野へ山へ

2004年~

△岩谷山

2017年05月15日 | 宍粟50名山 +別撰5山

調査・整備登山で△岩谷山へ登りました。


△岩谷山 安積側登山口


△古城山(安積城址)
△四等三角点
点名:古城山(こじょうやま)
標高:554.97m





△岩谷山 733.6m
△三等三角点
点名:安積(あずみ)
標高:732.51m
☆少し先の展望地でお昼休憩。1月に登った時は、白い氷ノ山が望めましたが、今日は霞んでいました。


△岩谷山 林登山口


兵庫木材センター後ろから、△古城山を望む。


(植物)

セイヨウジュウニヒトエ(?)


ヤマジノホトトギス


(頭に花が咲くと、)チゴユリ


オドリコソウ


キンラン

(生き物)

タゴガエル? (林の中に居ました。)


山ビル 


シャクガの幼虫の様です。(前と後ろに足があり、尺取っていました。)


マムシ(本日2回目。一回目は写せず。)


マムシ(本日3回目)


マダニ (タカサゴキララマダニ?)・・・Iさんのズボンにしがみついていました。

2017.5.14(日)
 △岩谷山
行程:国見の森公園=R29=安積八幡神社P-△岩谷山
安積側登山口ー△古城山ー峠杣道分岐ー△岩谷山ー峠杣道分岐ー杣道ルートー△岩谷山 林側登山口ー安積八幡神社P=R29=国見の森公園
1/25,000地形図:『安積』
宍粟50名山ルートマップ:『38岩谷山』
メンバー 宍粟50名山GC 調査班:5班
☆△岩谷山は、1月以来でしたが、わずか4カ月の間に風倒木が予想以上にあり、
登山道を塞ぐもの(倒木)
、ルートの迷いや危険に繋がるおそれのあるもの(倒木、枝、木)
については伐採、除去整理をしました。(男性陣)
季節が変わる毎、確実に山の中は変化を遂げていることを感じます。
得ることが多く整備登山は有意義で楽しい活動です。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
« ダルガ峰ー大海里山 間で見... | トップ | 花や木 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (chiyomi)
2017-05-18 14:19:09
? = キンランではないかと思います。
私も昨日、紅葉谷でギンランを見ました。
白いので、スズランのようです。
お声かけていただき、ありがとうございました。
ありがとうございます。 (なかやま)
2017-05-18 15:17:02
ちよみさん
今、手持ちの山草図鑑でも確認しました。
おっしゃる通り、「キンラン」の様ですね!
さすがちよみさん、鋭くて参りました。
キンラン、ギンラン・・・ラン科は葉が似ているものの、種類も多いですね~
感謝いたします。
また来週に!
ひえーっ! (魚屋)
2017-05-21 11:58:05
マムシに3回も遭遇とは恐ろしや!長靴を履いていないと怖いですね。私はもう長いことお会いしていませんが、鉄道写真の撮影にも長靴必須かな。
マダニ、これもよく話題になっていますね。でも写真に写せるほど大きなものなんでしょか?なんとも悪そうな風貌がイヤな感じです。
それでは。
ヘビ他 (中山)
2017-05-23 19:18:03
最近、山では必ずヘビに出遭います。
こちらが侵入者なので仕方ないのですが・・。
丸いマダニは肉眼で見るのは初めてでしたが、
クモくらいに大きかったです。
手で払おうとしても、ホチキスの芯の様にしっかりと
しがみついていました。
ダニは極小~大きいのまで色々なのですね!

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。