ひろみの「PM9」

YAZAWAなライブとYAZAWAな言葉
永ちゃん最高~!!
マジな永ちゃんに、どこまでも付いて行きます♪

矢沢のクリスマス・プレゼント!

2008年12月28日 14時33分46秒 | 矢沢永吉
クリスマスまでは穏やかで暖かく・・
本当に、これで良いのかしらーって思うほどでしたが・・
26日から一転・・
強力な爆弾低気圧が猛烈な吹雪
寒気を連れてやって来ましたぁー


札幌で、これほどの吹雪は、そうそう無いだろうと、いう
なにしろ目の前が真っ白になり何も見えない猛吹雪・・
勿論、道路は渋滞空港は閉鎖JRも運休と、
さんざんな一日でした

それから今日まで、まだ気温が下がり続けています・・
完全武装で外出しても辛く感じるほど・・思いっ切り寒い
本当に・・地球温暖化は怖いと思います




所で・・
24日25日に配信されました
ダイアモンド・ムーンでのクリスマス・スペシャル・ライブ
予想どうり、とっても楽しかったでーす


「Bat No」で永ちゃん登場
衣装は綺麗なラインの白シャツと凝ったデザインのジーンズ

きゃーー
やっぱり永ちゃんは素敵ー
ライブが最高に似合ってる・・



映像を好きな方向から見られるっていうのも嬉しかったな~
最初は普通に・・
2回目は・・勿論、永ちゃんの顔のアップを、じっくり見ちゃいました・・

永ちゃんも「自分の城」で「観客は関係者」って事で・・
とってもリラックスし楽しそうに歌っていましたし
選曲も声もバッチリ

そして永ちゃん
「ここは音が良いねー!所で誰が作ったの?」って
自慢していました・・
本当に・・から聴こえてくる音は凄く良かったです


MCで・・言葉が、時々思い出せない永ちゃん・・
「言いたい言葉が出てこないってシブイよね・・」って苦笑い



私など・・言いたい言葉が出てこない
固有名詞が出て来ないなんて・・日常茶飯事なんですから・・
永ちゃんも同じですね~って、何だか嬉しかったりして・・



今年も、あと3日となりました・・
本当に・・一年が、もの凄い速さで過ぎ去って行くように感じます
もっと、もっと
一日一日を大切に生きて行かねば・・と今、思っているのですが


皆さん・・
良いお正月を、お迎え下さい
そして・・
来年も宜しくお願い致します
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

「おじさんグレート」・・

2008年12月22日 20時16分47秒 | 矢沢語録
久しぶりの更新でーす
このところ色々有りまして・・
バタバタ忙しくしていました

こんな風に身も心も疲れたときは
勿論永チャンにお願いするのが一番ですよね

と、言う訳で・・今回は
「1991 BIG BEATツアー 横浜スタジアム版」を
観てみましたぁー

当時の永ちゃんは、なにしろリーゼントがバッチリ決まっていて
本当に色っぽい男盛りって感じです・・


大好きな「レイニー・ウエイ」は勿論カッコイイのですが・・
私が今、良いなーーと思っているのが3曲目・・
「”カサノバ”と囁いて」
続いて・・
「よーこそ!今日、最高の夜に・・よーこそ
「ふぅーー!たまんないねーー」とMC・・

次に・・渋いバラード「さめた肌」
もう、ここだけで疲れが取れちゃいますから、私・・


コンサートが終わってインタビューで・・
「マジな気持ちで前を見ていたら何かが微笑むね
永ちゃん・・ビールを美味しそうに飲みながら
「おじさん、グレート!」って・・
矢沢語録も満載でーす

おまけの「ラスト・シーン」も最高だし
本当に・・元気を貰えるDVDなのでしたぁーー
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

大好きなクリスマスの映画は・・

2008年12月06日 21時22分58秒 | 映画
昨日は12月とは思えないほど暖かく
ビックリしていたのですが・・
今朝は一転、粉雪が、うっすら積もっていました・・

と、いう事で・・気分はホワイト・クリスマスですよねー



私の好きなクリスマスの映画は・・


クリスチャン・スレーター主演
1995年 「マンハッタン花物語」
花屋の青年が、いつも孤独なキャリア・ウーマンに恋をして・・
毎日毎日バラの花を贈る・・
それが、なんとも素敵な色のバラなんです・・
そんな二人がクリスマスに喧嘩になり・・そのまま別れてしまうのか・・



次に・・
1998年「グットナイト・ムーン」
ジュリア・ロバーツとスーザン・サランドンが共演

癌により死を間近にした母、スーザンが
愛する二人の子供達のために
思い出の写真を沢山プリントした布でパッチワークした
手作りの品をクリスマス・プレゼントとして
お別れの言葉と共に渡す・・

とても悲しいけれど・・暖かい
心に染みるクリスマスのシーンでした



そして本命は・・
1994年
あの名優「リチャード・アッテンボロー」がサンタクロースになった
「34丁目の奇跡」


ジョージ・シートン監督・脚本

『本物のサンタクロースを自称する老人が巻き起こす騒動を通じて、
夢を信じることのすばらしさをうたい上げたハートフルなドラマ』

なにしろ・・リチャード・アッテンボローって
サンタさん、そのものの風貌なんですよねーー




コメント
この記事をはてなブックマークに追加