野へ山へ

2004年~

上海1

2017年03月07日 | 日々

昨年の北京旅行が楽しかったので、今度は上海へ行きました。
今回も往復飛行機と宿泊だけを手配し、現地では自由行動の小旅行でした。
メンバー:友人Nさん、夫、自分、次男 4名


上海にはお昼に到着し、まずは中心地から外灘(バンド)へ向かいました。


外灘(ワイタン)


代表的な夜景はやはり圧巻でした。


租界地とされたエリアは欧風建築が建ち並び、ライトアップされた夜は
ことさらきれいでした。
夜遅くまで歩き回り、疲れ切ってホテルへ戻りました。
早朝に関空を発ったことを忘れ、初日から飛ばし過ぎた感じでした。

[西湖へ]
二日目は現地オプショナルツアーで杭州の西湖へ行きました。
(往路も復路も数か所の名所に寄りつつの一日行程)
メンバーはガイドのメイ(梅)さん、我々4人と、一人旅の男性Uさん(東京から)の6人


六和塔


龍井茶の村
「龍井茶(ロンジン茶)」という中国名茶の茶所へ寄りました。
山間の斜面に茶畑が広がる素朴な村の茶工房を訪ねました。



中国の街路樹でよく見かける下方の白い塗装・・・
気になって聞くと、石灰を塗っているそうです。
下から上がってくる虫除けと、夜は車のライトに反射するので、
「緑地帯」ということが解りやすいから、とのこと。







中国の一元札にも印刷されている西湖で船に乗りました。
簡素な浮船、船頭さんが漕いでくれる船、豪華な遊覧船まで、様々な観光船が
浮かび、のどかに西湖を巡っていました。


お昼ご飯時に飲んだ、杭州のビール“千島湖ビール”
中国はビールの種類(地ビール)が実にたくさんあり、
嬉しい限りです。低アルコール(2.5%~3%代)も多く昼間には好適です。
(このビール会社はキリンビールが資本で入っているとのこと。)


西冷印社


中国の書道史における貴重な文化財が入ってる石廊


上海ー杭州間は高速を飛ばして3時間くらいでした。
何か所かの名所へ寄り道をして戻りました。


サービスエリアで買った、“茹で菱(ヒシ)の実”と甘栗
初めて食べたヒシの実はとても淡泊な味で、やはり甘栗の方が
美味しいのでした。

この先の上海旅行記の続きは後日・・・。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 写真の整理 | トップ | ささやまの森公園 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
いかにも (魚屋)
2017-03-12 07:40:26
おはようございます。
外灘の都会的雰囲気に対して龍井茶の村のローカルさ。対照的ですね。でも中国らしいのは後者かな。西湖の風景はいかにも中国。いい絵を撮られてますな。
千島湖ビール、飲んでみたいです。
それでは。
啤酒(Beer) (中山)
2017-03-15 12:34:17
こんにちは。
どこの国へ行っても(というほど外国経験無いですが)、
やはり、都会<郊外<田舎≒山 が趣向です。
中国はビールの種類が豊富で、しかも安いのがありがたいです。。
啤酒・・・「ビィジュ」 これは必要単語としてまず覚えました。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。