二宮町(西湘)にものもうす~問題点検証します!

わが町の問題点をあきらかにし、住みよい町つくり。

糸魚川市の大規模火災――火の用心

2016-12-24 16:32:07 | 日記
「鍋を火にかけ、店離れた」=出火元の料理店経営者―新潟県警
時事通信



新潟県糸魚川市の大規模火災で、県警糸魚川署は23日、消防と合同で
実施した実況見分の結果、火元となった中華料理店の焼け跡から焦げた
中華鍋を見つけたと発表した。店の男性経営者(72)は、県警の任意
の事情聴取に対し「鍋を火にかけたまま店を離れた」などと話している
という。



県警によると、男性は22日午前、店舗の1階で鍋をコンロの火にかけ
たまま、数十メートル離れた自宅に帰った。店舗に戻ると鍋から火が上
がっており、消火しようとしたが失敗し、隣の家に119番を依頼した
という。





男性は聴取に「料理を作ろうと思い、中華鍋に食材を入れて火にかけ、
そのまま店を出た」と説明。憔悴(しょうすい)した表情で「大変申し
訳ないことをした」と謝罪したという。 

新潟・糸魚川市大規模火災 被災住民ら現場立ち入り許可
フジテレ(FNN) 12/24(土)

新潟・糸魚川市で発生した大規模火災から3日目。現場は立ち入りが規制
されているが、24日朝、被災した住民など一部の関係者の立ち入りが許可
された。





商店や住宅など、およそ150棟を焼いた新潟・糸魚川市の大規模火災。
発生から3日目となる現在も、現場は立ち入りの規制が続いているが、
24日朝、被災した住民など関係者の立ち入りが許可された。
自宅が全焼した女性は「まさかここまで来るとは思わなかった。何か1つ
でも思い出になるようなものがあればと思ったんですけど。自転車の鉄み
たいなものしかない」と話した。








一方、警察と消防は、火元となったラーメン店を中心に、24日も実況見分
を行っている。






















日本人はたとえどんな場合にも取り乱しはしない。目の前の大火でも我を忘れて発狂するという
ことはない。

火の用心!! 火にかけた鍋からけっして離れるな。

火の用心、火の用心、火の用心しかありません!














ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 朝日新聞 非現実的な平和主義 | トップ | 仕事というものは丁寧にせね... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。