野へ山へ

2004年~

△阿舎利山で見た植物

2017年06月10日 | 宍粟50名山 +別撰5山


ハシリドコロ(なす科)
☆毒草とのこと。遭難しても食べない様にしないとなりません。
教えていただく機会があり、良かったです。


ネコノメボタンソウ(ゆきのした科)


ルイヨウボタン(めぎ科)(葉)


エンレイソウ(ゆり科)(葉)


タニギキョウ(キキョウ科)


ウリハダカエデ(カエデ科)(葉と実)


コガクウツギ(ゆきのした科)

 
マルバウツギ(ゆきのした科)
県道6号線沿・サンパティオ前の法面
☆一緒に調べて下さった山根さん、ありがとうございます。

****************************









ギンリョウソウ(別名ユウレイタケ)(イチヤクソウ科)

☆前日に雨があったせいか、山の中は適度な湿度があり、
植物も木々も瑞々しい趣でした。
ことにギンリョウソウが多く見られ、思わず夢中になって撮りました。
うつむいた顔を持ち上げると、吸いこまれそうなブルーアイでした。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« △阿舎利山 | トップ | 散歩 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
 (魚屋)
2017-06-10 21:45:55
ギンリョウソウですか、見たことないです。確かに目のように見えますね。俗名でユウレイタケとはまさに薄暗い中で見ると幽霊か。雨上がりの山はマイナスイオン放出で気持ちよかったことでしょう。
それでは。
腐生植物 (中山)
2017-06-12 07:42:40
おはようございます。
これは腐生植物という種類だそうですが、詳細について知らないのです。
「ユウレイタケ」は言いえて妙ですが、ちょっとかわいそうです。
私は「妖精」という感じに思います。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。