ひろみの「PM9」

YAZAWAなライブとYAZAWAな言葉
永ちゃん最高~!!
マジな永ちゃんに、どこまでも付いて行きます♪

「矢沢節」は・・せつなさが胸に響く

2011年09月27日 21時37分12秒 | 矢沢永吉

永ちゃんには、ロックもバラードも

素晴らしい曲が本当に沢山有りますが・・

ライブなどで聴くと

「ゴールドラッシュ」に代表されるテンポが少しゆっくりの

いわゆる「凄みのある矢沢節」って感じの曲が

胸に強烈に響いてきます

一度聴いたら、もう・・忘れられなくなるわけです

 

「レイニー・ウエイ」

    胸に焼きつく サヨナラは

     おまえにすれば 最後の言葉・・

 

「あの夜」

    あの夜も霧雨が・・死んでもいいよと駆けてきた

 

「金曜日のフリーズ・ムーン」

    明日を夢見て 今夜も この街を歩いてゆく

    口笛吹きながら  泣きそうな夜空のフリーズ・ムーン

 

せつなさ全開の永ちゃんのボーカルが最高です

 

今日の写真は・・

花農家の友人が送ってくれた「サンダーソニア」

「リンドウの花束」

「てまり草とポトス」

 てまり草って、ウサギの尻尾のような、ふわふわの手触りが、

なんとも不思議な、お花

ちなみに「ナデシコ科」だそうです

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

「さっぽろオータムフェスト」

2011年09月25日 20時55分49秒 | 日記

この1週間は、猛烈な台風が各地に

甚大な爪あとを残して過ぎ去り・・

その後は大雪山や富士山に初冠雪・・

そして・・

一気に秋が深まってきました

 

そう・・食欲の秋で~す

って事で・・16日から始まっている

恒例の「さっぽろオータムフェスト」に行って来ました

今日は朝から気持ちの良い秋晴

大勢の食いしん坊が、バクバクモリモリ

昼間からワインやビールなども、飲みまくっていましたぁ。。

 

ミルク大好きの私は、まず・・

 8丁目「ふるさと市場」で

 「カボチャのソフトクリーム」を食べ

別海町のチーズ「カチョカバロ」をゲット・・

サービスで美味しい牛乳まで頂いたりして

 

7丁目「北海道グルメ屋台」では

焼きたてのナンとインド風野菜カレーを肴に

黒ビールを

 

最後は、5丁目「ご当地ラーメン祭り」会場で

ラーメンの食べ比べ

今週は「オホーツク干し貝柱塩ラーメン」

 先週食べた「北海道てつや塾」の

 「彩り野菜鶏しおラーメン」も、さっぱり系でした

人間は美味しい物を食べると幸せな気分になりますね・・

 

青空の下、皆さん本当に幸せそうな顔をしていました

 

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

62歳の永ちゃん・・

2011年09月15日 21時16分09秒 | 矢沢永吉

9月14日・・

矢沢永吉様 62歳 お誕生日おめでとうございます

 

永ちゃんからのメッセージ 公式サイトで観ました

相変わらず元気そうな永ちゃん

この所、メッセージは、いつも同じです・・

「歌えなくなるまで歌は辞めない!」

「もう仕事を超えてる!」とも、言っていました

その言葉・・最高に嬉しいです

私は・・

「永ちゃんのステージを、何もかも忘れて楽しむこと

それを、一番の喜びとして一年を過ごしているようなものですから・・

 

来年はデビューから40年の記念の年

70年代~80年代~90年代~2000年代と

常に全力で走ってきて

スーパー・スターでい続けて

心に染みるバラードからギンギンのロックまで

膨大な名曲を作り続け

誰にも負けないボーカリストで・・

 

会社の社長さんまで、やっちゃって 

 

こんな濃い人生。。。

映画だったら4~5本は出来そうですね~

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

映画「探偵はBARにいる」

2011年09月12日 20時45分24秒 | 映画

 

今日は、お休みでしたので久々に映画を見に行きました

9月10日公開という事で

今、大泉洋さんがTVに出まくってプロモーションしていますね・・

それらを観ているうちに、札幌や小樽が舞台の、この映画が

急に観てみたくなったわけです

もちろん、以前から洋ちゃんファンでもありま~す

 

 ストーリー  「映画・com」より

 

作家・東直己のデビュー作「探偵はバーにいる」を1作目とする

「ススキノ探偵シリーズ」の第2作「バーにかかってきた電話」を映画化。

札幌の歓楽街ススキノで活躍する探偵のもとに、

コンドウキョウコと名乗るナゾの女から

「ある男に会い、彼にひとつ質問してほしい」という依頼が舞い込む。

簡単な依頼のはずが、探偵はその直後に命を狙われ、

可解な事件に巻き込まれていく。

主人公の探偵に大泉洋、相棒に松田龍平。

そのほか小雪、西田敏行らが共演。

 

う~ん 。。想以上の面白さでしたぁ~

まず・・この映画は笑えます

ハラハラ・ドキドキハード・ボイルドな雰囲気もたっぷり

何しろ、主演の洋ちゃんがハマリ役ですね

 

北海道を、こよなく愛する大泉洋

笑いも取れて・・演技も本格的 それに加えて・・

今回はアクションもバッチリなのです

松田龍平さんも、

お父さんの雰囲気に似て来ましたね。。。良い味だしてます

 

そんななか・・

私が一番気に入ったのが、殺し屋役の高島政伸さん

「ノーカントリー」で不気味なオカッパ頭の殺し屋・・

あのハビエル・バルデムを彷彿させる怪演です

今まで、割と良い人の役ばかりで、印象の薄かった高嶋さんですが

ここで新境地を開いたのかなぁー なんて思いました・・

 

この高嶋政伸さん・・

思いっきり怖いけど 笑えますよ~~

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ワンナイト・ショー

2011年09月11日 19時25分18秒 | 矢沢語録

先日、古いアルバムの整理をしていましたら

永ちゃんの写真集が出てきました

なぜ写真集が、こんな所に・・と、思ったのですが

大きさが私のアルバムと同じだったのです・・

それでつい、一緒の戸棚にしまって・・そのまま忘れていたのでした

 

「SUPER PHOTO LIVE 矢沢永吉写真集」

 

発売日:1979年5月15日
発売元:小学館

発売日:2000年5月20日(復刻版)
発売元:YAZAWA CLUB

               

ミュージシャンらしく、LPジャケットと同じサイズで作られた写真集。

ファンからの熱い要望に応え2000年5月に復刻版として登場。

               

「私の選んだ矢沢語録」

 

『街に着く。オレは、この街に火を点けて帰る。 

オレは、この街を泣かせて帰る。

そういう意地みたいなもので、次の会場に向うんだよ。

たった一晩だ。そう、ワンナイト・ショー。

 

あっという間に、E・YAZAWAの渦をつくって、

湧かすだけ湧かせて、また次の街。

キツイよ。

キツイけど、こんな楽しいことないね。

やめてくれったって、やめられない。

待っててくれる人間がいて、

歌いたくてしょうがない矢沢がいるんだ。

 

ゼニ金考えたら、もういいよ。

こんなキツさには耐えられんだろうね。

オレ、もう、とりあえず金あるもん。だけど、ツアーはやめない。

わかります?

オレが、矢沢だから。

日本のロックの大将だから。

やめちゃいかんのよ。やめたくもないし・・。』

 

私が買ったのは復刻版ですが・・

 久々に見てみると当時のライブ風景・・後楽園球場の模様や

 若さ溢れる永ちゃんの、ギラギラと輝く瞳

 そして、贅肉の全く無い・・いかにも、しなやかそうな身体が

 眩しいほどですね~

 

これぞ

E・YAZAWA」って感じの永ちゃんが、そこにいました


今日の写真は・・「桔梗」この紫色がステキです

<script src="http://www.google-analytics.com/urchin.js" type="text/javascript"></script> <script type="text/javascript"></script>

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

永ちゃんのバッシュ!!

2011年09月05日 21時23分45秒 | 矢沢永吉

永ちゃんグッズは、男性向きの品が多いので

なかなか気に入る物が出てこないのです・・

でも・・

先日、こんなに可愛いスニーカーが発売に

 

カワイイ~ 

とは、思いますが・・

今更「コンバースのバッシュ」は、履かないし・・

(軽~い!スニーカーじゃないとダメなんですぅ。。。

 

このデザインの携帯ストラップなんかが有ると

私、「速攻買い」なんですけど・・

それにしても・・16000円とは 

お高~~い

受注生産と、いう事で・・しょうがないのかなぁ。。。

 

 

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

大きなギャップ・・

2011年09月04日 15時20分10秒 | 矢沢語録

私の選んだ矢沢語録

         「矢沢永吉激論集 成りあがり」より

 

『「堅いヨ」なんて感じあるじゃない。

バンドマン的な意識っていうか。

そう、オレ、堅いのね。

やっぱり、そのあたりからも、

ジョニーやウッちゃん、ユーとかの感覚と

ズレてきた事は事実だね。

「ウチのオトーサンは、堅いから」みたいな感じで

オレは見られてたわけよ。

 

ツアーなんか行くと、みんな他の部屋に集まってる。

なんか、やってるわけ。

オレの前では、そんな感じ見せないようにしてるけど。

オレは常日頃うるさいからね、ヤバイと思ってたんだろう。

そういう状態。

感覚のズレがあるわけだよ。

 

ほんとに、コンサートで一発ビシッと決めたい。

オレはハッタリ抜きで、いつも思ってた。

確かに、みんなも頑張ってた。

でも、頑張る目的として、ほんとにビックになりたいと思ってやってたのは

オレぐらいだったんじゃないかな。

大きなギャップがあった。

大人と子供というくらいの違いがあったよ。』

 

 

デビュー以来、人気急上昇の「キャロル」だったのですが

メンバーと永ちゃんの感覚のズレが、どうしょうもなく・・

大きくなってしまったのですね。。。

でも・・

永ちゃんは、解散が決まってからが凄いので~す

 

「今日の写真」は

大雨が降る前、大きな向日葵が、まだ夏を感じさせてくれていました

ゆらゆらと揺れて可愛い「フウセンカズラ」

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

六花亭のソフトクリーム

2011年09月01日 20時54分11秒 | 大好きオヤツ

9月に入ったというのに・・又、夏に逆戻り・・

今日は32℃の真夏日でした

東海地方に接近中の大型台風の影響のようです

今夜も蒸し暑くて眠れないような気がします。。

 

今日のオヤツは・・「六花亭のソフトクリーム」

先日、久しぶりに小樽に遊びに行きまして・・

運河沿いをブラブラ歩いていると・・六花亭のお店が

2階に、ちょっとしたカフェコーナーが有り

そこで、ちょっと一休み・・

クッキーの乗ったバニラ味と、

アズキ味のソフト・クリームが食べられま~す

ちなみに・・

サービスで美味しいコーヒーも飲めますよ

十勝の新鮮なミルクから作られたソフトクリーム

本当に美味しいです

なめらかさと、サッパリした口どけが最高なのです

そして、このサクサクのチョコ味クッキーが

バニラソフトを挟み込むように乗っていていて・・

う~ん オシャレ~

 

なにしろ・・

何処に行ってもソフト・クリームに出会ってしまうと

ついつい食べてしまう私なのですが・・

今まで食べたソフトの中では「一等賞」です

コメント
この記事をはてなブックマークに追加