二宮町(西湘)にものもうす~問題点検証します!

わが町の問題点をあきらかにし、住みよい町つくり。

もう22年も経つのか、地下鉄サリン事件!

2017-03-21 01:17:30 | 日記
“地下鉄サリン事件”から22年 遺族ら慰霊式で献花
テレ朝(ANN) 3/20(月)




オウム真理教による地下鉄サリン事件から20日で
22年です。現場の一つとなった東京メトロの霞ケ関駅
で慰霊式があり、駅員らが黙祷を捧げました。





1995年3月20日、当時のオウム真理教の幹部らが
都内の地下鉄5本で猛毒のサリンをまき、乗客や駅
員ら13人が死亡、6200人以上が重軽傷を負いました。

事件現場の一つ、東京メトロの霞ケ関駅では、駅員
など関係者が黙祷を捧げ、遺族が献花に訪れました。





夫を亡くした高橋シズヱさん:「今年は(追悼行事に)
若い方にたくさん来て頂いて、私たちの22年前の思い
を手渡すことができたかなと、報告がてら献花した」

東京メトロは20日、築地駅など6つの駅で終電まで
献花台を設けます。





地下鉄サリン事件の現場、霞ケ関駅で慰霊式


TBS(JNN) 3/20(月)

オウム真理教による地下鉄サリン事件から、
20日で22年、現場となった東京メトロ
日比谷線・霞ケ関駅では、事件発生とほぼ
同時刻の午前8時に、駅員およそ20人が
黙祷をささげました。





22年前の1995年3月20日に発生
したオウム真理教による地下鉄サリン事件では、
13人が死亡、およそ6300人が負傷した。

当時、駅の助役だった、夫を亡くした高橋シズヱ
さんも献花台に花を手向けに訪れました。

「本当に主人のことをいつまでも思ってくださって。
やはり職員の方々と一緒に居るんだなという気持
ちになっています」(夫を亡くした 高橋シズヱさん)





公安調査庁によりますと、オウム真理教から派生
した「アレフ」と「ひかりの輪」は、大規模なセミナーを
開くなど現在も活発に活動を続けていて、被害者の
会は、来年1月に期限を迎える観察処分の継続
を求めています。

たくさんの人が当時被害にあって亡くなっている。

一方で、加害者のボス松本ヒデオはまだ死刑に

ならずに生きながらえている。なんとも理不尽だ。

この男の家族もたくさんいるが、普通に生きてな

んの責任もおってない。嫌悪感や違和感がある。

犯罪者の3親等まで同罪にすべきだといまでも

おもう。そうでないと死んだ人が浮かばれない。

犯罪者がなくならない。血とほねがおなじなら

犯罪者予備軍になりかねない。いいかげん犯罪者

の側に立っての気遣いや、その家族の人権云々は

やめてもらいたい。














ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 一号機格納器の中の様子撮影 | トップ | 五輪らしき風がいよいよ吹い... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。