ひろみの「PM9」

YAZAWAなライブとYAZAWAな言葉
永ちゃん最高~!!
マジな永ちゃんに、どこまでも付いて行きます♪

「硫黄島からの手紙」は素晴らしい映画です!!

2007年02月25日 22時09分55秒 | 映画
今夜は、札幌大倉山ジャンプ場で

ノルディック世界選手権 
「ジャンプ・ラージヒル団体戦」やってました

大観衆の中・・
銅メダル取りましたぁ


日本ジャンプ陣・・久しぶりに復活でーーす


イヤー!長野オリンピックの感激が蘇えって来ました



以前・・・
複合の荻原健司さん「キング・オブ・スキー」と、いわれた凄い人ですが・・

「この、冬の屋外のスポーツは、風や雪、
色々ある所が面白いんですよね!」
と、言われてましたが・・・


今回の大会も・・・
初め大雨が降ったり大変でした

でも、今日は・・コンデションも最高で・・
ジャンプ日和になりました






所で、話は変わりますが・・・

久しぶりに映画を見て来ました
今週で終わりと聞いて、急ぎ行って来たのです・・




「硫黄島からの手紙」


主演の渡辺謙さんのインタビューより・・・


Q:今までの映画とは何か違うという感じがしましたが、
2本ご覧になって日本やアメリカで作られた映画と
どんな違いがあると思われますか?


結局、クリントの視点だと思うんですね。
というのは、語ろうと思えばたくさん語れるわけですよ。
ある広い意味で情感たっぷりにね。
「はい、ここは泣くとこですよ」みたいに。


そう描けるストーリーではあるんですよ。
でも、彼はそこで多くの説明をしなかった。

「そこにあったことをそのまま僕が映し取って、
僕が見たものを見てください。

その中で感じるものを受け止めてください」っていう……ある意味、


とても突き放したというか……。
だから、僕たちが映画を観ているという感覚ではなくなってしまうような、
そういうリアルさがありました。

それはやっぱり彼の力だと思います。



Q:戦争シーンがすごくリアルでした。
日本の映画で使用する発破数と全然違うと思うのですが、
いかがでしたか?



物量という面でいうと本当にそうで、
「アメリカ軍が来てるんだ!」という感じがしましたけどね(笑)。

もちろん、戦争を描いた作品ですから
戦争シーンっていうのは不可欠ですが、

ただ、それがどう人間に影響していくのか、
人間の精神にどう響いていくのかということが主眼だと思うんです。


もちろんスケール感という意味では、
僕らが体感していた戦争の映画とは
ちょっとスケールが違うんですけれど、

根っこにある精神であったり、
そこで戦っている人間の気持ち、
そこで苦しんでいる人間の気持ちというところに
僕らは集約していったんだじゃないかと、

映画を観て思いましたね





本当に、素晴らしい映画でした

イーストウッド監督が、こんなにも日本人の気持ちが分かる
そう感じられるほど日本の映画でした・・
人間の本質は何処でも誰でも同じという事でしょうか・・

日本人として・・
玉砕していく戦いですから・・
見ているのが辛くなりますが・・・


そんな地獄にも、愛や友情があって・・
見ていて・・何とか生きていてほしい!と・・

とても切なく・・戦争の悲惨・・無惨さが胸に迫りました

謙さんのインタビューにも有りますが・・・
戦闘シーンは、もの凄くリアルで迫力ですよ

ぜひ、アカデミー作品賞!取って貰いたいですねぇーーー




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

頭をなでられ「ゴロニャン」の永ちゃんでーす!

2007年02月21日 21時52分32秒 | 矢沢語録
17日の土曜日・・
藤原紀香さんが神戸の生田神社で
結婚式を挙げたというニュースが流れていましたね


それで思い出したのが
2年前のライブハウスツァーです


あの、お宝チケットが手に入ったのは
本当に奇跡でした



その神戸の「チキン・ジョージ」
生田神社の、すぐお隣だったのです


ホテルも、すぐ近く・・・
ライブに行く前、少し時間が有ったので
早速お散歩に行きました・・・


街中なのに・・鎮守の森というか・・
こんもりした大きな木が沢山有って・・・

とても歴史を感じる神社でした



今回、紀香さん関連のニュースで初めて知った事ですが・・

あの大震災の時
神社の社殿がペシャンコに潰れてしまったとか・・


それを見事に建て直し・・とても美しい神社に再建されていました




あの2005年のライブハウスツァー
今、思い返してもホント最高でしたぁーーー



汗だくギュウ詰め
一度上げた手は、もう下ろせない程なんですぅ・・・

こんなに人を詰め込めるものか・・・って・・
怖い位でしたから・・・



その、ビックリする位の小さな会場で・・
永ちゃんは登場して、すぐ汗だくに・・・


でも・・その暑さを思い切り楽しんでいる永ちゃんを
手の届きそうな近さで・・
感じる事が出来た素晴らしい時間でした






私の選んだ矢沢語録



1999年「月間SAY」10月号より



パワーのあるとされている人間が
ちょっと切なくなった時に、

「意外とこの人弱いのね」っていう部分があるほうが
かわいいじゃない(笑)。



突っ走るタイプの男は、
黙って聞いてくれる女のほうがいいの。


意見、言わなくたっていいのよ。


ぱっと酌してくれて、
「あなたは、大丈夫よ」の一言。


そして、頭のひとつでも撫でてもらったら、
「そう思う?」、ゴロニャンで納得できるのよ。


「そうか今日はありがとうな。
ちょっと愚痴ってさ」
で、また次の日頑張れたり。


そのパターンって
皆さんと一緒だったりするんじゃないのかな。


それで、ステージで自分は一生懸命頑張る。







永ちゃんって・・可愛いぃーーー

頭を撫でてもらってゴロニャンですか・・・


男の人って・・いくつになっても少年のようで・・
そんな所が良いなーーって思います

特に何時も男っぽい・・
永ちゃんのような男が、ふっと見せる弱さ

こんな所に女はグッと来るんでしょうねぇーーー













コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ファンレターは心の通信・・!?

2007年02月17日 22時44分54秒 | 矢沢語録
今日は朝から良い天気・・

いつものようにダウンコートなんて着て歩いていると
汗が出て来ちゃう程の暖かさでした・・


本当に・・何だか・・・春の気分
ウキウキして来ました





私の選んだ矢沢語録


1999年「月間SAY」10月号より




最近、女性のファンがやたら増えたというイメージがあるね。
昔、矢沢永吉というとブラック、
ロックンロール、皮ジャンパー、リーゼント、
それに、「よろしく」と。

それに男が共感して、イコール、
汗くさい、不良、そっちにいっちゃってた。



ところが、ドラマ、CMやってきたら、

9割5分以上が野郎ばっかりだったコンサートは、
いまは男性6割、女性4割ですからね。



ファンレターは目を通すけど、書いてる事、女と男は違うね。

男はやたら精神論。



矢沢になりたい、
その維持する気持ちはどこから来るのか、
矢沢に負けたくない、いつか抜きたい、

それゆえに矢沢を尊敬してますとか。



いっぽう女性というのは、

愛されたい、自分はもっと人を愛したい、
「矢沢さんみたいな男に出会いたい」とかさ(笑)、


もっと直接的だよね。


それは男とは違うというんじゃなく、
それが女なんだと思うと、妙にわかる。



僕が返事を書くわけじゃないから、
一方通行かもしれませんよ。

でも、ファンの人の手紙というのは、
けっこういいものがありますよ。


思うに、ファンレターというのは、
心の通信みたいなもんなんだね。

で、あっ、こういう考え方もありだね。
人間ってせつないね、
そういう見方もあっていいよねとか。


自分の気持ちと照らし合わせてきた時に、
ちょっと、やっぱり考えさせられたりとかするね。

ファンレターって心の通信だね 考えさせられるよ、やっぱり。






心の通信ですか・・・

そんな風に思ってくれる永ちゃんって・・
やっぱり素敵


私も、何度かファンレターを書いた事が有るんですよねぇーーー



前は、お手紙でした・・・
久しぶりに・・今度はメールで出してみょうかなぁ・・



私の場合ファンレターというより
ラブレターですけど・・  
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

1989年・・永ちゃん40歳・・・色っぽい!!

2007年02月14日 21時50分17秒 | 矢沢永吉
またまた爆弾低気圧です・・・

お昼過ぎから南風が強力に吹き荒れて来ました・・


明日、明後日と益々強力な嵐になる予報が出ています

青森の八甲田山では
雪崩れが発生・・・山スキーのツアーの方々が巻き込まれ
死者も出てしまったようなんです・・


これが温暖化の怖さなんですね






過去にVHSで発売された13タイトルに、
2002年の東京スタジアムライヴ「THE DAY」のノーカット、
そしてなんと今回、
2000年12月16日に日本武道館で行われた
「STOP YOUR STEP EIKICHI YAZAWA CONCERT TOUR 2000」
が新たに加わることに決まりました!

もちろん映像はノーカット、
音声はdts5.1chサラウンド!


さらに特典映像DVDや
今回のBOX限定のスペシャル特典もついて、
合計15+1タイトルのDVDがひとつのBOXになって新登場します。

特典の詳細は後日、発表します!
発売は6月下旬予定です。





と、以前「DOOR」で告知が有りました・・・



1984年の「E’」は、もう何度も何度も見過ぎで・・
すでにダメになってしまいました・・・

見たくても見られない状態


1991年「Big Beat BUDOKAN」も、お気に入りだったので
ほとんどヤバイですし



でも・・DVD発売間近と、いう訳で

この所安心して
1989年「STAND UP 89 ARENA」を又、見ているのです



この89年・・・
永ちゃんが40歳を迎えた年


男の色気パワーが全開
脂が乗り切っている頃です



選曲も又、素晴らしく
オープニング「FLESH AND BLOOD」から飛ばしてます


「Take it Time」「レイニーウェイ」
「あの夜・・・」「逃亡者」と・・・

畳みかけるように、カッコ良いロックが続きます



途中、永ちゃんがギターを持って歌う
「セクシー・キャット」「ルイジアンナ」など懐かしい曲もノリノリ

サービス満点なんです


だから私・・・
このビデヲを見るたび嬉しくて・・・
毎回ニヤニヤしながら見てしまうのでした



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

肩の力が抜けた50代・・・・

2007年02月11日 16時09分27秒 | 日記
今日は朝から良い天気・・

新雪も、ふんわり積り・・・
最高の「雪祭り日和」ですねーー



昨夜は「DOOR]で配信中の
「ダイアモンド・ムーン・スペシャル・ライブ」を又、見てまして・・・


木原、相沢、両氏と永ちゃん
仲良し3人で昔話をしながら・・
ギターを弾き楽しそうに歌ってる


何度見ても・・・このライブ・・本当に楽しいです



永ちゃんが、とてもリラックスしてて・・
何時ものライブの表情と全然違います




所で私・・・先日30数年ぶり・・中学の同期会に出席しまして
とは、いっても・・・

札幌在住の人だけ
10数人の小さな集まりだったのですが・・・


何十年も思い出す事も、あまり無かった中学時代・・・
顔を見ても全然判らないのでは・・
と、心配してたのですが

皆の顔を見たら一瞬でワープできましたぁーーー


気分は・・
15歳の素朴な少年・少女



田舎の・・・素朴で可愛い中学生達も・・

ここに来るまでの長い人生
色々辛い事、苦しい事・・当然有ったはずです

それも、これも乗り越えて・・・・

今まで頑張って生きて来たんだねって・・



お互い今、こうして再開出来た事・・・・
何だか・・感謝の気持ちで一杯になったのでした




永ちゃんは・・・
常に前傾姿勢で走ってきて

何時も前向き
過去なんて振り返らない人


でも・・・ここに来て
素直に若い頃の苦労話を笑いながら話せる


そう思うと・・50代も、なかなかイイよねって感じです

肩の力が抜けた永ちゃんの姿・・・本当に素敵です
















コメント
この記事をはてなブックマークに追加

矢沢は不器用な人間・・・?!

2007年02月07日 21時17分43秒 | 矢沢語録
昨日から「さっぽろ雪祭り」が始まりました
昨日の暖かさとは一変
今日は朝から雪がワサワサ降り続いています




PCで「ロック・オペラ 2」のライブ映像見ました


改めて昨年12月の「大阪城ホール」
あの興奮を思い出してしまいました


バラードの「ひき潮」「バラードよ永遠に」最高に泣けましたが・・

でも・・私の一番のお気に入り・・

それは・・・「BIG BEAT」

最高のロックです




 
熱っぽい こんな夜は 

泣かせのリフ 止まらないぜ・・・

後にした 街影で

あの娘が今も 恨むように・・・

弾けてくれ Gig Beat

ダイナマイト抱いて

砂まじりの旅が

やけにつらい

C'mon・・・
I'm A Rock’n’ Roll Man 



1991年のアルバム「Dont Wanna Stop」2曲目に入ってます

15年以上前の曲ですが・・
ライブで聴くと最高なんですぅーーーー

こう見てみると・・詩もロックしてますね



作詞は・・ちあき 哲也さん

永ちゃんの曲は作詞家が一流揃いなので
何度聴いても、深いです


「トラ・バス」のように毎年ライブで演ってくれると
最高に嬉しいのになぁーーー




私の選んだ矢沢語録


2002年「Free&Eeasv」9月号より





矢沢「自分は不器用な人間だなぁと、最近わかったんです。

この不器用な人間が、一番いいのは、
やっぱりツアーなんだよね。

最後のアンコールのエクスタシーがあって、
シャワーで最高! みたいな。


よし、今年は60何回やったろうじゃんという気持ちになる。


ブチブチ言いながらも、

ホテルからホテルへの旅は心地いいのよ。
妙に寝心地良くてね(笑)。


今年53歳でしょ?
最高じゃないですか。

53歳で、関東だけで10万人くらい集まっちゃうんですから。
こんな幸せなことはないですよ。



それでまた、ほんの一瞬駄々こねて、
ガーッと酒飲んで、

なぜこんなに仕事ばかりしなきゃいけないんだって(笑)。

それで、また次の日に頑張る。



そのうち歌えなくなるときが来たら、
悲しいのではなく、
僕はそれを本当に気持ちよく素直に受け入れるでしょうね・・・。



レコーディングにしてもそうですよ。

僕くらいかな、マスタリング4、5回も入る奴は。
普通1回ですよ。

今度のアルバムもマスタリングが終ったあともブルーなのね。
どうしても納得できないの。


悔しいけど、2週間も3週間も、死に物狂いでやったものが、
一瞬にしてパアだもんね。

クソ忙しい中でまたスタジオ押さえて、
2回もやり直した、
ミックスダウンを。


かけた金は5万ドル以上だから、
600万円くらいよ。

メルセデスのCクラス買えるじゃん、みたいな(笑)。

で、今回できました。

やっぱり、こだわっているものがちゃんと出てきているんですよね。


救われたかな・・・。

だけど、Cクラスがよぎるんだよ(笑)」



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

得る物が多ければ失う物も多い・・・!?

2007年02月04日 16時20分56秒 | 矢沢語録
今日は朝から吹雪き

今シーズン初めての吹雪でしょうか・・・


こんな吹雪・・本来ならこの時期当たり前ですが
今年は暖冬でしたから・・・思わずイヤー!凄いなぁー
って感じです




昨年のコンサート「Rock Opera 2」武道館、最終日が
早くも「DOOR」でノーカット一挙配信ということです


昨夜・・・さぁ~週末だぁーーー
ゆっくりライブ映像見ようと、
凄く楽しみにしていたのですが・・・


途中、10分位でPCが固まってしまい

これって・・・私のPCが変なんですか・・



少し、ファイルや映像などPCの中を片付けろ!って、事でしょうか




そういえば・・・
2月1日から「DOOR」で配信予定だったんです
所が・・トラブルで、すぐには配信出来なかったんですよね

PCって本当に気まぐれですね・・





ライブ映像も・・以前なら早くても、
次の年の夏から秋にビデヲが出たら良いほうでした

それを思うと・・今は本当に便利


昔はコンサートとコンサートの間のOFFの時期が
とても長く感じましたけど・・・

PCのお陰で今は・・常に隙間無く映像が見られます・・







私の選んだ矢沢語録



1993年「サントリー社内報 まど」5月号より



僕の仕事は自分が看板だから、
勤めている人とは違いますよ。


派手というか虚像を生きるというか。

僕は自分の仕事に、こだわりましたから。
根が真面目なんですよ(笑)。


こうみえてもナイーヴでね。
なんで?、なんで?って生きてきたわけ。



こだわっている時は、
なんでこんなに頑張っているのに楽しくないんだろう、って思いましたよ。

でもさ、苦しみもこだわりもなく
『僕は、ばっちしハッピーよ』だったら、
つまんない男ですよ、コレ。



十年前にこんなこと言ってたんです。

人生は、5を狙うと必ず5のリスクがついてくる。
20狙えば20のリスク、
0だったらリスクも0。


『さて、あなたどうします?』って、神様がいっているわけ、
ご自由にどうぞ、って。



で、僕は20を選んだ。
そしたら間違いなく20のリスクが、マイナスが、敵がでてきた。


僕は、そこで這い上がったけど、
失ったものも多かったね。


これは自由業であろうと、
組織の人間であろうと僕は同じだと思いますね。


もうひとつ、
神様は人間に平等に10のキャパシティをあたえているんだよ。
その10をどう使うかは個人の自由。


9も会社に使ったら家庭はたった1、
家庭に9も使ったら会社はたった1。

後者だと絶対出世しないよ。選ぶのは自分。



自分で決めるしかないんだよ。

人が決めたり、人に決めてもらうたちのものではないんだね。

重役がハッピーだとはかぎらないからね。


ま、こんなこと十年前にいってたんだけど間違ってなかったよ。
その通りだったね。



四三年間生きてきて、
得たもんもあったし失ったもんもあったし、

『ナルホドな・・・』と思う今日このごろですよ。
  





本当に・・「ナルホドな!」ですね・・・

得る物が多ければ・・失う物も多いって事ですね


そう考えると人間って、意外に平等なんですね


人と比べてもしょうがない・・・
自分の生き方
自分で選んで・・納得して生きて行くのが一番でしょうか







今日の写真

洗練の京都のお庭です

大自然も良いですが・・・


私は職人さんが長年の経験で
隅々まで考え抜いた「日本庭園」を見るのが好きなんです


その意味でも京都は見所満載でした



コメント
この記事をはてなブックマークに追加