Max Rod Craft Blog

Max Satohのバンブーロッドクラフティングに関するブログ

オリンピック予算を膨らませているのはアスリートではないか?

2016年10月15日 08時56分56秒 | 人生観

こないだTVで、小池都知事が進める東京五輪施設の見直し案に関する番組をやっていたが・・・

番組は、アスリートに直接インタビューしていた。

今の(高い予算の)東京案と、復興五輪を目的とする(安い予算の)地方案、のいずれが良いか、という質問だった。

水泳・・・自分達がベストを出せる施設を希望します、的な返答

      早く施設を使えることが良い結果につながる、というアスリート的な返答

バレーボール・・・具体的なアスリートのインタビューはあったかな?・・・ワシが忘れたのか

ボート・カヌー・・・絶対東京じゃなきゃいやだという返答

いずれのIF(国際競技連盟)というそのスポートの元締めたちは、いずれも原案(高い予算)に執着している。  一顧だにしようとしていないように思える。  金のことは知るか、とでも言っているようだ。

 

こいつら、これでもアスリートか、と思った。    

特に復興五輪を標ぼうした東京招致ではなかったのか?

都民・国民の金をいくら使ってでも、自分らが競技をやりやすい、通いやすい、贅沢な設備で、やりたい。  

 

設備がどうであれ、私たちはベストを尽くし、五輪の精神にのっとり、正々堂々と戦います! 

という返事を期待していたのに・・・

 

大した結果を残せないアスリートがあまり贅沢なことをいうのは・・・都民・国民にはどう映るのかね~?

 

貧乏な家庭で、うちはスポーツなんかやれるほどお金がないんよ・・・という母親に・・・いやだ、絶対にスポーツやりたい・・・という子はいるんだろうか・・・

なけなしのお金をはたいて親が買ってあげたスポーツ用具を・・・いやだ、もっといい用具じゃないとできない・・・という子はいるんだろうか・・・

 

精神においてスポーツ界はすでに五輪の精神を失っているのかも・・・そんな競技会・・・長続きしないと思うよ

五輪を招致したら国が、都市が経済的に疲弊する・・・なんて・・・あってはならない。

 

組織委員会に妖怪がいるのでは?と思っていたら、意外や意外・・・妖怪は国際競技連盟、国内の競技連盟・・・実はアスリートの中にもいた・・・という思いを強くした。

アスリート全体をやり玉に挙げるつもりは毛頭ないが・・・主催者にもちっと協力したらどうなんだね。

スポーツマンシップを発揮してよ!

 

↓ 見直しに賛同する方は、クリック

にほんブログ村 アウトドアブログ カヌー・カヤックへ
にほんブログ村

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 芝刈り のち 砂揚場 | トップ | 欲求不満を解消しに フライ... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (つかさ)
2016-10-15 23:21:41
同意見です 僕もその番組見てました
Unknown (Max)
2016-10-18 18:18:27
いっそのことボートとカヌーは韓国でやったらいいと思うんだけど・・・
5xx億円という予算が浮くよね。
それで待機児童の解消とか介護施設の充実だとかをやったら、すごく問題が片付くとおもうんだけど・・・

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL