陽だまり

人生いろいろ

母の日の食事会

2017-05-14 13:58:36 | 行事

5月の第二日曜日は「母の日」に制定され、大正時代からあったらしいが定着したのは
戦後だと言われている。
貧しい戦後の子供時代母の日とて、プレゼントした記憶がない。
今、自分が高齢になり子どもから「物を贈っても喜ばないから今夜食事に行きましょう」と誘われて
ふぐ料理屋さんを!と注文を出した。
先日新聞の社説に
「昔とは父母のいませし頃を云い」(麻生路郎)という有名な川柳がある。と書かれていて
「はるかな昔。永遠の過去。・・・・いい句だ」とあった。
後悔先に立たず。今、母が存命ならうんと孝行したい!!といつも心で思っている。
出雲の田舎から大阪に送りだし沢山いた子供達も2人しか地元に残らず遠方に出し淋しいともこぼさず
ひっそりと亡くなった母。思い出す度にジーンとくる。
33年前に逝った母へカーネーションを贈ろう~



一輪だけ咲いた芍薬の花





 夕方より息子夫婦の誘いでフグ料理屋さんに出かける。
母の日のお花も準備されていて、夫の今月の誕生祝も兼ねてワインで乾杯!
最後の締めのフグ雑炊で終りました。
元気で美味しく食べられることに感謝です。


生け簀のふぐ


ぴくぴく動く河豚の身。   てっさ、唐揚げ、白子の天ぷらも美味しかったです。


持ち帰ったお花。



 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2016年度産の梅酒出来る。 | トップ | 逃げてきたミドリガメに逃げ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

行事」カテゴリの最新記事