ひろみの「PM9」

YAZAWAなライブとYAZAWAな言葉
永ちゃん最高~!!
マジな永ちゃんに、どこまでも付いて行きます♪

イチロー3000本安打到達!!

2008年07月30日 20時50分18秒 | スポーツ
今日・・イチローが日米通算3000本安打という大記録に到達しました

この所ヒットが出ず・・私も
「さすがのイチローもプレッシャーで調子が出ないのかしらー!?」と、
ちょっと心配していたのです・・

今日、イチローのインタビューで・・
「気持ちよかった。初球を狙っていた。
ホームランなら格好いいと思っていたけれど・・」

「この一週間は遠かった。ストレスが溜まった」
と、話しています・・




そして・・
読売新聞に「イチロー哲学」の著者 
児玉光雄さんのコメントが載っていまして・・


「彼は、打率や他人の成績には一喜一憂せず、
ヒットのために努力する事を
『苦しいけれどドキドキする』と、よく口にする。

彼の姿からは、一日一日を完全燃焼するプロセスを
生きがいにしているようにも感じる。

周囲の評価より、定めた目標に近づく事に喜びを見出す生き方は、
一般の人にも成功のヒントを与えてくれる」と、あります。




『一日一日を完全燃焼するプロセスを生きがいにしている

これって・・永ちゃんの生き方と同じではありませんかーー














コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ミュージカル「ヘアスプレー」

2008年07月26日 21時56分55秒 | 映画
今日は朝から雲一つ無い晴天・・
それにも増して気持ちいいのは
湿度が無くなってカラッと空気が乾いている事・・

風もさわやかで・・これぞ、札幌の夏って感じでーす



って、事で・・
さわやかで楽しい映画「ヘアスプレー」

公開当時、何だか忙しく・・とうとう劇場では見られなかった
ミュージカル映画です




goo映画より・・

『シカゴ』の製作陣が贈る、ノンストップ・ハッピーミュージカル。
1987年のオリジナル映画から、ヒロインは新人を起用することや、
母親のエドナ役は男性俳優が演じることは、今回もしっかり踏襲。

ヒロインを演じるのは、
1000人以上の中から大抜擢されたシンデレラ・ガール、
ニッキー・ブロンスキー。
さらにエドナ役には、『シカゴ』への出演を3度断った
ジョン・トラヴォルタを、約1年かけて口説き落とした。

この母娘2人の息が、不思議なほどピッタリ! 
特にニッキーの発散する“幸せ”オーラは強烈で、
人種差別というシリアスな問題が顔を出しても、
ハッピーな作品の雰囲気はまったく色あせないのがスゴイ。
ミシェル・ファイファー、クリストファー・ウォーケンら、
豪華な脇役陣も最高!





すごく楽しい映画でしたぁーー
なにしろ楽曲が素晴らしい
60年代の雰囲気がプンプンただよう衣装やダンス・・最高に可愛い

それに・・主人公の、ちょっと太めの母子がとってもキュート


特殊メークのトラボルタ・・
最初は、さすがに、ちょっと引いてしまいましたが・・
観ているうちに・・本当の女性のようで可愛いくて
踊りは、もちろん上手いし



そして・・優しいパパ役の「クリストファー・ウォーケン」
あの「ディア・ハンター」のシリアスな軍人役を、
凄みの有る迫真の演技で一躍有名になった彼が・・
トラボルタ・ママと、華麗なステップで歌い!踊る
もう・・ビックリ最高ーー




やっぱり、劇場で観たかったなぁ・・

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

一体になってノッている瞬間・・・

2008年07月20日 19時12分24秒 | 矢沢語録
私の選んだ矢沢語録


「ROCK'NROLL NEWSMAKER」 1991年8月号より




1987
5月、アルバム『FLASH IN JAPAN』全米発売。
10月、ビデオ『矢沢永吉ヒストリー2』発売。
この年は日本国内でのアルバムの発売はなし。
ツアー、ツアーのパワフルな日々が続く。


「ステージの最大の魅力って、入りこめたときだね。
自分がステージに入りこめて、客も入りこめて、
一体になってノッている瞬間って、もう、
なにものも勝てないような力があるよね」




この所蒸し暑く・・私は時々夜中に目が覚めてしまうのです・・
そんな時は何時も永ちゃんの映像が無性に観たくなって・・

で、昨夜は久しぶりに
「矢沢永吉ヒストリー2」を観てしまいましたぁ

もうかなりボロボロのビデヲなので
ハラハラしながら観てたのですが・・

若き永ちゃんの真剣なリハーサル風景
もう・・しつこい位、何度も指示を出してましたぁー

そして・・
ステージの、しなやかな動きやマイクターンを見てると



又々ライブが観たくて観たくて
たまらない気分になってきましたぁーー
永ちゃんとファンが一体になれる最高のライブ・・
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

1978年の矢沢は・・・

2008年07月16日 22時53分15秒 | 矢沢語録
この所、札幌も蒸し暑い日が続いていて・・
何だか身体がだるいです・・
こんな日は永ちゃんに元気を貰いたいのですが・・

とりあえず・・ソニーのCMで永ちゃんには毎日会っていますから・・
今はそれでガマンガマン



私の選んだ矢沢語録


「ROCK'NROLL NEWSMAKER」1991年8月号より


1978
この年もステージとともに幕開け。
3月発売のシングル『時間よ止まれ』、
6月発売のアルバム『ゴールドラッシュ』、
7月発売の単行本「成りあがり」のいずれもが、大ヒット、大ベストセラー。

8月に後楽園球場でライブ。
12月にライブ・アルバム『LIVE 後楽園スタジアム』発表。

「この『ゴールドラッシュ』でボンッといったかんじね。
大ピークだよね。


「成りあがり」って本は、
広島から上京してきたひとりの男が、星をつかみたいってコトで、
えらい勢いで走って、サクセスっていう星をつかんだストーリーですよ。
それは書けた。

ところが人間ってもんはおかしなもんで、
サクセスも何もかも手に入れて、
メシもいっぱしに食えるようになっても、
ちっとも心がハッピーじゃない。

星をつかめば、解決するはずだったのに何も解決しない。
これ、なんなんだよ、なんなんだよって、
内にどんどん入っていくんだよね。

だから、この『後楽園スタジアム』のジャケット見るとね、
ここから人間、矢沢永吉のスタートって思うね」
ちなみにこの年の芸能部門、長者番付の1位は彼、矢沢永吉だった。






30年前の永ちゃん・・実に中身の濃い一年でしたぁー
で、世間的には一番輝いていた時期だと思いますが・・
心の中では一番辛い時期だったりして・・・

本当に・・人間って他人には計り知れないものが有るのですね・・



そして今・・新たに「成りあがり」のコミックが出て・・
その頃の自分を永ちゃんは、どんな風に振り返っているのでしょう?
なんだか興味が湧いてきました・・


コミック「成りあがり」
あまり買う気は無かったのですが・・
やっぱり読んでみたくなりましたぁーー
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

映画「ザ・マジックアワー」

2008年07月09日 21時40分23秒 | 矢沢語録
今日・・無事「洞爺湖サミット」が終わりました
これでヘリコプターの爆音に悩まされることもなくなり
元の静かな毎日が戻って来ますね・・
なにしろ・・
札幌オリンピック以来の厳重な警備体制だったようですから
もうビックリです・・



昨日は映画「ザ・マジックアワー」を観てきましたーー



佐藤浩市さん・・
完全に今までの殻を破ってくれました最高ーー
予想どうり・・かなり笑えましたぁー



特に前半・・西田敏行演じるヤクザの親分と
佐藤浩市が初めて会うシーン・・

今でも思い出し笑いしちゃいますから・・


でも・・後半は、笑いというより
映画大好き!三谷監督の思い入れが伝わって来て
ちょっと泣かせてもくれます・・


なにしろ映画賛歌って感じで・・凄ーく、良かったです・・
私の大好きな「スティング」「プロデューサーズ」などの
雰囲気も盛り込み・・
観終わった時・・「本当に映画って良いなーー」って
嬉しくなってしまう映画なのでした・・



所で・・
「ヤフー映画」の
観られた方々の映画評は完全に真っ二つ!!
三谷監督の笑いが好きな方は☆5個
笑えない人は凄い酷評で・・
中間が無い・・


やっぱりコメディ映画は難しい・・
膨大な宣伝で・・大爆笑の期待を膨らませ過ぎちゃった分
評価も厳しくなったのかもしれませんけど・・




コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

永ちゃんの生歌が聴きたいです!

2008年07月06日 21時43分52秒 | 矢沢永吉
今日は・・2006年8月に「DIAMOND MOON」で行われた
相沢、木原両氏と永ちゃんの3人でのライブ・・
ネットで生中継された・・あの懐かしい曲が満載の・・


あのライブのリハーサル風景が、まだ公式サイトで見られるので
つい懐かしくて見入ってしまいました・・
今年も又、こんな感じで・・
ちょこっとで良いからライブやってくれないかしらーー
このリハーサル風景見ていると、
永ちゃんの真剣さと・・ボーカルの存在感が、ひしひしと伝わってきます
本当に永ちゃんの歌は素晴らしいーーー



ライブ活動はお休みと発表された今年・・
だんだん寂しさが募ってきて・・
時々ボーゼンとする事があります

あぁーーー永ちゃんの生歌が聴きたいです・・
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

「成りあがり」裏読本・・

2008年07月04日 22時18分41秒 | 矢沢語録
今日(5日)も朝から、ぐんぐん気温が上がって来ましたぁ(29・3℃)
本格的な夏到来でーす 



所で・・7日、月曜日から「洞爺湖サミット」が始まりますが・・
札幌上空は毎日沢山のヘリコプターが飛び回り
街中は、この1ヶ月・・もの凄い数の警察官がパトロールしています
何だか・・関係ない私まで緊張感が増してきました・・



私の選んだ矢沢語録


公式サイト連載中のインタビュー
「成りあがり」矢沢永吉物語・・裏読本より




確かに、
何をやっても最後までやり遂げるまでの
根性はあったかもしんないけれども、
僕もやっぱり(ビートルズと)出会えたから
扉を開けれたのであって、
出会えなかったなら中々…と考えたりもするよね。





当時、世界中の若者に絶大な影響を与えた「ザ・ビートルズ」
永ちゃんの人生を明るく変えた運命の出会いだったんですね・・

私も当時小学生でしたが・・
ラジオから聴こえてくるビートルズの音楽は
何だか・・凄ーくカッコイイ
今までに無くワクワクしちゃう音楽だったのです・・

そして・・永ちゃんはその時
音楽がビック・マネーを手に入れることの出来る
宝の山だって事を知り・・


矢沢少年は夢が現実になるまで諦めなかった・・


「夢を諦めない!」これが、本当に素晴らしいですねーーー




今日の写真・・
暑さに強い「サフィニアとピンクのアイビー・ゼラニューム」
コメント
この記事をはてなブックマークに追加