グッド的トレード術

225先物情報と個別株情報の部屋 

海運売り

2007-11-30 08:31:41 | 外国人動向
売り4750万株、買い4270万株、差し引き480万株の売り越し。
金額ベースも売り越し。米国系は売り買い交錯、欧州系は小幅売り越し。

売りは、機械・証券・海運・電力など。
買いは、食品・自動車部品・商社・不動産など。
売り買い交錯セクターは、銀行・通信。
各社共通の売りセクターは、海運。
金額ベースは5日ぶりに売り越しに転じた。
下げトレンドの海運に売りが集まる。


海運・・値上げ決定していますから此処からのツッコミは狙っていいと思うのですが売り集中となれば「高値掴みは注意」
コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

今日の外国人

2007-11-29 08:26:41 | 外国人動向
売り3370万株、買い3800万株、差し引き430万株の買い越し。
20営業日ぶりの買い越し。金額ベースも買い越し。
米国系、欧州系ともに買い越し。
売りは、商社・不動産・電力など。
買いは、鉄鋼・電機・自動車・証券など。
売り買い交錯セクターは、薬品・硝子・銀行。
各社共通の売りセクターは、不動産。買いセクターは、証券。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

何処まで戻すか?

2007-11-28 18:09:27 | 戯言
守屋氏が逮捕された。山田洋行との癒着? この一件は根深い。
グッドの知っている所まで踏み込んで追求していくのかどうかは知りませんが・・・ピーナッツは奥歯に挟まるのだ!

銀行株にしても追いかけないほうが良い・・クレジットクランチとは別件でとてつもない悪材料が出てくる可能性がある。(情報スジAランク)

全体相場はリバウンドでしょう。次は某国の資金が入るという噂で上げる。
それでも本格的な下落相場は始まったばかり!
次の暴落は早ければ12月中。遅ければ2月か?その前に何処まで戻すか?



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

面白いでし!

2007-11-28 12:26:14 | 外国人動向

もっちんさん、ごめん面白い質問なのでこちらに貼り付けさせてもらいました。

今までのシナリオが反転する可能性はありませんか? 米は選挙対策が目下の重大事として意識されている。本邦も潜行してはいるが両陣営がいつ解散総選挙という事態があってもおかしくないと意識しつつ、既に準備が進められつつある...。 たとえバブルとなろうとも..、なりふりかまわず米は利下げし、株安値つけると思われていた流れが反転、想定した日柄が高値に置き換えられる.

 

もちろんありえますよ~^^
それが高値更新になるか2番天井になるかは別ですけどね。
グッド的には「米国は利上げをする」と思っています。
米国は内需はガタガタですけど外需は前年比100%upなんて企業続出してます。
利下げをして自国の製品を新興国に流通させる。

言っておきますが米国の製品は日本製品とは比べ物にならない!勿論、日本の技術の方が商品へのフィードバックは進んでいる。GMなんて技術を開発せずにローンの組み方を研究して利益を追っていた。米国の製造業はファイナンス化して技術屋ではなくなった。ただし金融商品を開発させたりするのは最先端。サブプライムもしかり!

話を戻しますが結局、ドルが安くなり新興国に米国製品を流通させればドル決済が増える。ドルは価値を取り戻す。増田氏の言葉を借りれば「全ての道はドルに通じる」

日経は米国との金利スプレッドが縮小して円高になり目先は売られるがコストダウンが進めば内需拡大とナリ大きく上昇することになる。

ただし現状はドル安ショックのコスト高が進んでいる状況。コストダウンになれば内需が日経を押し上げることになります。今は調整時期。 この調整がどこまで下値を付けることになるのかいつまで続くのかというのが焦点。

14000円レベルなのか、10000円なのか? はたまた7000円を割るようなことがあるのか? それは相場の神のみぞ知る。

相場の神というのは「神様」ではなくて個人をはめ込んでいる「糞野郎」共のことです。この中にはパーナンキもポールソンも入ります^^

米国には「エシュロン」という恐ろしいものがありますから、米国の悪口を書く時は
「コメ国」と書きます。

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

戻り売りはどこで?

2007-11-28 08:32:49 | 外国人動向

昨夜のNYの強気材料
・米インテルはJPモルガンが収益見通しを引き上げ
・米シティは75億ドル出資を受け入れ反発

弱気材料はまだまだこれから出てきます。
・米11月消費者信頼感指数は予想を下回る87.3ポイント
・米ケースシラー住宅価格指数は前月比0.9%減

・米ア・カナダのバンク・オブ・モントリオールの8-10月決算は35%減益ナログデバイセズの4Q決算は市場予想と一致の29%減益
・ハーバード米大統領補佐官がリセッションの確立は高まっていると発言
・ゴールドマンサックスは米景気見通しを下方修正し、失業率も増加との見通し

クレディ・スイスは、米金融大手シティグループ <C.N>の第4・四半期の純損失予想を1株当たり0.59ドルから、0.70ドルに下方修正した。  資本市場が一段と悪化していることが理由。  投資判断と目標株価は、それぞれ「ニュートラル」、35ドルで据え置いた

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

グッドの研究室

グッドの研究室 こちらで新規申請,更新ともに受付中。

投資術基本


グッドの研究室 こちらで新規申請,更新ともに受付中。
ブログランキング・にほんブログ村へ