介護のグチ話~母と私の静かなるバトル~

「ねぇ、ちょっと聞いてよ~」って感じの愚痴話

見守られている

2017-07-11 08:33:01 | 日記
初めてのショートから、
母が元気に帰って来た。

エレベーターまで迎えに行くと、
介護士さんが、
お風呂も入りましたよ。


トイレの介助も、
すんなりやらせてくれました。



部屋に戻った母は、
少々疲れた様子だったが、
「皆んな、本当によく世話してくれたよ。」
「私の自分勝手な思いで、施設を嫌がっていたけど、」
「もっと早くから利用すれば良かったね。」
「あんたに悪いことしたね〜」



それから、
施設内での事を話してくれた。
お風呂も気持ちよかったと。


その後、
ケアマネさんから電話があった。

心配して、
施設に様子を聞いてくれていた、らしい。

そして、
訪問介護のS先生。
先生も心配してくれ、
ケアマネさんに電話して来た、とか。


ありがたい事だ。
母のことを、
母のわがままを通してやろうとしている私のことを、
周りで暖かく、心配してくれている。



母は、
施設でお漏らしをしなかった、という。
相当緊張していたのだろう。

その反動か、
早速、ベットで “大 ” をやられてしまった。





『介護』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 自分の時間 | トップ | 取り敢えず、ワン・アップできた »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ハムモフ様 (mitu)
2017-07-11 09:19:10
お早うございます。
何しろ良かったです。

皆さんが親切にしてくれた事良く分かっていらっしゃるお母さん。

心配しないで本宅の方に帰れそうですね。
ハムモフさんも落ち着けると言うものです。

ショートに行く度に少し忙しいですが、
その内に成れます。

お母さんの方が早く慣れて、ハムモフさんがなかなか慣れないかな?(笑)
mitu様 (ハムモフ)
2017-07-11 20:19:57
まずまずの滑り出しです。
ケアマネさんは、体調が悪くなった時のことを心配してくれています。
何せ、“お呼び出し” されても、すぐには駆けつけられませんから。
もう1箇所くらい体験しそうです。

まずは、一安心です。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL