グッド的トレード術

225先物情報と個別株情報の部屋 

言い方を変えても保護貿易ですから

2017-03-20 20:12:29 | 相場動向

保護貿易は保護貿易です。

ただ米国の言い分も確かに正しい部分はあるかと思っています。

所詮、アベノミクスや日銀のやっていることは「為替操作」の域を出ない結果ですし。

アベノミクスは追加緩和による円安で期待されていたわけですから。

円安で日本が儲かれば、日本経済強しで円高になります。 
それが市場原理の法則ですが、そこに追加緩和で円安を維持させてたわけですからね。

なので2国間協議が始まれば、円安ならば関税を上げる、妥当な為替の範囲などの
取り決めが行われるのかもしれませんね。

グローバル化が進んでからのドル円は、1ドル80~120円中心。

これが事実でしょ、金利差が4.5%ほど開いて125円ほど、サブプライム危機で77円
2015年の1ドル126円台は折り込みすぎも良いところ、昨年末の118円も円安すぎです。

金利差拡大してキャリートレード全盛で120円越えが妥当だとしても
キャリートレード活発化するのは3%、いや4%近くまで金利差が開かないとね。
旨味よりもリスクが高いと思います。
現在2.5%ないぐらいですからね、既に高すぎるぐらい。
3%超えれば急騰してくる可能性があるのですが・・・未だに折り込み過ぎです。
まあツッコめば買われるでしょうが・・・2国間協議の内容次第ですね。
まあ、配当取り時に株価が高くなるのと似てますわ。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 原油の生産コスト/OPEC減... | トップ | 海外市況 現時点では底堅い日経 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。