野へ山へ

2004年~

△氷ノ山

2017年03月15日 | 宍粟50名山 +別撰5山

戸倉峠から県境尾根を辿り、△氷ノ山に登りました。


新戸倉トンネルPに車を駐車し、旧道へ上がりました。


△赤谷山登山口 標柱は埋まり、山スキーのトレースが続いていました。


明るい雪の尾根を進みます。


素晴らしい雪原
見通しが良すぎてトイレをするのもはばかられ、思わず我慢してしまうほどの景色。


銀世界の樹氷は叶いませんでしたが、


想像以上の光景に圧倒されました。


モコモコのモンスターには叶いませんでしたが、


どこまでも広がる白と青だけの世界には言葉もありませんでした。








△氷ノ山 三ノ丸 登頂。
(宍粟市最高峰)


ここで休憩。 中国土産の沙琪玛(サチマ)を食べました。
※鹿のフンを固めたものではないですよ。


遥か前方には△氷ノ山の頂上が手に届く様に望めました。


山頂下の休憩舎(バイオトイレ)


△氷ノ山 1509.6m 登頂
今日は稀にみる好天で、鳥取側から、兵庫県側から、登って来られた方々で賑わっていました。


伯耆大山はもちろん、東は白山(日本100)まで望めました。
おそらく、今までの氷ノ山登頂で一番の鮮明度でした。
景色に見とれながらお昼を食べていると・・・
チームで来られていたN嬢が、山スキーで大雪面を華麗に滑降して行かれました。


ずっと頂上で過ごしたいくらいでしたが、名残惜しく振り返りながらルートを戻りました。


無雪期の風景とは異なり、別世界の様。


前日に登った △くらます もよく見えました。


[3]




[42]


檜の巨木


新戸倉トンネルPへ無事に下山。

2017.3.12(日)
 △氷ノ山
行程:宍粟市役所集合=R29=新戸倉トンネルP-戸倉峠ー旧国道ー△赤谷山登山口ー県境尾根ー三ノ丸ー△氷ノ山ー県境尾根ーショートカットー戸倉峠ー新戸倉トンネルP=R29=宍粟市役所
☆昨シーズン、そして今シーズンも、積雪期の氷ノ山に登る機会を逸してしまった・・・と嘆いていた矢先、
県境尾根を詰めて氷ノ山へ登る、絶好のチャンスに恵まれました。それも絶好の天気に。
素晴らしいきっかけを作って下さったYさん、Sさん、他の方々には心から感謝です。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« △ くらます | トップ | △ 石金山 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (メ~さん)
2017-03-15 19:55:35
年に数回あるかないかほどのいい天気でしたね。
雪質も(歩くのには)ベスト。
そんなロケーションで氷ノ山への最長コースを楽しく歩かれたようで・・・めでたしめでたし。
あの日私たちの下山は18時前で最後の激斜面はよろよろの撮影スタッフを安全に降ろすのに苦労しました^_^;

※ 写真がすごくきれいです
こんにちは! (中山)
2017-03-16 11:03:07
今般は本当にありがとうございました。
撮影も一日がかりで大変だった様ですね。
韋駄天のメ~さんにとって、じりじりと歩を進めるのは
ある意味、“修行”のもどかしさだったのでは。
でも、可愛いTちゃんと好ペアでしたよ!
放映が楽しみです!


コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。