ひろみの「PM9」

YAZAWAなライブとYAZAWAな言葉
永ちゃん最高~!!
マジな永ちゃんに、どこまでも付いて行きます♪

この波風は、今、必要なんだと僕は信じてる!

2013年01月27日 12時56分57秒 | 矢沢語録

昨日は道北稚内などで猛烈な吹雪だったようです

稚内のすぐ下に位置する音威子府村では一日の降雪量が90cmだったとか

元々、豪雪地帯ですが・・

「どれだけ降ったら気が済むの?!」って感じです

反対に札幌ではツルツル路面

私は、とうとう初転びしちゃいましたぁ~

今朝は色んなところが痛くて。。。

やっぱり、冬の厳しさ吹き飛ばす永ちゃんの夏歌聴かなくちゃ~

 

と、いうことで・・

しばらく聴いていなかった82年のアルバム『P・M・9』

「LAHIAINA」とか「YES MY LOVE」「熱帯夜」などの夏歌の他にも

「ROCK ME TONGHT」「JEALOUSY」など名曲揃いですよね

 

83年の『I am a Model』も最高に夏気分

「ミスティ」「このまま・・」「シーサイド#9001」などなど・・

 

 二枚ともロスでレコーディングしているので

「夏」「リゾート」 「けだるい夕暮れ」ってイメージです

所で・・

「シーサイド#9001」は、セリフ入りの珍しい曲なのですが

以前一度だけ(ライブハウスツアーの時)生歌を聴いたことが有ります

永ちゃん、もの凄く照れちゃって(ちょっと顔が赤くなっていたような。。)

「アイ ラブ ユゥ~~」って叫んでいました

 

私の選んだ矢沢語録

             2003年「Club news」95

 

2003年のツアーから徹底的に実行された

飲酒規制についてのインタビューから・・

 

『なぜ、こういうことを実行するに至ったかと言えば、

もう何度も言ってきたけど

ほかのファンの人から山ほどクレームがくる歴史があったからなんだよ。

でも、今、新しい時代はもう目の前にきてる。

新しいファンもどんどん増えてる。そしたら、やっぱり

今までみたいな、ロックは他人に不快感を与えようが何だろうが、

ぐしゃぐしゃになっても

自分が楽しければいいじゃん、っていうのは、もう違うんだよ!

新しいロックのスタイル「EY stlye」は、

今やらなければいけないと僕は思いました。

 

いつの時代でもそうだけど、

新しいことをやろうと思ったら必ず波風が立ちまくる。

矢沢は、キャロルの頃からずっと波風が立つことをやってきた。

波風を起こし続けてきた。

矢沢の新しいロックショーの為に、

今のこの波風は、立てなきゃならないものなんだよ。

コンサートは総合力だからね。

僕だけじゃできないし。スタッフだけでもダメ。

僕もスタッフもファンもいて、みんなで作りあげていくものだから。

 

ファンからは賛否両論きてるけど、

新しい時代をみんなで作っていきたいからこそ、

この波風は、今、必要なんだと僕は信じてる。』

 

あれから10年もたったのですね。。。

あの時から徹底的にやって本当に良かったと思います

昨年の日産スタジアム「BLUE SKY」で

ハッキリと効果が表れていたと思いました

6万人以上の人が集まっても、トラブルもなく・・ファン層も格段に広がり

みんな幸せそうで

あらためて・・

永ちゃんの勇気 決断に拍手したいです

 

コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

俺のほうがサービスされたいんだけどさ・・

2013年01月19日 20時56分17秒 | 矢沢語録

昨日は朝から猛烈な吹雪で気温も低く・・

ー12℃から、ほとんど上がらず 

とても寒い一日でした

そんな寒い日の外歩きには、フード付きダウンコートの背中に(肩甲骨の所)

ホッカイロを貼ると暖かく過ごせます

所が、今日は一転、気温が上がり最高気温はー1℃でした

でも、時々吹雪いていて・・新雪で街じゅう真っ白

「もう、そろそろ寒さも飽きちゃったなぁ~!」と思った時は

永ちゃんの夏歌を聴くとハッピーになれます

まずは「棕櫚の影に」

続いて「1AM」「エンドレス・サマー」などなど

 

永ちゃん流に言うと・・・

「気分だよ気分」なのですね~

夏の花「サフィニアと水草

 

 

私の選んだ矢沢語録

           

             2003年「Club news」95より

 

『今年は終わってから、ずっとかみさんと一緒だったのよ。

かみさんの友達もいたかな。

一緒にいながら俺は思った。

「俺はなんて優しい男なんだろう」って(笑)

もう、完璧に女房サービスだよね。

俺のほうがサービスされたいんだけどさ。

うん、でも、もし「コンサート終了後に、どんなサービスをされたいか?」って

聞かれたら、俺はたぶん、

スタッフと、さんざっぱら飲んだ後、

「ひとりにして放っておいてくれ」って言うかもしれないね。

それで、客が誰もいないようなスナックに行って、

そこのマスターーも、酒注いで「お疲れさまでした」って言ったっきり

何も言わずに放っておいてくれる。

そこで、ひとりポツンと飲んでる。

そういうのが俺の理想なのかもね。』

 

 

ひとりポツンと飲んでいる。。。

それが永ちゃんの理想なのですね~

それだけ一人の時間が少ないってことでしょうか??

それとも。。。

ステージに立っているスーパー・スターの本当の気持ちは

他の誰とも共有出来ないし・・

ステージを思い出しながら「今年もヤッタな~!」とか。。

しみじみ余韻を楽しんだり

 

 

そんな誰も居ないようなスナックで・・もしも永ちゃんと遭遇したら

私達フアンは声をかけてはいけませんね 

そーっと見ているだけにしましょう

って。。。

そんな事、絶対無理ですか

やっぱり「握手だけでも・・」とか言っちゃいますよね~

いえいえ・・

緊張で何も言えず、そ~っと見つめるだけかも

 

以前・・

ライブ・ハウス・ツアー沖縄最終日の夜

「ホテルのバーで一人飲んでたら、フアンの人がトイレまで追い掛けてきて・・」

と、ものすごく怒っていた事がありました。。。

う~ん。。。

永ちゃんの気持ちも分かるし

そのフアンの方の気持ちも痛いほど分かります

が!ここは・・

大人のフアンとして我慢しなければいけないのでしょうね~

 

 

 

 

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

「レ・ミゼラブル」

2013年01月14日 20時06分03秒 | 映画

今日は、成人式だというのに・・

関東沖で爆弾低気圧が発達

関東、甲信などの、かなり広い範囲で雪になったようです

TVニュースでは、横浜が吹雪で真っ白になっていてビックリ

積雪は13cmだったそうです

晴れ着を着た新成人がグチャグチャの雪に足を取られ

何だか、かわいそうでしたが・・

道内では成人式に大荒れ!猛吹雪って事は、よくある話しで

私の時も吹雪きで大変でしたぁ。。。(大昔の話です

今は亡き父が、車で美容院に送ってくれ・・

その後、会場に向かう時、吹雪で道路の雪壁に突っ込んでしまい

時間は、せまってくるし・・

私は着物を着ていたので、父が一人で頑張って車を雪山から出して

無事会場に送ってくれました

あの時は大変だったな~!なんて・・

懐かしく思い出してしまいました

 

先日・・

話題のミュージカル映画「レ・ミゼラブル」を観てきました

大好きなヒュー・ジャックマンが主演なので、かなり期待して観たのですが・・

う~ん。。

音響は素晴らしく

最初のシーンの迫力には圧倒されます

ヒュー・ジャックマンも役作りのために、ゲキ痩せ

ストーリーは何度も映画などで見ているので、新鮮味はありません。。

不覚にも途中、ウトウトしてしまいました

(前日、寝不足だったのですよね~

でも・・

革命シーンに入ると若い人達の思いが伝わって来て感動したし

最後に全員で歌うシーンは胸が熱くなり・・涙が出ました

そして、映画が終わった時、会場からは拍手も湧き上がっていました

 

私としては、期待が大き過ぎたせいか・・踊りが全く無かったせいか・・

あと一歩、気持ちが入らなかったです

 

「レ・ミゼラブル」の映画では

リーアム・ニーソンがバルジャンを演じた1997年の作品が

とても感動的でした

今回、なにが違うのか??と考えてみると

悪役、シャベール役のラッセル・クロウのせいかと。。。

歌は、意外と上手なのですが

イメージのせいか?それとも・・

あまりに、ふくよかで。。意義悪そうに見えないのです

 

1997年の映画では「英国王のスピーチ」で良い味をだしていた

ジフェリー・ラッシュが何とも執念深いシャベールを演じていて・・

恐怖も感じるほどの悪役ぶり

やっぱり・・

良い作品は悪役が良くないとですね~

 

 

 

 

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

シャツの裾が気になるツアー?!

2013年01月13日 19時59分03秒 | 矢沢永吉

年が明けて早13日

道内は、いまだに真冬日が続いていますが

今では、けっこう寒さにも慣れました

ー2~3℃位だと、なんだかもう暖かく感じちゃってます

今日、矢沢公式サイトを見てみると、

永ちゃんからの新年メッセージ映像が出ていました

昨年は、これも無く・・ちょっと心配したりしましたね・・

 

2012年の活動について・・

「すごかった!」「よく走ってこれたと思います・・」

「武道館で声が出ないことがあった・・声が出ないことで、

もがいている矢沢がカッコ良かった!と言ってくれる人がいた」と・・

 

2013年については・・

「引くところをもっと大事に・・」

「引きがあるから又したくなる」

最後に

「神様に感謝」そして

「ステージで死にたいです!」と、力強く言ってくれた永ちゃん

今年の活動は地味かもしれませんが

ゆっくり休んで頂いて・・又、元気なステージを観せて頂ければ

私は、それが最高だと思います

 

所で・・

先日、首領罠~ドンワナさんからコメント頂きまして・・

久しぶりに

「EIKICHI YAZAWA CONCERT TOUR”Z”2001」が観たくなりました

このツアーはセットリストが大好きです

オープニングが「さまよい」なのがもう・・

「きゃ~!最高~~」って感じですし

詞の世界が、たまらない「SORRY・・」次が「さめた肌」「あの夜・・・」と

もう~大好きを通り越して「DNAが騒ぐ」と、いうか・・

この3曲

私としては、どうしても惹かれてしまうメロディなのですよね

「SORRY・・」もう一度、生で聴きたいです

 

そして・・

札幌では、いつもの髪型だった永ちゃんが

このDVDではリーゼントになってる

思えば、これが最後のリーゼント姿でしたね。。。

それから衣装

札幌では、ちょっと古めのラインのスーツだったのが

最新スーツに変わっています

ダンサーやオーケストラは入っているし・・それはそれはゴージャス

「武道館は、やっぱり違う!」と、シミジミ感じたのでしたぁ

もうひとつ・・

この時のMCは最高に笑える爆笑ネタで~す

 

アンコールは・・

「Ha~Ha~」に「トラバス」

おまけにドラマチックにアレンジしたバラード「永遠のひとかけら」と・・

豪華絢爛

なをかつ・・

二度目のアンコールに登場した永ちゃん

「恋の列車はリバープール発」で、これでもかって程の大サービス

 

どうでしょう・・

「恋の列車はリバープール発」これ最後に毎回やって欲しいですね~

 

バックバンドも良かったですし

特にギターの2人がカッコ良かった

コーラスの2人も金髪美人でスタイル抜群

と・・

何も言うことが無いほど最高のライブでしたが

気になることが一つだけ・・

4曲目くらいから、シャツの裾を半分出してラフな感じにしていたのですが

ジャケットを脱いでもシャツが半分しか出ていない・・

私は、それが何だか・・とっても気になって仕方がない・・

襟の形もキリリとカッコ良いドレスシャツ

汗で濡れて何ともセクシーなのに・・

シャツの裾だけが、どうしてもだらしない

その後、全部出してくれたのでホッと安心したりして。。。

 

どちらにしても楽しいDVD「Z」なのでしたぁ 

DISC 1

TRACK
さまよい
ため息
Brother!
SORRY・・・
さめた肌
あの夜・・・
風の中のおまえ
FADE AWAY
WANT YOU
ミッドナイトファイティングボーイ
ハートなんてクソくらえ
背中ごしのI LOVE YOU
YOU
YOKO
夏の終り(弾き語り)
パセオラの風が(弾き語り)
チャイナタウン(弾き語り)
苦い雨
雨に打たれて
ディスコティック
PURE GOLD ENCORE
止まらないHa~Ha
トラベリン・バス
永遠のひとかけら ENCORE 2
恋の列車はリバプール発
コメント (7)
この記事をはてなブックマークに追加

シャベルでパカパカ掘り起こす?!

2013年01月03日 15時03分18秒 | 矢沢語録

皆様、新年明けまして、おめでとうございます

今年も、相変わらず矢沢三昧の一年になると思いますので

ヨロシクお願いいたしま~す

 

年明けの3日間・・札幌は、とても穏やかでしたが

道内は広いので一部では猛烈な吹雪もあったようです

 

さて・・

紅白の永ちゃんです

2曲は歌ってくれると思っていましたが・・

「It’s Up To You!」の一曲でしたね。。。

永ちゃんと共に特別枠のMISIAさん

なんと、アフリカ・ナミビア共和国からの衛星中継でした

歌声も映像も素晴らしく

 (ミナブ砂漠と雲一つ無い青空が、本当にキレイ!)

バラードを2曲も熱唱しちゃったし・・

NHKの映像美を見せ付ける感じでしたね

その分、時間的に押してしまったのかなぁ。。なんて思いました

 

1曲でも・・

さすが永ちゃんの存在感は際立っていて・・

声も動きも、もちろんバッチリ

衣装の黒スーツもカッコ良かったぁ~

今回は、マイクターンも入り

これぞ「矢沢スタイル」って感じでしたね~

「なにか一言」と、いわれ「ありがとうございました!」って・・

少し照れていたのも永ちゃんらしく、ステキでした

 

それにしても・・

常に「客席総立ち」が当たり前の永ちゃんが

「客席総座り」って・・

何だか調子狂っちゃうでしょうね。。。

 

紅白の視聴率は5年連続40%超えとの事でしたが

全体的に新鮮味が無く・・

長時間見ているのが少々苦痛でした。。。

その中で、嵐の「Face Down」

ダンスと映像とのコラボが、とても新鮮に感じました

今回、「嵐」有っての紅白だったな~と、思えるほどの大活躍

人気絶頂の「嵐」・・メンバー全員、とても感じが良くて

とても爽やかでした

 

 

私の選んだ矢沢語録

         40周年記念ライブ 「BLUE SKY」パンフレットより・・

 

「キャロルの時代から40年、ずっとやり続けてきたわけですけど、

興味が湧いたことには、次々と扉を開けてきた。

ここに何かが埋まってるんじゃないかと思ったら、

シャベルでパカパカ掘り起こしてきた。それがなかったら、

最新アルバム『Last Song』まで辿り着けなかったと思いますね。

「この扉の向こうに何かあるんじゃないか?」っていう好奇心があったら、

バールを持って来て、それで扉をこじあけるべきだと思う。

そうすれば、必ず何か面白いものが見つかるから。」

 

 

そうですか・・

バールまで持ち出しますか

何だか私も、新しい何かを掘り起こしたくなりました

人間、好奇心を持ち続ける事が大切なんですね~

 

コメント (7)
この記事をはてなブックマークに追加