主婦のぼやき

主婦のうだうだ日記

蕁麻疹

2017-06-19 12:51:40 | 出産に向けて
いま妊婦11週目

私は慢性の蕁麻疹持ちで、9年ほどずっと蕁麻疹に悩まされています。
妊婦は絶対に薬を飲んではいけないっていうのは知ってたから、妊娠が発覚してすぐに薬の服用をやめました。
でもそうすると薬が切れた途端かゆくてかゆくてたまらなくて、夜も眠れずずっと痒みに堪えてイライラ。
そこへつわりのWパンチで、もう我慢できん!!と思い、検診で産婦人科の先生に相談。
本で調べてくれて、飲んでもいいけど初期の間は心配ならやめた方がいいかもね。と言われました。
迷ったけど、皮膚科で貰った薬を半錠にして一日置きに服用。
実家に戻ったついでに皮膚科の先生に確認すると、先生は、迷うようなものはうちは出せないから、欲しいならだすけど、お勧めはしない。欲しいなら産婦人科でもらった方がいい。と、言われました。
因みに私が服用していたのはエピナスチン20と言うもの。

迷って次の産婦人科の検診で先生に、こちらで出してもらってくれと言われた事を伝えたら、調べてくれて、同じものがないから似た成分の物を出してくれた。

今はそっちに切り替えて毎日飲んでる。
薬はフェキソフェナジン塩酸塩60mg

よく妊娠発覚と同時に服用をやめたって言う話を聞くけど、やめられるのってきっと程度がそこまで酷くない人だと思うんだよね。

まぁ、先生が大丈夫って言ってるんだから大丈夫でしょう。
色々と調べてみると、薬が影響するなら妊娠が発覚するまで飲み続けてるんだから、そこで既に奇形になって流産してしまうだろうと。
影響を受けて奇形になったりするのであれば、うまく成長できずに流産してしまうと思われるってのを見て、なるほどーって思った。

赤ちゃんの為ってのは分かってるし、誰だって飲みたくて飲んでる訳じゃない。
そういうのが何もなくて薬に頼る事がない人が羨ましいって思う。

赤ちゃんの為もあるけど、蕁麻疹も治したいから、やっぱりまた一日置きにしようかな。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« そう言えばと | トップ | 今日は雨 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。