~釣りたいサカナは星の数ほど~

おかっぱりルアーで100魚種達成!(現在162種)
琵琶湖、若狭、淡路、八重山、海外…
さあ、次はどこに行こう?

9月5日(火)のフィンランド

2017年09月17日 | 釣り(海外)
フィンランド4日目
この日は相方サンのご希望でTampereという街に。

ムーミン美術館とか↑タンペレ大聖堂↑とかを観光してからの、ほんの少しの時間だけ釣り(この旅行で釣りができるのはこの日が最後)



◇16:30〜17:30 ピュハヤルビィ湖◇

観光であちこち歩き回った後、町の南側のピュハヤルビィ湖畔に到着。

この日の釣りの目標を”パイクのサイズアップ”にするか、”釣ったことのないサカナ”にするかで迷ってたんですが…
湖に到着してみると、パイクが潜みそうな水生植物はほとんど生えていない感じでした。

となると必然的に”釣ったことのないサカナ”狙いになりますわな。

しかし、各種小型ルアーで表層から底層まで狙いますが、まったく反応ありません。
一度だけ10cmくらいの小魚のチェイスはありましたが、さすがに小さすぎ。
ん〜、厳しいぞ、と場所移動。

ところで、
Tampereという町は2つの湖に挟まれたような場所に位置していて、その2つの湖の高低差を利用して水力発電が行われてるそうです。
街の中を琵琶湖疎水の10倍くらいの水路(タンメルコスキ川)が北から南に向かって流れてます。
↓こんなかんじ↓

(ちなみに水路内はたぶん釣り禁止です)
その吐き出し口、タンメルコスキ川がピュハヤルビィ湖に流れ込むところまでやってきました。

けっこうな水量なので、きっとサカナも集まってきているはず。
(流れ込みはポイント探しの定番ですからね)

いろいろなルアーをキャストして、とりあえずナニカが食ってくれないかなぁ、と。

途中、すぐ横で犬の水浴びが始まったりもしましたが、 そんなことには負けずにキャストを続けてると、ググンとヒット!

そこそこ大きいですが、グングンと突っ込む感じはパイクではなさそう。
少しドラグを鳴らされつつも、あと数メートルというところまで寄せてシルエットを確認。
ギランっ!と反転するサカナ。
イッキに寄せて抜き上げてしまおう!とさらにリールを巻いたところで、フッ…

やってもた、フックアウトです…orz

その後、キャスト再開してからもうワンバイトありましたがフッッキングならず。

結局、なにも釣れずに1時間だけの釣りは終了となりました(あちこち歩いて観光した後なので延長する体力は残ってなかった)

あのサカナはなんだったんでしょう?
ギランと反転したとき、レッドバンドが見えたような気もするんだけど…(ニジマス?)
ブラックウォーターなので赤っぽく見えただけかも?
ああ、釣りあげたかったなあ…

というわけで、見事なまでの尻すぼみでフィンランド釣行のすべてを終えました(笑)
まあ、あくまでも観光メインの旅行だったので仕方がないですね。

チャンスがあれば、次は釣りがメインの釣旅で再訪したいなあ、なんつて。
ともかくフィンランド、いいトコでした。

おしまい


[釣果]
ボーズ!


『釣り』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 9月4日(月)のフィンランド | トップ | 9月8日(金)の敦賀湾 »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
いいですね。 (rise)
2017-09-17 19:58:19
海外遠征お疲れさまでした。
最後のパイクの絵、カッコイイです。
Re:いいですね。 (ボン)
2017-09-17 23:59:41
パイクの絵、いいでしょ。
ヘルシンキの釣具屋では、パイクやパーチのポストカードやポスターが数種類売ってまして、いくつか買いました。
額に入れて部屋に飾る予定です。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

釣り(海外)」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。