野へ山へ

2004年~

△扇ノ山(おうぎのせん)

2017年04月20日 | その他の山

△扇ノ山(おうぎのせん)に登りました。


バリエーションルートを登り詰め、ブナの稜線に乗りました。


稜線は思った以上に風が冷たかったです。


前を行く鹿のトレース


昨夜の強風で木の上から落ちたのか、巣が。


避難小屋が見えて来て、やれやれ・・・


小屋の周囲はまだ厚い雪の層。山頂看板も三角点も雪の下。
△二等三角点
点名:扇ノ山(おうぎのせん)
標高:1309.97m


小屋で昼食を取り、下山路へ。今日は曇り空でしたが、△氷ノ山、△東山(とうせん)
などが眺望出来ました。斜面はまだ白く、降雪が顕著だった今冬を実感します。




融けた雪の下には沢がごうごうと流れています。


林道は雪が乗っている部分、融けている部分があり、スノーシューを付けたり外したり。



2017.4.19(水)
 △扇ノ山(おうぎのせん)
行程:宍粟市山崎=(R29)=県道39号線=県道282号線=県道37号線=河合谷林道=駐車地P
   -河合谷林道ー姫路登山口ー(バリエーションルート)-△扇ノ山ー姫路ルートー姫路登山口ー林道ー駐車地P~=(往路に同じ)~=宍粟市山崎
地図:1/25,000地形図:『扇ノ山』『若桜』
☆山仲間4名で残雪の△扇ノ山へ登りました。
姫路登山口までの林道途中に車を駐車し、姫路登山口からバリエーションルートを辿りました。
この冬、付近の山々から眺望した△扇ノ山は常に白く、4月に入っても雪山を呈していましたが、
訪れてなるほど。残雪の厚みに得心しました。
Yさんはじめ、山仲間のお二人へ感謝します。


トキワマンサク・・・もう終わりかけでしょうか。
(名前を教えていただき、ありがとうございます。)


フキノトウ

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« △蘓武岳(そぶがたけ) | トップ | △長水山 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。