グッド的トレード術

225先物情報と個別株情報の部屋 

米市場 北リスクの影響は小さい

2017-09-23 07:05:08 | 昨夜の市況
指標 寄値 高値 安値 終値 前日比 騰落率
NYダウ 22,334.07 22,364.31 22,299.58 22,349.59 -9.64 -0.04
S&P500 2,497.26 2,503.47 2,496.54 2,502.22 +1.62 +0.07
ナスダック総合 6,401.44 6,429.54 6,400.81 6,426.92 +4.23 +0.07
CME225先物 20,235 20,285 20,125 20,200 +20 +0.10
日経先物大証夜間 20170 20220 20150 20200 +20 +0.10

米国株式市場ではアップルがやや下げたもののS&P総合500種は小幅高 で終了。
・米医療保険制度改革(オバマケア)改廃法案を巡る懸念が緩和した
・市場が北朝鮮情勢を巡る懸念をそれほど重要視しなくなった


この日は米共和党の重鎮であるジョン・マケイン上院議員が上院共和党が来週採決を 
行うとしている医療保険制度改革(オバマケア)改廃に向けた新たな法案について反対票 
を投じると表明。これを受け保険株が地合いを回復し、S&Pヘルスケア指数は0.1% 
高で取引を終えた。 


北朝鮮が水爆実験を実施する可能性を示唆したことで一部投資家の間で金などの安全 
資産に資金をシフトさせる動きが見られたが、北朝鮮を巡る緊張はここ数カ月間にわたり 
高まった状態にあるため、市場はこうした状況に対処できるとの見方も出ている。 
アントネリ氏は「あまりにも警告が続くと、インパクトは薄れていく」としている。 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

グッドの研究室

グッドの研究室 こちらで新規申請,更新ともに受付中。

投資術基本


グッドの研究室 こちらで新規申請,更新ともに受付中。
ブログランキング・にほんブログ村へ