グッド的トレード術

225先物情報と個別株情報の部屋 

3月末は陰線が多いようです。

2008-03-31 08:56:01 | 外国人動向
売り2320万株、買い1880万株、差し引き440万株の売り越し。8日ぶりの売り越し。金額ベースも売り越し。米国系、欧州系ともに売り越し。セクター別では、売りは、食品・化学・自動車・不動産など。買いでは、薬品・機械・精密・商社など。

期待のどっれしんぐ買いも終了した後かもしれない。


コメント   トラックバック (3)
この記事をはてなブックマークに追加

海外マーケットから

2008-03-31 08:14:27 | 225先物 or日経平均

金融機関の悪材料が多いですね。気になるのが個人所得が予想よりも多いこと。
これは未だ指標に表れていないだけで今後驚くほど低い数字がでてきます。
金融機関のエキスパートは平均所得の20倍~50倍、中には100倍から1000倍も収入を得ていた人がいます。その業界で7000人以上のリストラがされようとしているわけです。これらが経済指標となって個人所得に表れるのはマダマダ先ですし個人消費に与える影響も更に先のことになります。

・ダウ平均-個人所得が予想を上回るも金融セクターが重石に
・欧州株式市場-建設と小売セクターが相場の重石
・米債券市場-個人消費支出の鈍化を受け2・10年債は上昇
・NY原油先物-イラク南部での石油輸送の再開を受け反落
・NY金-原油安を受け下落
・NY為替-株下落を受けドルは対円で下落
・CRB指数-終値は394.54ポイント、前日比5.77ポイント安の1.44%下落
・米2月個人所得は予想を上回る0.5%増
・米2月個人支出は予想と一致の0.1%増
・米2月PCEコアデフレーターは予想を下回る2.0%増
・米3月ミシガン大学消費者信頼感指数は予想を下回る69.5ポイント
格付け機関のS&PがモノラインFGICを「A」→「BB」に格下げ
・クレディスイスがシティの1Q決算は赤字と見通す
・オッペンハイマーがシティは4月に減配の可能性と、見通す
・米JCペニーが1Qの利益見通しを引き下げ
・米フレモントの銀行部門へ金融当局が2カ月以内に資本増強を指示
・米ノースウェストはデルタとの合併に対して新提案をした模様と、一部で報道
・FRB議長が4月1日に経済住宅問題で下院共和党議員らと会談へ
・米連邦住宅公社監督局局長が住宅ローン金利の凍結は不適切と発言
・ドイツで4大銀行統合によるスーパーバンク構想が浮上

コメント   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

震災の神戸を歩いた時

2008-03-30 23:52:37 | 戯言
コメントで実需買いに対する問いがありましたのでお答えします。
まず現状の経済について世の認識は甘すぎると感じています。

阪神大震災、大阪に住む私はあの日の朝、強烈な違和感のある揺れに目を覚ました。実際には揺れる数秒前になぜか目を覚ましていたような気がする。私に家では揺れが強いというよりも・・揺れ方が異質だった。それ以前にも以後にも経験したことのない揺れ方だった。神戸の街があのようなことになっているのはそれから3時間は知らなかった。部下の弟や友人は神戸や芦屋に住んでいて私のところに頼ってきた。その後日、差し入れのおにぎりを持って電車で行けるところまでいき10キロ以上を徒歩で神戸市まで歩いた。
このときの経験は私のライフラインに対するイメージを一新させました。
避難所の小学校では「あんたも生きてんか?・・よかったなあ」
こういう会話が交わされていました。意味が分かりますか?家も財産もすべてなくした人が「よかったなあ」と心から言い合うのですよ!
「命さえあればやり直せる」 
今の株価下落がなんだ!ライブドアショックがどうした!
「生きててよかたなあ」これがどんなに重い言葉か・・。
そして震災直後はこう言い合っていた人たちが落ち着きを取り戻した時、
求めるものは・・・ライフラインなんです!
世界的に「生きててよかたなあ」の時代に突入していこうとしているかもしれません。これにも背景は多くあるのですが・・・。

現在、米政府はできる限りの対策をタイミングを選んで順次行っています。
しかしどんな対策を打ってもそれは矛先をそれすものであること、損失を分散させるものかどこかに一手に引き受けさせるものでしかないということです。

現職の大統領と副大統領が次期大統領選に立候補しないのは80年ぶり!
そうです。世界恐慌の1年前以来なのです。
今の政策は時間稼ぎ、安心感が広がるころ市場は本当のパニックを迎えることになるでしょう。これは株価が下がることだけではありませんけどね。

さて実需買い候補セクターはいろいろとあるでしょうが・・・。
人類が文明を維持していく上ではやはり重厚長大銘柄にこれから長い目で追いかけるのがいいと思います。
エネルギー、鉄鋼、化学、医療などになるでしょう。

皆さんが生活する上で、節約してもやめるわけにいかないセクターですね。
本当の不況になったとき、たとえばハイパーインフレで物価が今の100倍になっとしましょう。 携帯電話に月百万円払えますか? ゲームソフト1本に五十万円払えますか? 食べるものを調達するので精いっぱいになるでしょう。世界的にはこういった国も実際にあるわけですからね。
ライフラインとその技術関連 エネルギー新技術や最先端関連、農業の技術関連などを研究してみたら面白いと思いますよ。
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

ユビキタスS高!

2008-03-28 16:31:25 | 研究室カキコミより
先週からボチボチと個別銘柄にも注目していましたが今週はエイチアイが2連続S高。今日はユビキタスS高。買われていた方はおめでとうございます。今日、緊急に書きこんだ銘柄も13万前後があれば勝負してください。時価でもいいかもしれませんけど・・・。 来週乗り切れば日経も4月は安定するかもしれませんね。その場合は5月の大暴落に期待しましょう(意外と9月か11月までは崩れにくいかも)

それでもまた来るんですけどね・・世界同時大暴落の日。
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

大幅売り越し

2008-03-28 08:23:32 | 外国人動向

225銘柄シグナル分析 ・MACD買い48銘柄売り29銘柄   ・RCI買い0 銘柄売り10銘柄    ・RSI買い2 銘柄売り71銘柄  押し目なしでの上昇は限度があるでしょう。 

売り2810万株、買い3070万株、差し引き260万株の買い越し。7日連続の買い越し。金額米ースは大幅売り越し。米国系は売り買い交錯、欧州系は買い越し。セクター別では、売りは、化学・電子部品・小売・銀行など。買いは、紙パ・鉄鋼・精密・不動産など。金額ベースでは7日ぶりに売り越しに転じている。

さて今日はしっかり調整してほしいものです。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

グッドの研究室

グッドの研究室 こちらで新規申請,更新ともに受付中。

投資術基本


グッドの研究室 こちらで新規申請,更新ともに受付中。
ブログランキング・にほんブログ村へ