ひろみの「PM9」

YAZAWAなライブとYAZAWAな言葉
永ちゃん最高~!!
マジな永ちゃんに、どこまでも付いて行きます♪

「ALWAYS三丁目の夕日’64」

2012年01月30日 16時58分37秒 | 映画

先日「ALWAYS三丁目の夕日’64」を見て来ました

3Dでしたので、ちょっと目が疲れましたが

東京タワーや街中が超立体的に見えて・・

自分が映画の中に入り込んでしまったような・・何だか不思議な感覚でした

 

(ストーリー)

昭和39年、東京オリンピック開催の年。

戦後19年目にして見事な復興を遂げた日本は、

高度経済成長の真っただ中にあり、熱気にあふれていた。

そんな中、夕日町三丁目では、

以前と同じように人情味溢れるやり取りが繰り広げられていた。

もうすぐ家族が一人増える予定の茶川家、

事業も快調で“日本一の会社にする”夢にまっしぐらの鈴木オート。

三丁目の住民たちは、それぞれに賑やかな日常を過ごしているが、

中には人生の転機を迎える人もいて……。

[監督]山崎 貴
[出演]吉岡秀隆堤 真一小雪 ほか

>> 『ALWAYS 三丁目の夕日'64』作品情報

 

で・・感想は

「懐かしさ満載笑いあり涙あり・・楽しかったー

 

当時・・

大人も子供もTVで女子バレー「東洋の魔女」を見て大興奮していたのを

思い出しました

終戦からまだ19年だというのに、早くもオリンピックを成功させた

負けず嫌の日本人の頑張り

当時の日本は、本当に元気いっぱい

夢いっぱいだったな~って思うと・・

胸が熱くなってしまいました

周りの観客も同じように鼻水グズグズでした・・

 

私は、まだ小学生で・・

毎日友達と「オリンピックごっこ」して遊んでいました

「オリンピックごっこ」とは・・

開会式の入場行進の真似です

オリンピック行進曲を歌いながら・・パッと右手を斜めに上げ・・

左手で帽子を取って胸に当てるポーズをしながら

皆で行進するわけです

 

この映画は細部が、とても楽しいです

足踏みミシンに掛けてある「ゴブラン織りのカバー」や・・

「木彫りのハガキ挿し

店先に置いてあった「福助人形」

「花柄のポット」などなど・・

古き良き昭和が忠実に再現されています

 

それから・・

堀北真希ちゃんの花嫁姿が、とても上品でキレイ

そういえば・・

当時の職場では女子社員を「○○ちゃん」とか名前で呼んでいました・・

本当の家族のように結婚の世話をしたり・・

今、そんな事したらセクハラで訴えられたりして・・

それが良いとか悪いとかではなく

「そんな時代だったなぁ~!」と・・

なにしろ・・懐かしさ満載なので

ストーリーに関係なく楽しい映画です

 

 

 

 

 

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

『奴に・・・』

2012年01月26日 20時43分07秒 | 矢沢永吉

今朝は、占冠村で-31.4℃を記録

札幌は-11℃でしたが・・

冬晴れの、まっ青な空が、とても気持ち良く

気温が上がると嵐になる事が多い冬は・・

多少寒くても冬晴れの方が私は嬉しいです

でも・・

ここまで気温が下がると帽子やフードで耳を守らないと

ちょっとヤバイです

 

先日・・NHKの「北海道穴場ハンター」というローカルな番組に、

旭川の『いも屋「永吉」』という、お店が紹介されていまして

「矢沢ファンが焼き芋屋さん」 

え???って。。

私は、ついつい見入ってしまいましたぁ~

その方は・・

渋い髭と、一つにまとめたロン毛が、すご~くカッコ良い男性

なぜか、ギター片手に「もうひとりの俺」を歌っていて・・

歌も上手くてビックリ

 お店には永ちゃんのポスターが沢山飾ってあり・・

例のスタンド・マイクも置いてありました

ふむふむ。。

実物大のスタンド・マイクは、こんな風に置くと映えるのか~と・・

妙~に納得

 もちろん焼き芋も美味しそうでした

 

話しは変わり・・

今回も前回の続きです

 

大津あきらさんの渋い詞と洗練の矢沢メロディ

矢沢の男っぽいボーカルが最高にカッコ良い、この曲

 

アルバム「永吉」8曲目に入っている『奴に・・・』

 

Hey!ジョー

長距離走る トラックの窓

消したい都会 映ってるか

 

いいさもう 夢はお前を

苦しめただけ

暮らしな ただ 女のために

 

手垢まみれの

ひび割れた Guitar

別れにくれた お前

 

どこに向かう

夜汽車だったか いつかお前が

見せた写真 女の笑顔

 

この人生 引き換えだと

照れていたよな

戻りな 今 ただの男に

 

この詞にはドラマが有りますね~~

女をヤツと読ませていますが・・

これは・・

この主人公も知っている女性と友達が一緒になった!と

思うわけですが・・どうなんでしょう??

女性のために夢を諦めてしまった・・

そんな、ちょっと切なさが胸に響く名曲なのです

あまりに渋すぎて、ライブで歌われる事は

ほとんど無いと思われますが・・

一度、生歌で聴いてみたいものです

 

 

 

 

 

コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

1000℃くらいに燃えている・・?!

2012年01月23日 20時04分00秒 | 矢沢永吉

大寒も過ぎて・・週末はプラス気温まで上がって

ちょっと一息って感じでした

でも・・明日からは又、-10℃くらいまで下がってくるようです

 

昨年のツアーで札幌2日目に歌ってくれた

『”カサノバ”と囁いて』

逢いたくて 抱けなくて  あてなく  雑踏へ 

この街裸にタワーライト  彼女の居場所を照らせ 

 

う~ん

最高に大人な・・カッコ良い~曲ですね~~

で・・作詞は大津あきらさん

素晴らしい作詞家でしたが47歳の若さで亡くなられています

その・・亡くなった1997年の「Club News 69」に

追悼インタビュー記事が載っていました

 

 

Q 矢沢のロックとバラード、それぞれの魅力ってどんなところでしょうか?

A どんなに激しいロックンロール歌ってても、

  息抜くとこ無いんですよね。ゼッタイ。

  身体は1000℃くらいに燃えてて、

  言葉の微妙なフレーズの言い回しも、

  それが例えバラードであっても、いっも真っ赤に燃えてるんですよ。

 

  聴いてて、それが凄く分かる。

  矢沢さんはアメリカに行って、散々な目にも遭ったりしたと思うんです。

  そういうことをクリアして来たからこそ

  本当の激しさとか優しさ、切なさみたいなものが出せるんですよ。

  他のボーカリストや歌手でも、優しい人っているんだろうけど、

  あの人の場合、本当の修羅場をくぐって来ているから本物だし、

  歌も一緒だと思うんですよ。

  だからこそみんな、自分が感じたものを

  矢沢さんから、もっと吸収したくて集まるんだろうし、

  がんばろうって言うんじゃないですか。

 

 私は、20曲以上もある大津さんとの作品のなかでも

「時計仕掛けの日々」「切り札を探せ」「涙が・・涙が」「心花よ」

などが・・好きですね~~ 渋いですね~~

全て名曲と言えるほど素晴らしい作品群ですが

二人とも、

最高に脂が乗っていた頃の出会いだったのでしょうねー

 

 

 

 

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

ダルビッシュ投手レンジャースと契約!

2012年01月19日 20時20分32秒 | スポーツ


「時事通信」より・・

 ポスティングシステム(入札制度)を利用して

米大リーグ挑戦を目指していた日本ハムダルビッシュ有投手(25)の

レンジャーズ入団が18日、決まった。

同日、レンジャーズが同投手と2017年までの6年契約で合意したと発表した。

 米メディアによると、

年俸総額約6000万ドル(約46億2000万円)で、

松坂大輔投手がレッドソックス入りした際の6年総額5200万ドルを上回った。

背番号は日本ハム時代と同じ「11」になる。

 

レンジャーズのノーラン・ライアン社長は・・

「今まで出会った中で最も才能あふれる投手の一人。

体格、スタミナ、野球センスも含め抜きんでている。」って・・

絶賛でしたぁー

ニュース番組では朝から晩まで、この話題でもちきり

「日ハム」で7年間エースとして大活躍してくれた

ダルビッシュ投手ですから・・

大リーグに行ってしまうのは本当に寂しいのですが

それでも・・

大部分の道民は大リーグでの活躍を

心から応援していると思います

頑張れ~~

そして、ありがとう~~~

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ギターソロを見ない矢沢ファンとは・・?!

2012年01月14日 20時49分52秒 | 矢沢永吉

今日も、また寒~~い一日でした。。。

永ちゃんは・・全く動きがないので少し寂しいです

でも、ゆっくり休んでリフレッシュして欲しいような気もします

 

今日は・・

1996年の「Club news67」から

 以前、永ちゃんのライブでも大活躍のギターリスト

元「ドゥービー・ブラザーズ」のジョン・マクフィーさんへのインタビューより・・

 

『最初に来た時はドゥービーのメンバーが何人かいたし、

俺達がいればドゥービーというだけで良いステージができるって、

無意識のうちに思っていたと思うんです。

で、初めてのショーの時に永ちゃんコールを聞いて

「何だこれは?」って、びっくりして、

ステージに実際立って改めて、観客から来るエネルギーがすごい!!

って、思いました。

そしてソロで前に出た時に始めて気付いたことは、

この会場にいる何千、何万の中で二人位しか僕の事を、みてないって(笑)

そんなに自分の事をエゴイストとは、思わないけど、

ドゥービーでギターソロって言えば、みんな自分をみると思ってましたから、

永ちゃんがファンから、すごく愛されていることに

とてもびっくりしました。』

 

確かに・・

ほとんど永ちゃんしか観てませ~ん

私も、この頃やっとギターソロなどの時は永ちゃんコールをしないで

ちゃんと聴くようにしています

が・・以前は、常に永ちゃんに釘付けでした

そんなファンばっかりですから

世界的なギタリストも真っ青ですよねーーー

矢沢の吸引力は本当に強力です

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

柳月「黒みつかりん」

2012年01月11日 21時11分22秒 | 大好きオヤツ

今日は、かなり冷え込みましたーー

日本一寒い街で有名な「陸別」では氷点下24.8℃

札幌は最高気温でも、-5℃・・

ここまで冷えると路面は滑らなくなり

歩くと雪がキュキュって鳴ります

お昼からは風も強くなり地吹雪に・・

体感気温は急降下

 

そんな寒い日は、早くお家に帰って・・

ほっこりと、美味しい物でも食べるのが一番ですね~

 

帯広の名店『柳月』の

「黒みつかりん」は、かりんとう味が懐かしい、あげ饅頭です

「十勝みるく」も、濃厚なミルク味が美味しいです

 

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

オレの「オレ」との闘いとは・・・?!

2012年01月09日 20時13分33秒 | 矢沢語録

私の選んだ矢沢語録

        矢沢永吉激論集「成りあがり」より

  

 

『ファンって大事。そんなのは常識だ。

そんなふうなことは、当然の当然。

オレに言わせれば、ファンっていうのは冷たい。身勝手なのね。

これは、悪いってことじゃないよ。そういうものだ。

よく見てる、オレたちを。

だから怖い。そして幼い。そういうことを全部含めてファンだと思う。

それを知ってるか知らないかじや、大きな違いがある。

浮かれちゃいけないし、媚びちゃいけないと思っている。

 

オレ、六割は、自分指向でやってる。

オレのオリジナリティーを出して説得していく。

ファンよりも先を走る。

合わせよう合わせようと考えてるやつには、本物はできない。

もちろん、ファンが何を求めてるか、考える。

でも、それをあんまり意識したくないんだ。

それが信条だね。

「オレ」なんだ、まず。

オレの「オレ」との闘い。

それをファンが評価すればいい。』

 

本当に永ちゃんは全くブレないですねーー

今も昔も同じ事を言ってるし・・実行しています

「オレ」との闘いを信条に

40年間トップを走り続けて来た永ちゃんです

 

自分に甘く・・

すぐグズグズになってしまう私としては

もう。。それだけで尊敬してしまいます

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

やる気で震えていた永ちゃん!

2012年01月05日 15時01分27秒 | 矢沢語録

明けまして、おめでとうございます

今年も又、永ちゃんパワーを貰いながら

マイペースで書き続けていきたいと思いますので

よろしく、お願い致します

12月の誕生日には永ちゃん(ダイアモンド・ムーン)から

「素敵な一年になりますように!」との

ビデオメッセージを、もらいました

 

さて・・

そろそろ永ちゃんの年始の挨拶が公式サイト

発表される頃なのですが

まだ何も出ていませんね。。。

永ちゃんは、まだまだバカンスでしょうか??それとも。。。

 

って事で・・今年も

私の選んだ矢沢語録

           矢沢永吉激論集「成りあがり」より

 

『ロスに行くってのは、オレの賭けでもあったわけ。

費用は全部自分持ちだよ。通訳の人の分まで。

一回、裸になった。あの時は。

キャロルの印税、全部投げ出した。

 

CBSソニーに立て替えてもらったりしたけど、

借金だからね、それも。

大勝負よ。1アーチストが、ン千万借金してやるんだから。

聞いてよ聞いてよ、そのへんは根性ありますよ。

そのくらいの根性なくて、いまの矢沢はないですよ。

 

いざという時に必要っていったろ、金が。

そういう大勝負を逃げられないだろう。

金がなくって逃げてしまうわけにはいかん。

みっともないじゃない。

あの時のオレっていうのは、

ここから始まるんだ、自分に言い聞かせてた。

広島から出てきた時の感覚を維持しないと危険だって。

やる気で震えてたよ。

 

落ち込んでもおかしくない状況があっても、

やる気で消してしまう。

そういう性格みたいオレって。』

 

 キャロル解散後・・速攻でCBSソニーに移籍

ロスで「アイ・ラブ・ユーOK」を録音してきた頃のお話です

全財産投げ出して勝負にでた永ちゃん

やる気で震えていた、永ちゃんの心意気に感動してしまいます

 

 

 

 

 

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加