二宮町(西湘)にものもうす~問題点検証します!

わが町の問題点をあきらかにし、住みよい町つくり。

“生活保護なめんな”ジャンパー 小田原市

2017-01-17 21:50:20 | 日記




ジャンパーに生活保護「なめんな」、市職員訪問
読売新聞 1/17(火)

ローマ字で「保護なめんな」とプリントされたジャンパーのエンブレム
生活保護受給者の自立支援を担当する神奈川県小田原市の複数の職員
が、「保護なめんな」「不正を罰する」などと、受給者を威圧するよう
な文言をプリントしたジャンパーを着て各世帯を訪問していたことがわ
かった。







職員が自費で作ったとみられ、市は16日、不適切だとして使用を中止
させた。専門家は「生活困窮者を支えようという感覚が欠如している」
と批判している。

市によると、ジャンパーを着ていたのは、生活保護受給世帯を訪問して
相談に応じるなどする市生活支援課のケースワーカー。在籍する25人
の大半が同じジャンパーを持っていた。





ジャンパーの背面には「我々は正義だ」「不当な利益を得るために我々
をだまそうとするならば、あえて言おう。クズである」などの文章が
英語で書かれている。

“生活保護なめんな”ジャンパー 小田原市
日テレ(NNN) 1/17(火)





「保護なめんな」と書かれたジャンパーを着て、職員が生活保護受給者
の自宅を訪問していたとして、神奈川県小田原市役所が緊急会見を開き
謝罪した。何が目的だったのだろうか。






■問題になったのは、市の生活保護担当職員の有志が2007年に作っ
たジャンパー。胸のエンブレムには「HOGO NAMENNNA」と
書かれ、「悪」という漢字に「×」がついたデザインがされている。

■さらに、背中には英語で「我々は正義だ」「不当な利益を得るために
我々をだまそうとするなら、あえて言おう、カスである!」と書かれて
いる。

■市によると、職員は「不正受給を許さない」というメッセージを盛り
込みつつ、連帯感高揚のために作製し、冬場に受給者の家庭を訪問する
時などに着ていたという。

■第三者からの情報提供により、事実確認を行ったという小田原市。
「あくまでも“不正受給”というものに対して、当時はいろいろとニュー
スになっていた。そういうものは何とかしようという職員の思いは皆さん
あったと思う。いわゆる受給者に対する差別意識を持っている職員は
いませんと言い切りたい(小田原市)」

■小田原市は16日付で担当職員に対し、ジャンパーの着用禁止を指示。
担当部長らに対し、厳重注意している。




















ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 拉致被害者展示――ラディアン | トップ | 平地でも雪が »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Unknown)
2017-01-21 06:33:18
この件に当時、関わったものです。大きな問題となり、全国の受給者の方々、市民の方々、職員等々多大なるご迷惑をおかけしており、申し訳なく思っています。まず本件について、深くお詫び申し上げます。
 文章に関しては、私が関わっています。報道されているとおり、本文は「不正」受給に関するものです。ただ英文の訳し方に関しては、テレビ等で報道されている解釈と違う点があり、関わった職員として気になっております。
問題の文は、冒頭、We are the justice,must be justiceです。これがテレビ等で「我々は正義であり~」と訳されてしまっています。しかしながら、当時の私の想いとしては、「我々は公正であり、公正でなければならない(公務員である故)」との意味で作文しており、報道では、「我々は正義だ。~」などと報道されてしまっていますが、公務員の原則である公正、公平の意味でjusticeを用いています。後文で用いたinjustice「不正」との対比でもjusticeが適当だと思いました。拙い英文なのですが、「正義」と「公正」ですと受け取り方が異なるかと思います。少しでも誤解が解ければと思います。
 私自身、深く反省しております。何より生活保護を受給されている方、小田原市民、懸命に働かれている職員の方々に多大なるご迷惑をおかけしている現状。やりきれない想いです。この一文が問題の論点ではないということも重々承知しておりますが、少しでも誤解を解くことがないことができないかと考え、コメントをさせていただきました。
 現場の職員は熱い想いで真面目に働いています。着用していた職員は、経緯を知らずに着ていたのです。それは文意を伝えなかった私自身の落ち度でもあります。
 この件については、組織の了解を一切取っていません。特定され、処分となれば処分を受けることも覚悟の上です。それでも構いません。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。