「ギャンブル宝典」「ロト・ナンバーズ当選倶楽部」公式ブログ

創刊24年目を迎えた「ギャンブル宝典」の発売情報や競馬情報をお知らせします!

【速報】年末ジャンボ 3等以上の当選なし

2005年12月31日 | ハズレ報告。。。

本日31日、「年末ジャンボ宝くじ」の抽選が行われました。がしかし、「ギャンブル宝典」恒例のグループ買い企画で購入したくじ券の中に、残念ながら3等以上の高額当選はありませんでした。お楽しみはまた来年に持ち越し。こう言いながらいったい何年が経過したのでしょうか…。しかしやはり、あきらめずにチャレンジすることしかありません。来年こそは3億円ゲットとまいりましょう!

さて、今年もきょうで終わり。「宝典」「宝典SP」読者の皆様、本年もご愛読ありがとうございました。誰もが高額賞金を手にできるような当選情報はお届けできませんでしたが、今年は「ロト6当選三角地帯」や「イニシャル馬券術」等を筆頭に、まずまずの攻略ネタもあったかと思います。来年はさらに的中精度を高めるよう、編集部・データ解析班ともども頑張りますので、来年も引き続きご愛読のほどよろしくお願い申し上げます。

皆様にとって来年06が良い年でありますように。。。


この記事をはてなブックマークに追加

ロト6 「100%当たる買い目」で4等2本的中!

2005年12月29日 | 的中・当選報告!

本日のロト6の抽選結果は、

09、10、19、25、40、41、ボ08

100 でしたが、「ギャンブル宝典SP」1月号の「100%当たる買い目」(30頁)で、計126口掲載した買い目の中に、4等が2本、5等が12本的中し、総購入金額2万5200円に対して3万5600円のリターンが得られる結果となっていました。

Tetyou また、「05年版ギャンブル手帳」の本日のページの下ハミダシに、

10、13、19、25、38、40

があり、4数字ヒットで4等が的中していました。このギャンブル手帳の下のハミダシはこれまでもコンスタントな的中実績があり、持っている方の間では静かなブームとなっています。このぶんでいくと06版も期待できそうです。06年版のギャンブル手帳はただいま絶賛発売中ですので、まだご注文頂いていない方は、年明け5日以降、編集部までご注文のご連絡をお待ちしております。

本年ラストのロト6でしたが、手帳ネタまで持ってきての的中報告。「九星財テク」や「三角地帯」「袋とじ」といったメイン予想から当選情報がなく、実に締まらない結果となってしまいました。ですが、明日もまだナンバーズはありますし、あさっては「年末ジャンボ」が待ち構えています。まだ「良いお年を」とは書きませんゾ。


この記事をはてなブックマークに追加

ミニロト 「袋とじ」「ファイナンス」で4数字まで

2005年12月27日 | 的中・当選報告!

本日のミニロトの抽選結果は、

10、14、20、27、28、ボ08

Fukuro でしたが、「ギャンブル宝典」1月号の袋とじ大予言(64頁)の「必勝軸数字」に「10」「14」「20」「27」があり、3等当選につながる情報となっていました。

Fziku 同じく袋とじ予想の「月間強運軸数字」(65頁)では、第1数字=08(ボーナス)、第3数字=14、第4数字=20、第5数字=28の予想があり、ボーナス数字を含む4数字(4等相当)がヒットしていました。

Fainansu 一方「宝典SP」1月号の強力連載「カバラファイナンス」(99頁)では、「暗示ナンバー出現期待値」の欄に「10」「27」「28」の3数字が、そして「Vナンバーランキング」の第1位の欄に「14」が掲載されており、一応3等当選につながる情報となっていました。

また本日のナンバーズ3の抽選結果は、

836

Gokusen でしたが、やはり「宝典SP」1月号のお馴染み「ごくせん」(89頁)の「本誌予想」に、

638

があり、手堅くボックスを的中させました。当選数字836は、先週21日(水)の抽選で出現したもので、一つの予想で2度おいしいヒットとなりました。

それにつけても年末も押し迫り、今日が最後のミニロトだったにもかかわらず、いまひとつピリッとしない結果であったことは非常に残念であります。あさっての最終ロト6は、パーッと盛り上がりたいものです。頑張りまっしょい♪


この記事をはてなブックマークに追加

「宝典」「宝典SP」公式携帯予想!!

2005年12月26日 | インポート

よく競馬情報会社などの宣伝で、「東京競馬11R・1万5000円大的中!」「阪神競馬も○万円大的中!」「中京競馬も・・・」などという謳い文句を見かけますが、実際に入会していた知人たちは異口同音に「あれは嘘」と言います。もちろん実際に当たることもあるそうですが、会員全員に情報がいきわたっていないケースが多いらしいです。

さて、それに引きかえ「宝典」「宝典SP」の「公式携帯予想」は、入会すれば誰でも平等に予想情報を閲覧できますし、一度予想を出したら変更しないので、本当に当たったのか当たってないのかが一目瞭然で確認できます。つまり私たちの予想は、一度公開すれば、あとは「まな板の上の鯉」状態なわけです。

それでいて下記のような的中実績。携帯電話をお持ちの方、ぜひ一度のぞきに来て下さいませ。

http://hoten.jp

(↓最近の的中実績↓)

12/25阪神11R名人 ◎-△で1万8770円 ◎-△で1200円(同着)大的中!!

12/25中京11R本誌△-◎で 2290円的中!

12/25中山10R本誌◎-〇で 1230円的中!

12/25阪神10R本誌◎-〇で、名人◎-〇で 960円的中!

12/25阪神9R本誌◎-〇で 630円的中!

12/24中山9R万券ハンター◎→△で 2300円的中!

12/24阪神10R名人◎-▲で 2180円的中!

12/24中山11R本誌◎-△で 690円的中!

12/24阪神9R名人○-◎で 420円的中!(苦笑)

12/24「ラジオたんぱ杯2歳S」本誌▲-◎で、名人◎-△で 400円的中!(苦笑)

12/17阪神11R本誌◎-△で、名人△-◎で 1250円的中!

12/17中山10R本誌◎-▲で、名人△-◎で 630円的中!

12/17阪神9R本誌◎-△で、名人▲-◎で 230円的中!(苦笑)

12/17中京10R本誌△-◎で、名人◎-○で 180円的中!(苦笑)

12/11中京11R万券ハンター◎→△で 1万8810円大的中!!

12/11中山9R万券ハンター◎→△で 2670円的中!

12/10中山10R本誌△-◎で 1970円的中!

12/10阪神9R本誌○-◎で 1050円的中!

第333回ミニロトで 4等的中!第268回ロト6で 5等的中!

12/3中京11R万券ハンター◎→△で 3040円的中!

第332回ミニロトで、第2位29を含む3数字が出現。 4等当選!

11/27京都11R名人◎-△で 3100円的中!

第266回ロト6で出現ランキング数字ベスト10から4数字がズバリ!! イチオシ買い目でも、5等×1本当選!

11/20東京9R本誌△-◎で 2170円的中!

11/13東京10R万券ハンター◎→△で 2470円的中!

11/12京都10R本誌△-◎で 2060円的中!

11/5東京9R万券ハンター◎→△で 7750円的中!

ナンバーズ3本誌イチオシ予想「918」が第1688回でストレート大的中!!

10/29「スワンS」(G2)万券ハンター◎→△で 1万8840円大的中!!

10/23京都10R万券ハンター◎→△で 1万3750円大的中!!

10/23「菊花賞」(G1)万券ハンター◎→○→△で 7090円大的中!!

10/1札幌10R本誌△-◎で 1万1730円大的中!

10/16京都「秋華賞」(G1)名人○-◎-△で3連複 1110円的中!!

10/2「スプリンターズS」本誌◎-▲で、名人△-◎で 430円的中!


この記事をはてなブックマークに追加

「有馬記念」の反省

2005年12月26日 | ハズレ報告。。。

皆さま、昨日の「有馬記念」はいかがでしたでしょうか。 は? ハズレた?なるほど。そうですよね…。はい? 当たった!? ああ馬連で…、ああ枠連も…。それはおめでとうございます。いずれにしても、「宝典」がお役に立たなかったことをこの場を借りてお詫び申し上げます。

後講釈になりますが、反省のないところに進歩はないということで簡単に考察してみますと、毎年「有馬記念」は年末に行われており、その年の暗示そして翌年の暗示双方が、なんらかのかたちで顔を出すという傾向があります。カバラで言えば、今年は7、来年は8。しかし1着ハーツクライ(5枠⑩番)にも、2着のディープ(3枠⑥番)にも、枠番・馬番でこの暗示は見当たりません。3着リンカーンは7枠ですので、2、3着候補に出来た方はいらっしゃると思いますが…。

では7と8はどこに現れたのか。ハーツクライには母音数8がありますが、それはロブロイ、タップダンスも8でしたので突出したものではありません。ポイントは枠連、馬連のあったようです。枠連は3-5で足して8(06年の年の聖数)、馬連は⑥-⑩で足して16=1+6=7(05年の年の聖数)。このように枠連、馬連の合計数字によって見事に聖数7から8へのバトンタッチが行われていたのでした。このようにキレイに決まる組合せは、他には枠連1-7=8、馬連②-⑭=16=1+6=7、くらいしかありません(ちなみに②番はサンライズペガサス、⑭番はリンカーンでした)。

しかしこの暗示を先読みするのはなかなかに難しいもの。かなり高度なテクと言えましょう。ですが、毎年「有馬記念」ではこのような2年にまたがった暗示の深読みが必要だということを学習しておいて損はないと思います。


この記事をはてなブックマークに追加