苦情広報

安倍・支持率下がったとたん「加計答弁を強い口調、深く反省」

2017-06-20 13:32:56 | 広報

ついに出たかその場しのぎの何時もの言い訳。

何時もの口調で言い訳の記者会見。釈明よりその前に解明を、国民をなめるな。

その場での嘘の反省記者会見、ただの言い訳に過ぎない、いつも通りの屁理屈をかまし反省しているように聞こえさすだけ。それならば、寄付金・加計文書問題を明白にして初めて反省の言葉が生きてくるよ。反省でなく言い訳。

信用できない口先だけの反省。国民の批判からこのままでは支持率が今以上に下がり、政権としての可成りのダメージを食らうから、今のうちに裏腹でも謝っておこうと言う魂胆。安倍を信じるな、今までの経緯を忘れるな。

※安倍・国民の理解が得られるようにと。今頃何を言うとんねん。国民の批判をかう前に、そうならぬようにすべてを明るみにしていなければならない。国民が何も言わなければ葬っていたであろう、都合のいいことを言うなぬかすな。

謝罪会見より全てを明白にすれば誰も何も言わない。安倍・野党に対しては、批判の応酬と批判。ではなく国民と一緒で全てを解明をするために言っているのだ。それが分からない馬鹿な安倍。何事も批判は野党に転嫁する悪巧み。コメンテーターも私たちの思惑と一緒だ。

ジャンル:
速報
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 森友学園捜索・寄付金リスト入手 | トップ | 国会閉会後に見つかる文書 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む