Max Rod Craft Blog

Max Satohのバンブーロッドクラフティングに関するブログ

AMA ボトムのグラッシング

2017年07月31日 11時06分12秒 | Proa AMA

しばらく湿度の高い日が続いた。

エポキシには湿度は禁物と聞いていたので、天候をにらみながら待った。  晴れた日でも夜に雨や霧がでるような日は避けた。

しかし・・・台風が5号10号とやってきているので、完全に晴れる日は今日しかない。

ええい、やっちまおう、と開始。

曇りの日にグラスクロスを被せてマスキングテープで張りを持たせてある。

ボトムの前半部はクロスを二重にしておいた。  何度もクロスを貼るのが面倒なので、テープ状のものを下に置き、全体クロスで抑え込んだ。  一見おむつを当てたように見えるが、エポキシが浸透すれば透明になって見えなくなる。

ワシのAMAはボルトで接続するので右半分と左半分の2体となる。

AMA右

AMA左

前処理として、エポキシを塗るところは、とにかくピンと張った状態にしておくのがワシの流儀。

マスキングテープでかくのごとく留めてある。  その下には液だれ防止のためのマスキングテープがチャインに沿って貼ってある。

テープでたるみを引っ張っている

今回のグラッシングは、ボトム全体からデッキとの境目までクロスを接着できればよい。  クロスをカットする部分は、チャインのボトム側でカットすればよいので気は楽である。  なんとならば、デッキのグラッシング時にはクロスをボトムの半ばまで約5~7㎝ほどオーバーラップさせてあるから。

まあ、そんなに厳密に接着強度は気にする必要はない。  仮にチャイン部のクロスが浮いたとしても、削り取ってしまえば済むことである。

でもま、やりだしたら完璧を求める職人の性(さが)ってのが邪魔して、どうしても綺麗に仕上げようとしてしまうのであるある。

約2時間の作業でボトムのグラッシングが終わった。  

額から滴り落ちる汗がエポキシ容器の中やAMAの上に落ちないようにタオルで鉢巻、襟巻をしてやったのだが、これが逆に体温を上げるので痛し痒しだ。

で、グラッシング状態がこれ・・・

AMA右

穴傷のように見えるのは1回目のグラスの段差、もちっとエポキシ入れればよかったかも・・・次の塗布で埋めよう。

AMA左

暫くして、浮き(オズモーシス)が無いかチェックしたら、ボトムチャイン部が浮いていた。  スクィージーで周辺を外に向かってやさしくこすって浮きを抑えた。

浮きは、エポキシ塗布後、1~2時間経過後に再びチェックし、エポキシに粘着力が残っていれば押さえつけて修正できる筈だ。

 

↓ やれやれ・・・遅々とした進捗ですが・・・クリックして応援をお願いします。

にほんブログ村 アウトドアブログ カヌー・カヤックへ
にほんブログ村

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« AMA グラッシング開始 | トップ | HS Bait 100HL マグブレーキ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Proa AMA」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL