グッド的トレード術

225先物情報と個別株情報の部屋 

政治だけが悪いのか?

2007-12-29 12:51:01 | 戯言
個別に企業のファンダメンタルを見ると日本の企業は何処の国にも負けないものを持っています。
国内に回帰されないのは残念ですがね。
でもTOYOTAをはじめ日本企業は米国で儲けても現地採用するしその土地に根を生やし強い下地が出来ていると思います。世界アンケート「何処の国の人が好きですか?」1位カナダ 2位はなんと日本人
米国、中国、韓国は嫌いな国の人ベスト10入り・・納得。我々はもう少し自信を持って良いと思います。

チャイニーズタウン、コリアンタウンを作り現地で稼いだものをその地域に還元しないのはかなり批判になっています。少し遡ってロサンゼルス暴動は黒人VSコリアンの揉め事が原因。 黒人のリーダーが「日本人には手を出すな」と言ったぐらい日本人は敵対視はされません。
まあ此処まではこういう話が好きなBERのマスターと外国人宿舎を数件経営する
金持ち父さんから聞いた話。

何故、我々が日本人であることに自信を持てないのか?日本は駄目だと思うのか?
政治だけが悪いのか? 根本的には「天下り設立を容認している」ことが原因でしょう。選挙の投票率が悪い・・これじゃあ良いリーダーは生まれない。
「大衆のレベル以上の指導者は出ない」 つまり現在の政治家を選んでいるのも国民の責任なんですよね・・・しかし、官僚の使い込みまでは知ったことじゃない。

国、地方都市の公金の使い方にはいっそう厳しい目を向けて欲しいと思います。
また真面目に公務をこなしている人にも申し訳なく思います。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

来年の注意事項

2007-12-28 17:02:06 | 戯言
中国・インドの低所得者向け住宅ローンは米国の規模を上回ります。
そしてついに英国の不動産価格に鈍化が見られるようになりました。
不動産価格が頭打ちすれば今年並みの下落は中国発&欧州発で確実に起こります。

90年のジャパンマネーと今の中国マネーは大変似ている。
あの時ウォール街の一等地は日本人名義だったんですから!

不動産価格が頭打ちになれば株価も頭打ちを迎える・・・。

コメント (1)   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

やっぱり嵌め込みやがった 金男サックス

2007-12-28 08:25:55 | 戯言
27日にゴールドマン・サックスは同社が来年40%の減配になる可能性を指摘した
。また第4四半期でCDO絡みの損失が187億ドルに達する可能性もあるとした。ゴール
ドマンのウィリアム・タノナ氏はこの信用危機を市場が完全に吸収するのにはまだ
数四半期かかるとし、現在の資本を維持し増強する必要が出てくるとした。これが
嫌気され下落したようだ。

先週、GSの格上げがあったところなのにね。
そしてGSの社員のボーナスは7000万円平均・・。

サブプライムでの世界的損失で消えたお金の多くは彼らの懐へ
コメ国政府にもね! 
この現実を見ても「過剰流動相場で来年は大幅高」と考えている人たちがいる。
彼等が金男サックスの社員にボーナスを払うんですね。
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

この銘柄分かりますか?

2007-12-28 08:07:50 | 銘柄
2003年クラリオン、
2004年りそなHD、
2005年三菱自動車、
2006年住金、
2007年日立

大発会で一番出来高をこなした銘柄です。これらの銘柄は1年相場をリードします。実際には日立よりも海運の方が強烈でしたけどね^^

2008年は・・・なんとなくですが「割り切り銘柄」が活躍しそうな気がします。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

政府系投資ファンド(SWF)

2007-12-27 15:10:48 | 相場動向
最近貰うメール
「SWF(政府系投資ファンド)を各国が設立しマネージャブジャブの状態になるから株価は上昇へ向うんじゃないですか?」と書いてあります。
また「新興国の経済発展を背景に株価は上昇するのでは」と質問されます。


本質を言えばその通り!株価はいつかは上昇します。

ただしSWFにしても世界経済の成長にしても報道されているが、
私には目先売り抜けの為に騒いでいるようにしか思えない。
上昇するためにはまだ乗り越えなくてはならない問題が山積みでしょう。

サブプライム懸念は終息方向?これはとんでもない誤解といっておきます。
米国のサブ懸念にしてもまだ半分程度でしょう。
不動産バブルは米国だけではありません。
1988年~1990年の日本にそっくりな現象が現に中国で起こっているではないですか?欧州しかり!不動産価格が下がってきました。
来年は米国だけではなくほかの国から同様の不良債権問題が出てくる可能性が大いにあります。

ですからそれらの問題をクリアした後でしょう上昇に転じるのは、
政府系ファンドにしても安く買えるならもっと安くなるのを待って買いに回ると思いますよ。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

グッドの研究室

グッドの研究室 こちらで新規申請,更新ともに受付中。

投資術基本


グッドの研究室 こちらで新規申請,更新ともに受付中。
ブログランキング・にほんブログ村へ