陽だまり

人生いろいろ

出雲平田一色飾り

2017-03-15 14:57:51 | 旅行

平田一式飾とは、その名称が示すとおり、身近な生活用具である陶器、仏具、金物、茶器、自転車部品等
その
一式で、神話、歴史上の人物、おとぎ話やテレビ等で話題になったものなどの一場面を
独特な発想・技巧を凝らして
飾り競う平田地域の民俗芸術です。

上記はインターネットより引用しました。

私の子供の頃は各町内毎に毎年趣向を凝らして競うように大がかりに飾って人々が見て歩くのです。
現在も続いているかは聞かなかったのでわかりません。
今回帰省してホテルの玄関やロビーにこじんまりと飾ってあったり、ガラスケースに入れてあったり・・・
ほとんどが陶器製でしたが小さいから金具類は避けたのでしょうネ!
県外からの宿泊客目当ての観光宣伝でしょう。
一式というから素材は陶器なら一式陶器で!ということです。


 ホテルの玄関にあった飾り

アップしました。



ケース入り


これは料理屋さんの飾り  「弁慶」

乗る事を楽しみにしていた一畑電車はJR到着時間と同じ発車で間に合いませんでした。
列車の中から発車するのが見えていましたので残念でした。
ホテルから見たピンクの二両車両です。出雲市~松江間を走っています。











ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 山陰地方の雛飾り | トップ | 黒鳥公園のさくら »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む