日々のあれこれ

現在は仕事に関わること以外の日々の「あれこれ」を綴っております♪

「記憶の海」「地図のない旅」

2017-10-10 00:43:37 | 読書

 読書の覚書

 「おいしいコーヒーの入れ方」シリーズ、何作目でしょうか~ 青春小説?恋愛小説です。最も興味を持ちそうなのは、やはり現役高校生かな。

数えていないので分からないのですが、「地図のない旅」で、ざっと20冊くらい目だと思います。

私の場合、作家、村山由佳さんの作品を全く知らず、彼女の他の小説を紹介して頂いて以降、読み始めたため、年数にしたら2年足らずの筈です。このシリーズだけで20冊を読んだとしても。一作目では高校生男子だった主人公、ショーリも、「地図のない旅」では大学を卒業し、海外へ行き(しかもオーストラリア!)、帰国して…20代前半。小説の中で生きている主人公の成長過程を読者の方が年齢的には ずっと追い越してしまいながら、長期間に渡って読み続けることになるんだ…と不思議な感覚でした。 もし、最初のシリーズが出版された当初から このシリーズを読んでいれば、の話ですが。

 

 「記憶の海」ショーリの弟、丈の目線で書かれています。一人称で。この小説は、作家は女性ながら高校生男子の目線で描かれる点が、最初は不思議でした。思春期の男の子の心理って、分からないですから…。個人的にはショーリより、弟の丈の方が最初から好きなキャラクターでした。その点、安心して読めました。喫茶店のマスター目線の続編も良かったです。豊富な髭を蓄えたマスターが、遂に… 見たこともないマスターが髭を剃った顔を想像しながら…なんだか自分も喫茶店の椅子に座っているかのような感覚。小説って、それだけでも不思議ですよねぇ。他人の日常を覗いてるみたいな気分にさせてくれたり、過去へも未来へも異次元へも連れて行ってくれる。

 「地図のない旅」ショーリのように、逃げるように海外へ…という感覚は全く経験がない私。海外へ行く、ということは自分の心を開放すること! だったので… こんな形での帰国も。

 たまたま、図書館にあれば、続編を読む~という形になっているため、この「続き」を読む機会に恵まれるのは、いつになるのか全く分かりませんが、願わくば そろそろハッピーエンドに…と思ってしまうのでした。実際には、まだまだ続きそうですけど…?

 

2017.10.10(火)  1053 PV  315

 

IP

    

 3207 位  / 2773044ブログ
ジャンル:
ウェブログ
Comment   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 体育の日 | TOP | ずきに⁉ »
最近の画像もっと見る

post a comment

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Recent Entries | 読書

Trackback

Trackback  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。