なんか適当に

そのまま、なんか適当に書くブログ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ちょっと古いPCにWindows10クリーンインストール

2016-12-31 17:44:10 | 日記
そう、ちょい古いマザーボード(私の場合、GA-Z77-UD5Hというもの)のチップセットやそれにオンボードで載っているコントローラーのドライバーソフトを集めておかなければいいけないのが鉄則ですが、
マザボのメーカーにすべてが用意されているわけではないし、ましてやOSが新しすぎると用意されいるドライバーさえもが古すぎる可能性もあるわけです。

Windows10って結構優秀だなぁと思ったのですが、オンボードのMARVELLのRAIDチップのドライバー以外は何もしなくてもとりあえず動いてしまう。
これが問題でした。デバイスマネージャーを見ても「!」マークがどこにもついていない。問題がないように見えてしまう。
M

それでいい気になってAnniversary Updateをやったからうまくいかなかったわけです。
で、とりあえず、あきらめてこのまま運用することにしてしまったわけです。
Windows7を最後まで使い続ける気でいたので、Windows10の動向について全く無関心だった私はAnniversary Updateも知らずにいました。
これがWindows10 SP1なんだといわれていたら、なんとしても入れようとしたと思いますが、そこに気がつくのに1晩かかってしまった。
そこに気付く前にいろいろをソフトをインストールして(なんか動きが変だなぁと思いいつつ)、USB接続のDAC DS-DAC-10のASIOドライバー設定がうまくいかない。
wasapiモードでしか動かない。USB3.0ポートでは認識しないHDDが2.0ポートでは認識するなど。
ここでようやく最新のZ77チップセットドライバーが必要なんじゃないかと思ったわけです。ギガバイトのHPにもWindows10対応のドライバーがありましたがこれでも古いんじゃないかと。
でもインテルのHPではZ77用とはっきり明示してあるものが探せませんでした。しかし、とてもいいものが見つかりました。

Intel Driver Update Utility 2.6 とかいうものです。
これを使うことで、USB周りの問題は解消しました。DACもASIOちゃんと使えます。

そして、この時にもうひとつ問題に気付きました。
光学ドライブがこのMARVELLのチップセットによって実現しているGSATAのコネクタについていたんです。
何でこんなところについてたんでしょう?まったく記憶にありません。

光学ドライブが見えなくなった事件ですが、振り返って考えるに見えなくなる直前にはよくeSATA接続のHDDにアクセスしていた気がします。
気のせいかも知れませんが。

とにかく、PCを最小構成にして光学ドライブもインテルZ77制御のSATAコネクタへ移して、再度クリーンインストールすることにしました。
そしてAnniversary Updateも無事に適応できました。
やれやれです。

こんな赤っ恥なことを長々と書いたのは自分への諫めとひょっとしたら同様なトラブルで困っている人もいて、その参考になればと思ったからです。
以前、Windows10無償アップグレードが締め切られるとき、アップグレード用ディスクだけでも作っておこうとして失敗したのもこれが原因だったんじゃないかと今話思っています。
なにしろ、マシン構成を変えるとそのアップグレード用ディスクが使えなくなるともいわれていたのでPCの中は一切いじらなかったわけですが、あのとき、SATAのコネクタに気付いていたら、
もっと簡単だったんじゃなかったかと思うとちょっと悔しいかな。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 遅まきながら、Windows10にし... | トップ | SSDファームウェアのアップデ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。