二宮町(西湘)にものもうす~問題点検証します!

わが町の問題点をあきらかにし、住みよい町つくり。

山といえば秦野 憶えとけ!

2017-08-13 00:54:23 | 日記
秦野、自然ゆたかで「山の日」いちおし
大山、丹沢など雄大な姿をながめていると
いかに人間がちっぽげかに思い至る。人の
悩みなどあってなきがごとし。東京の高尾山?
観光化がいちじるしい。山であって山でなし。

素人がいきなり登山はない。まずは丹沢山系
を一年くらいながめて深呼吸しよう。戸川公園
にきて付近を散策すること数十回。いま一度
震生湖あたりの高所から丹沢をみる。そこで
登山するかしないか考える。権現山に足慣らし
に登ってみることもよし。

「山モリ!フェス」 秦野、登山愛好家らでにぎわう
8/12(土) カナロコ



ベルトの上でバランスを取るスポーツ「スラック
ライン」=秦野市の県立秦野戸川公園

「山の日」の11日、秦野市堀山下の県立秦野戸川
公園で、「TANZAWA山モリ!フェス」が始まった。
クライミング体験や有名登山家の道具の展示、アウト
ドア用品の販売などが行われ、登山愛好家や親子連れ
などでにぎわった。12日まで。



出版社「山と溪谷社」(東京都)が昨年は高尾山(同)
で開催し、今年は丹沢を抱える秦野を会場に選んだ。
高さ6メートルの移動式クライミング壁が設置され、
子どもたちは突起をつかみながら登っていった。登山
から派生したスポーツ「スラックライン」の実演も行
われ、インストラクターが幅5センチ、高さ1.2メートル
のナイロン製ベルトの上で跳んだりはねたりしてみせた。




最終日の12日は午前8時から午後5時まで。教育評論
家で法政大特任教授の尾木直樹さんのトークイベント
(午後0時半~1時25分、入場券は午前8時から先着
順で配布)などが行われる。

入場無料。コーナーによっては参加料などが必要。
問い合わせは同社電話080(1342)0555。

山を背に、コンサート 伊勢原
8/12(土) カナロコ



能楽殿をステージに行われた「大山サマー
ジャズ&ラテンフレンドシップコンサート」=
伊勢原市の大山阿夫利神社社務局

「大山サマージャズ&ラテンフレンドシップ
コンサート」が11日、伊勢原市大山の大山
阿夫利神社社務局で開かれた。山を背にした
開放感たっぷりの能楽殿をステージに、地元や
相模原、川崎などのビッグバンド8組が迫力の
演奏を披露した。

コンサートは15回目。今年から市が「山の日」
に行うイベントに合わせて開催することになった。

開成町の中高生バンド「開成ジュニアアンサンブル・
スーパーブルーバーズ」の20人は「The Chi
cken」など6曲を熱演。バンドリーダーの高校2年
生の生徒(17)は「いつもより大きな音を出すことが
できた。楽しかった」と話していた。

「三笠」来艦者、2017年度も10万人突破 横須賀
8/12(土) カナロコ



理事長(左)から2017年度来艦10万人目
の認定証と記念品を贈られた男児(左から2人目)
と家族=記念艦三笠艦上

記念艦「三笠」(横須賀市稲岡町)の2017年度の
来艦者が11日、10万人を突破した。8月前半での
10万人超えは4年連続。本年度にデジタル化した新
展示を相次いで導入した成果が表れており、同艦を管
理する三笠保存会は25万人を超えた15、16年度
に続いて来艦者増に弾みをつけたい考えだ。

本年度の10万人目は、家族5人で初めて訪れた相模原
市南区の小学3年生の男児(9)。同保存会の理事長か
ら認定証と記念品が贈られた。

三笠は、日露戦争の日本海海戦で活躍した日本艦隊の
旗艦を務めた戦艦。4月には旧軍港4市の「日本遺産」
の構成文化財に追加認定された。近年、NHKドラマ
「坂の上の雲」で改めて注目を集めたことや、艦艇を
擬人化した人気インターネットゲームから近代史に興味
を持つ若者が増えたことも反映し、来艦者数を伸ばして
きた。

本年度からは、タッチパネル画面を使った艦内見学や、
ロシア・バルチック艦隊について解説するデジタル展示、
三笠の操艦シミュレーターやバーチャルリアリティー
(仮想現実)の技術を使って日本海海戦を体験できる
コーナーの設置など、新企画を始めた。




同保存会は「展示のデジタル化で若者に関心を高めて
もらい、一時的なブームに終わらせずに来艦者を確保
していきたい」と話している。

リピーターも多い中、

展示品に工夫をしてくれるのは

ありがたい。

また行きたくなりました。

艦これに三笠が実装されたら

もっと増えると思います。

戦艦三笠は戦後、進駐軍に燃やされたの

ですが、その後日本の手で修復されて

現在に至ります。 

日本人にとっては重要なな記念艦

なので大事に保護して未来に残して

いただきたいものです。

でかい箱は何だ?

展示で歴史の勉強にもなる。

興味が出て坂の上の雲をすぐ読破、

DVDでも見たな。

秋山兄弟役がとても良かった!

海自か米海軍のイベントに合わせて

1度行ってみたいと思って数年…

日本人の誇りを取り戻す為に日露戦争の

戦史等は日本の学校教育で必須にしてほしい。

戦後ソ連(ロシア)が壊そうとしたが米国が防いだ

惨劇伝える資料や写真 
川崎市平和館で「原爆展・特別展」
8/12(土) カナロコ



原爆で溶けたガラスや瓦などの資料が並ぶ
「原爆展・特別展」

72年前の広島の原爆被害を写真や資料で伝える
「原爆展・特別展~ヒロシマの原爆~」が9月3
日まで、川崎市平和館(中原区木月住吉町)で開
かれている。夏休みの親子連れなどが一瞬の閃光
とともに亡くなった多くの人びとの記録に見入っ
ていた。入場無料。

毎年夏、日本平和博物館会議の共同企画事業として
開いているもので10回目。今年は「ヒロシマの
原爆」に焦点を当て、原爆の熱線で溶けたガラス瓶
や瓦、溶けて固まった皿、死亡診断書(複製)など
広島平和記念資料館提供や同館所蔵の資料29点を
展示。原爆の投下直後の広島の状況や熱線でできた
人の影、背中一面のケロイドなど、惨劇を伝える写
真や説明パネルなど計約240点が並ぶ。




中でも写真家の福島菊次郎さん(1921~2015年)
が撮影した死亡児や原爆で結婚を諦めた女性などの
写真139点は、当時の被害者の生活の困窮ぶりを
紹介していて、説明文に引き込まれる。惨劇をアニメ
や、消滅した家族の写真で伝えるDVDの上映も行わ
れている。

同館の担当課長は「熱線を浴びて72年もたつと被
害品ももろくなり、広島から貸し出してもらうのも
難しくなっている。資料を見て、少しでも身近に感
じてもらい、改めて平和について考えてもらえれば」
と来場を呼び掛けている。月曜と16日は休館。
問い合わせは、同館電話044(433)0171。

黒焦げになったお弁当箱

見たことある。

中身も炭のかたまりになってた。

子供にもたせたものを母親が

見つけたらしい。

それだけで光景が目に浮かんだ。

























ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 夏が来れば思い出す | トップ | 映画・二宮金次郎伝 ハート♪ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。