されど鹿児島

日々の生活の中で見聞したことをメモと画像で綴るブログ

空振りの皆既月食

2014年10月09日 | 天体
今年になっての天体ショウは天気に恵まれずすべてアウト。今回の皆既月食も桜島を前景に縦位置で臨むも撮影直前に桜島上空に大きな雲が現れ居座ってしまった…涙 涙。失敗作をあえて載せました。(26.10.8撮影)

1 構図はこのように決めたのですが・・雲は居座ったままで流れてくれませんでした。


2 結果はごらんのとおり 右上まで一直線に並べる予定でしたが・・ 皆既中の月がかろうじて1枚だけ写っていました


3 無理やり縦位置を横位置にトリミングの駄作


4 皆既が終わり元に戻るときに雲の隙間から現れた月を望遠で撮影


5 撮影場所の斜め後ろの風景です
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

望遠での花火

2014年08月30日 | 花火
我が家からおよそ5~6㎞離れている桜島火の島祭り(7月26日開催)の花火を望遠レンズでビルとビルの隙間から撮ってみました。音の方が遅くかすかに聞こえる程度で案外撮りにくいものでした。

























コメント
この記事をはてなブックマークに追加

長時間星景写真

2014年01月16日 | 天体
今年になって何回も星景に挑戦していますが天気に恵まれずや途中で雲の出現等で失敗続きでした。昨夜は月齢13.7という満月に近い月夜でしたが自宅ベランダから長時間撮影に挑戦。まだまだ工夫の余地を残しながらの撮影でした。(26.1.15撮影)
天気の状況を確かめに夕空を見ると月と木星が並んで東から上がってきました


13秒631枚を比較明コンポジット。初めての長時間撮影でした。(おおよそ2時間30分の撮影)

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

星景写真

2013年12月07日 | 天体
星景写真駆け出しの初心者ですが最近撮ったものを掲載です。
1 10月9日 武町から


2 10月26日 冠岳


3 10月29日 武町から北方向


4 10月30日 自宅から


5 11月15日 自宅から


6 12月3日 桜島湯之平展望台から東方向


7 12月5日 沈みゆく金星と月 自宅から
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

昨日の夕日

2013年12月05日 | 夕景・夜景
西空が妙に赤茶けていたので夕日が赤くなるのではと思い日没前20分ほど撮ってみました。そのうちの何枚かに雲が人の顔の表情を描いてくれました。(25.12.4撮影)
1


2


3


4


5


6


7


8


9


10
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

桜島冠雪

2013年11月30日 | 桜島
今年の桜島の初冠雪は28日だったようですが写真におさめられたのは29日でした。かなり冷えたようで各地で雲海も発生していたようでした。(25.11.29撮影)
1 


2 霧島方面


3 伊敷方面


4 皆与志町方面
コメント (2)   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

2013年11月22日 | 天体
偶然か突然か必然かわからないけど朝食後、北側の窓を開けると中央駅付近に虹が立っていた。(25.11.20撮影)
1


2
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

甲突川河畔

2013年11月21日 | 紅葉
今日は、病院送迎の間の時間を利用して甲突川河畔をぶらついてきました。
1


2


3


4

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

パラグライダー

2013年11月20日 | スポーツ
初めて吉松の魚野パラグライダーテイクオフ場に出かかました。何しろ初めて見るスポーツで最初はとまどっていましたが、周りの人にいろいろ聞きながら1時間ほど楽しみながら撮影できました。(25.11.16撮影)
1 取り敢えず飛び立ったところを撮影


2


3


4


5 ここで風を受けて


6 半回転して走りだし


7 飛び立っていきました


8


9 空中散歩を楽しんだ後、最終的には右下の円状の広場に着陸するそうです


10


11


12


13


14



15


16


17


18


19 空中散歩楽しそうですね


20


21


22


23


24 着陸の瞬間です

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ななつ星in九州 2

2013年11月14日 | 列車and電車
JR九州が10月15日クルーズトレイン「ななつ星in九州」を正式営業を開始した。鹿児島には17日にお目見え。JRは営業当日まで時刻を公表しなかったのは何故なのか疑問を持ちながら、私には高嶺の花なので写真を撮って眺めることにした。数回撮りに出かけたが、車体の色の「古代漆色」というのは写真でうまく表現するのに苦労しているのが現状です。
1


2


3


4


5


6


7


8


9


10

コメント
この記事をはてなブックマークに追加