野へ山へ

2004年~

△乗越浄土

2016年12月24日 | その他の山

△千畳敷カールから△木曽駒ケ岳を目指しましたが、吹雪いてホワイトアウト。
登頂敵わず引き返しました。3月に来た時と真反対の天候、残念でした。
当日のショットを抜粋して紹介いたします。


菅の台バスセンターにはたくさんのニホンザルがいました。
今日見かけた一回目の野生動物です。


駒ヶ岳ロープウェイしらびだいら駅の
モンベルコーナー


千畳敷カールは吹雪いて視界が乏しかったです。


千畳敷カール始点でコンパス・地図で確認し、八丁坂を目指しました。
トレースが無かったものの、やっと前方に人影が見えました。


やっと乗越浄土。お天気ならほんの数十分で着くところが・・・。
登りはアイゼン・ストック(スノーシュー用)


稜線はやはりとても風が強かったです。


刺す穴はブルーアイス


ストックからピッケルへ持ち替え、中岳へ向かいましたが、
ホワイトアウトで方向が頼りなく、自分のトレースもすぐに消えてしまい、
怖くなって引き返しました。


一瞬、晴れた隙に宝剣の下の岩場が望めました。


岩の急斜面をウサギがピョンピョンと登って行きました。
今日見る二回目の野生動物です。動物ってすごい・・・今更ながら感心しました。


かろうじて残っている自分のトレースを頼りに・・・


傾斜が緩み、ダケカンバが見え出しました。
ほっとするというより虚無感でいっぱいでしたが・・・




・・・・・・・・・・・・




安心の地、千畳敷ホテルのレストランにて、ご当地名物ソースかつ丼セット。
山帰りの胃袋には、魅惑的且つ、堪えられないメニューです。
(前回のソースかつ丼は麓の“明治亭"で)



再びロープウェイで下りました。






バスの窓からカモシカに遭遇しました。
今日三回目の野生動物です。


前回寄り損ねた五平餅のお店『山の店』さんへ。
ここではいくつかの貴重な出会いがありました。
また次回にも必ず行きたいお店です。

2016.12.20(火)
△浄土乗越~中岳までの途中。
行程:神戸三田IC=(中国自動車道)=(名神高速)=(中央道)=駒ケ根IC=菅の台バスセンターP
   =(中央アルプス観光伊那バス)=しらび平=(駒ヶ岳ロープウェイ)=千畳敷駅
   ー千畳敷カールー八丁坂ー中岳途中ー八丁坂ー千畳カールー千畳敷駅=しらび平ー・・・(往路に同じ)・・・神戸三田IC
地図:昭文社 山と高原地図『木曽駒・空木岳 中央アルプス』
メンバー:夫
☆今般、雪山用(アイゼン用)の靴を新調したので試し履きも兼ねた山行でしたが、
3月の好天と打って変わった天候で残念でした。
近いうち、確実に晴天を狙って蒔き直しを図ろうと思います。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« △岩倉(点名)ー△焼山(やけ... | トップ | △三角点山 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
雪山 (魚屋)
2016-12-30 07:16:54
おはようございます。
雪山も晴れるといいんですが、ガスやまして吹雪などは辛いですよね。スキーをやめてずいぶんと経ちますが、信州の山にもよく行きました。でも登山となると私には経験がなく、行ってみたいけど遭難する可能性大で。雪のない山が素人には向いております。(笑)
五平餅の店、いい佇まいですね。ストーブが焚かれた店内の匂いが想像できます。(ストーブなのかな?)
では、よいお年をお迎えください。
新春 (中山)
2017-01-06 00:27:09
魚屋さん
返信が遅くなり、失礼いたしました。
良いお正月を過ごされましたか。

山の標高、季節に関わらず、どんな登山においても遭難は隣り合わせだと思ってます。
この木曽駒でも12/5(好天下)に遭難があり、
そのことが脳裏にあったせいか、私に大きなブレーキ(抑止力)がかかっていました。

お店は魚屋さんのおっしゃる通りです、
ストーブと山の香りが良い雰囲気のお店でした。
本年もよろしくお願いいたします。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。